【2023最新】初心者におすすめのゲーミングPC18選!安いメーカーや予算を調査!

*本ページはプロモーションが含まれています

プロとして、実況者としてゲームを職とする人が近年爆発的に伸びています。

通信環境やハードウェアの性能が高くなったことが後押しした要因となりましたが、プレイするのに欠かせないのがゲーミングPCそのもの。

様々なメーカーから、多種多様な機能、価格、ビジュアルのゲーミングPCが展開されています。

今回は中でも初心者におすすめのゲーミングPCを18種類ご紹介します。

ぜひご参考にしてみてください。

目次

ゲーミングPCの基本情報と選び方とは?

近年、eスポーツなどが人気になり、動画配信サービスを通じて、ゲームを職とする人が著しく増加しています。

それによって、どんどん質の高い高機能なゲーミングPCの需要が高まっている傾向にあります。

初めての方にもわかりやすい、ゲーミングPCの基本情報と選び方をご紹介していきます。

ゲーミングPCとは?

ゲームをするために必要な機能を備えたゲーム利用に特化したパソコンを指します。

一般のPCとの大きな違いはGPUと呼ばれる装置が最初から備わっているかどうかです。

GPUとはGraphic Processing Unitの略で、グラフィックス、グラフィックカードなどと呼称されることがあります。

GPUの性能が高いほど、描写の処理機能が長けているので滑らかな動作を実現します。

他にもグラフィックボード、冷却装置、メモリ、CPUなど様々な機能がゲームのスピード感、臨場感を引き立て、より快適なゲーム利用ができるのです。

初心者におすすめのゲーミングPCの選び方は?

早速ゲームを始めてみたい、けどゲーミングPCを選ぶ時の基準がさっぱりわからないという方に向けて、確認するべき項目をまとめました

いいものが欲しくても、予算の兼ね合いで無闇に手は出せないのでちょうどいい塩梅のゲーミングPCを見つけたいところです。

初心者におすすめの価格帯もご紹介していきます。

CPUの性能の高さ

CPUとはCentral Processing Unit(中央演算処理装置)のことで、いわゆるPCの頭脳の役割を果たします。

人の体が脳からの指令で動くのと同様で、CPUは計算、情報の処理能力を持っています。

よって、このCPUが低いとプレイ画面がカクカクした動きになってしまうのです。

CPUの性能の高さを判別するには以下の項目が挙げられます。

一般的にゲーミングPCのCPUは英語の後ろに描かれる1つの数字を基準に、数字が大きくなればなるほど高性能であると言えるでしょう。

よって「Ryzen 5 4500」よりも「Core i9-13900K」の方が5と9を比較してどちらが高性能かが一目でわかります。

メモリ(ストレージ)の大きさ

CPUが処理するデータを一時的に保管する「作業台」の役割を担います。

この作業台が大きければ大きいほどゆとりがあるので作業が早くなるイメージです。

一般的に8GBほどあれば十分だと言われますが、ゲーム実況などをする場合は16GB以上のメモリを選択することもおすすめです。

メモリが大きければ大きいほど値段は上がっていくので、自身の利用目的に合わせてメモリサイズを選択するのが良いでしょう。

16GBのゲーミングPCが種類が多いのではないでしょうか。

グラフックボードの性能

ゲームの臨場感を楽しむためにはグラフィックボードの質が重要になります。

映像処理専門のパーツを指し、性能が悪いと映像の動きに不具合がでたり、最悪起動しないことも。

ブランド名の後ろに描かれるナンバーがグレードを表しており、数字が大きいものほど高性能であることを意味しています。

例えば「RTX 3060」を例に出すと、「30」がモデルの世代、「60」が性能を指します。

よって、「PTTX 4090」の方が最新モデルかつ、性能が高いこと証明しているのです。

プレイしたいゲームの種類

近年人気の、現実と差がないほど美しくリアルな世界観のゲームをする場合は、没頭できる高機能なゲーミングPCを利用するべきでしょう。

プレイしたいゲームが決まっている場合は、そのゲームタイトルの「推奨モデル」を参考に推奨スペック、もしくはそれ以上のものを選ぶことをお勧めします。

スペックに余裕を持たせることでより快適なプレイが可能になったり、別のゲームにも対応できたりするでしょう。

デスクトップかノートパソコン

人気なのは、高性能で拡張性の高いデスクトップタイプです。

特に高性能なハイスペックゲーミングPCを使う場合はデスクトップ型の方がコスパがよくプレイ上有利なデバイスが利用できます。

ゲーミングPCの醍醐味でもある、モニターやキーボードをカスタムできないという点が挙げられます。

一方で、ノートパソコンのメリットは何より持ち運びが可能です。

ゲーム以外での用途がある場合はそのメリットデメリットも含めて検討するのが良いでしょう。

初心者がゲーミングPCを買う際の予算は?

様々なスペックのゲーミングPCがあるからこそ値段はピンからキリまで幅広くあります。

実際にユーザーがどこまで性能を求めるか、何に利用するかでおすすめできる予算イメージが変わります。

初めての購入であれば10万〜15万ほどの予算を考えておくのが良いのではないでしょうか。

約10万   とにかくコスパ重視基本的なスペックが備わっていたらOK
約15万初めてのゲーミングPC購入で、基本機能が問題なく使える人気で定番のものを使いたい方

おすすめのゲーミングPCメーカー4選

続いて、おすすめのゲーミングPCメーカーを4社ご紹介します。

特に初心者の方は、ゲーム用に特化したものを豊富に取り揃えているおすすめのメーカーからの方が選びやすいです。

それぞれのメーカーの特徴を確認してみましょう。

ドスパラ GALLERIA(ガレリア)

引用元:ドスパラ

ゲーミングPCの中でも受注生産の有名どころといえばこのドスパラのGALLERIAです。

受注生産とは、購入時に各スペックを自分好みに調整できるということを意味します。

基本のスペックバランスがいいので、カスタムの手間が煩わしい、知識がないという初心者の方は標準構成のまま購入しても問題ありません。

このメーカーは知名度が高く、長い期間多くのユーザーに利用され続けているという揺るぎない実績があります。

レビューサイトのトップを独占したり、マイクロソフトから優れたパソコンを提供しているとお墨付きをもらったりしており、製品の質にも定評があります。

G-Tune(ジーチューン

引用元:MOUSE

G-Tuneは他のゲーミングPCと比べても価格を抑えたハイコスパ商品を展開しています。

G-Tuneを運営しているマウスコンピューターは、定期的にセールを行っており、このイベントがかなりお得にゲーミングPCを購入するチャンスであるといえます。

また、G-Tuneは耐久性が強く、信用高き国内生産を実現しています。

さらにアフターサポートが手厚く24時間365日電話でのサポートが受けられるのもポイントの一つとなります。

パソコン工房 LEVEL∞(レベルインフィニティ)

引用元:JAFナビ

実店舗数が多く、北海道から沖縄まで主要都市と呼べるエリアにはほぼあります

実際に専門知識を持ったスタッフから詳しく話を聞いて購入を検討したいという初心者にぴったりのメーカだと言えるでしょう。

サポートは24時間365日対応しており、電話が苦手な方はLINEでのサポート依頼も可能です。

小さいトラブルなどでも聞きやすいのでゲーミングPCの利用上でのストレスが軽減されそうです。

FRONTIER(フロンティア

引用元:FC横浜

FRONTIERは家電量販店、ヤマダ電機のグループ会社のインバースネットが出しているブランドです。

実店舗が東京秋葉原、大阪日本橋、愛知名古屋などの主要都市にあります。

直営店ごとに置いてあるゲーミングPCのモデルは異なるので事前確認が必要です。

また、購入前にメールや電話で購入の相談サポートが受けられます

購入後に安心な保証がついているのがユーザーからは好評を得ているようです。

【2023最新】初心者におすすめのゲーミングPC18選!

それでは実際にゲーミングPCを購入しようと検討されている方に向けて、おすすめのモデルをご紹介します。

予算か格別でまとめているので、自身の目的に合わせて検討していただけると良いかと思います。

それでは早速みていきましょう。

まずは試してみたい10万円以下のおすすめゲーミングPC

最初にご紹介するのが、初心者の方でも手を出しやすい、10万円以下のゲーミングPCです。

10万円以下のモデルを選択する場合は、「60fps」のプレイを想定されています。

「fps」は1秒間に何枚の画像で映像が構成されているかを表現するものになるので、自身プレイするゲーム上問題がないか確認しましょう。

【1位】ドスパラ Lightning AH5

引用元:Amazon

10万円以下のゲーミングPCで堂々のおすすめ1位を獲得したのはドスパラ Lightning AH5です。

マウス、キーボードなどの基本の付属品もついている中で8万円台で購入できるのは破格と言っても過言ではないでしょう。

メモリは16GBと十分な容量がついていて、最新ゲームに必要とされるスペックも備えています。

口コミにもあるように、まさに基本機能を備えていて初心者が手を出しやすいゲーミングPCと言えるでしょう。


まぁ安定はlightning ah5やな、予算的に

引用元:Twitter


OSWindows11 Home
CPURyzen 5 4500
GPUGTX 1650 4GB
メモリ16GB
参考価格82,980円(税込)

【2位】ドスパラ Slim Magnate MH

引用元:Amazon

続いて2位に輝いたのがドスパラのSlim Magnate MHです。

CPUは処理能力に定評があるCore i5を、GPUには初心者にもおすすめのGTX1650を搭載しています。

サイズは95×283×327と小柄ながらに一定の性能を持ち合わせている点がポイントです。

価格も控えめではあるので、ハイスペックなCPUを求めていない初心者さんにはおすすめという声もありました。


グラボとCPUを控えめにして価格を抑えるならMagnate MH、Slim Magnate MCもありかな。 Ryzen5 3500でグラボ控えめならLightning AH5,Slim Lightning AH5かな。

引用元:Twitter


OSWindows11 Home
CPUCore i5-13400F
GPUGTX 1650 4GB
メモリ16GB
参考価格114,980円(税込)

【3位】G-Tune PM-A-WA

引用元:mouse

3位に輝いたのはマウスコンピューターが展開するゲーミングブランドの1つ。

基本機能のスピードはもちろんのこと美しいビジュアル、さらにはカスタムアレンジをして内部パーツのドレスアップも可能です

アタッチメントがワンプッシュで簡単に操作できるためメンテナンスせいも大幅に向上しています。

OSWindows10 Home
CPURyzen 5 3600
GPUGTX 1650 
メモリ16GB
参考価格164,800円(税込)

コスパ抜群の15万円以下のおすすめゲーミングPC

続いて15万以下で購入できるおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

初心者の中でも買い替えを想定しないで、高性能なものを使いたいという方であればこの価格帯のものを選択するのが良いでしょう。

基本的に240fpsを超えるゲームプレイをにはあまり向かないので、注意しましょう。

【1位】ドスパラ Magnate MT

引用元:Amazon

続いて15万円以下の価格帯でおすすめNO.1はこちらです。

CPUはCore i5、GPUはGTX 1660 SUPER 6GBという高機能を搭載しています。

軽めのゲームはもちろん、普段使いの処理も問題なく行える強力なパワーを持ち合わせています

実際にゲーム以外の用途で購入される方もいるくらい、情報処理能力の幅が広く安定的に利用できます。


ドスパラでmagnate mtとかいうのを買いました 勉強用に買ったけど多分ゲームしたくなるんだろうなー

引用元:Twitter


OSWindows11 Home
CPUCore i5-13400F
GPUGTX 1660 SUPER 6GB
メモリ16GB
参考価格124,980円(税込)

【2位】ドスパラ GALLERIA RM5R-G60S

引用元:ドスパラ

デザイン性も優れており、スタイリッシュな印象のGALLERIA RM5R-G60S。

GPUにはエントリークラス最高峰のGTX 1660 SUPER を搭載しています。

メモリも16GBあり、機能性、デザイン性ともに優れている中でこの価格帯は重宝される要因となっているでしょう。

ゲーミングPCメーカー大手のドスパラの中でも選ばれることが多い機種であるといえます。


#ドスパラで欲しいもの GALLERIA RM5R-G60S

引用元:Twitter


OSWindows11 Home
CPURyzen 5 4500
GPUGTX 1660 SUPER 6GB
メモリ16GB
参考価格109,980円(税込)

【3位】マウスコンピューター G-Tune PG-I5G1B

引用元:mouse

178×420×330とコンパクトサイズが重宝されておりデスク上にも問題なくおけますし、移動も簡単にできます。

価格も抑えられていて、初心者向けのゲーミングPCであると言えるでしょう。

あまりスペックを重視しない方であれば難なく利用できるモデルです。

OSWindows11 Home
CPUCore i5-13400F
GPUGTX 1660 SUPER 6GB
メモリ16GB
参考価格159,800円(税込)

【4位】パソコン工房 ILeDEs-M77M-A134-NASXB

引用元:パソコン工房

初心者だけでなくミドルゲーマーからも人気のある機種です。

小型でありながら快適にゲームプレイができるだけでなく、ブラックのマット無質感のデザイン性に惹かれる方も多そうです。

ゲームのインストール数が多くしたい、読み書き速度を早めたいなどの要望がある方はカスタマイズもできるので融通の効くコスパのいいゲーミングPCであると言えるでしょう。

OSWindows11 Home
CPUCore i5-13400
GPURTX 4070 Ti
メモリ16GB
参考価格149,800円(税込)

【5位】ドスパラ GALLERIA UL7C-AA2

引用元:ドスパラ

こちらはノートパソコン型のスマートなボディを備えた機種です。

CPUメーカーのインテルと共同開発されたモデルで、高性能なCPU,GPUが組み込まれています。

動画編集にも長けていて、ゲーム実況などの編集をする方にもおすすめの機種となっています。

OSWindows11 Home
CPUCore i7-12700H
GPUArc A730M
メモリ16GB
参考価格131,980円(税込)

16~25万円以下のおすすめゲーミングPC

続いて、16万円〜25万円価格で購入できるPCをご紹介します。

ほとんどのゲームを安定で快適にプレイできる可能性が高いです。

さらなる機能として4K高画質でのゲームができるかどうかがこの価格幅の中で左右されるので気になる方はそちらも確認してみましょう

【1位】ドスパラ GALLERIA XA7C-R36T

引用元:ドスパラ

最大4つのディスプレイを使用できるNVIDIA GeForceを搭載しています。

解像度の広い視界でのゲームプレイは臨場感あふれる世界観を体感することができます。

高性能で冷却装置も静音を保てるので快適なゲーミングPCを選択したい方におすすめです。

OSWindows11 Home
CPUCore i7-13700F
GPURTX 3060 Ti
メモリ16GB
参考価格194,980円(税込)

【2位】ドスパラ GALLERIA RM5C-R36T

引用元:ドスパラ

先ほどのGALLERIA XA7C-R36Tよりも少しスペックを落とし、予算を抑えたい方におすすめなのがこちらのモデル

しかし、第13世代Core i5プロセッサーを搭載しており、抑えておきたい機能は残ったままです。

重量級のゲームにおいても解像度をあげて、十分快適にプレイできる機能があり、コスパ重視な方におすすめのモデルとなっています。

OSWindows11 Home
CPUCore i5-13400F
GPURTX 3060 Ti
メモリ16GB
参考価格164,980円(税込)

【3位】マウスコンピューター G-Tune PG-I7G60

引用元:mouse

CPUにCore i7-13700を採用しているミドルスペックのゲーミングPCがこちら。

ゲームプレイ、動画編集など様々なマルチタスクもこなせるモデルとなっています。

ミニタワー型のフォルムを採用しているので効率的な排熱もできるようになっています。

OSWindows11 Home
CPUCore i7-13700F
GPURTX 3060
メモリ16GB
参考価格224,800円(税込)

【4位】ストーム  PG-XS47WH

引用元:STORM

黒ベースのデザインが多いゲーミングPCですが、白を貴重とした個性的なゲーミングPCがこちら。

コスパが標準的なのに比べて、CPU,GPUさらに4K環境や交付レート環境でのプレイが可能というハイスペック機能を取り揃えています。

水冷CPUクーラーを搭載していて、冷却性、性音声もともに高いのが特徴です。

OSWindows11 Home
CPUCore i5-13400
GPURTX 4070
メモリ32GB
参考価格235,000円(税込)

【5位】パソコン工房 ILeDEs-M77M-A134-SASXB

引用元:パソコン工房

マットブラックの素材を採用し、サイズ感はコンパクトなのにも関わらず、重厚感のあるデザインに仕上がっています。

ゲーミングPCに欲しい基本機能を備えつつ、少しでもコスパをよくしたい方にはおすすめのモデルです。

パソコン工房のサービスで、1年間の無償保証も活用できるので、安心して購入することができます。

OSWindows11 Home
CPUCore i5-13400
GPURTX 3060
メモリ16GB
参考価格171,800円(税込)

性能抜群の25万円以上のおすすめゲーミングPC

最後にご紹介するのは25万以上のゲーミングPCです。

性能不足を感じさせない、最高のゲーム環境を手に入れたい方はこの価格帯を選択されると良いでしょう。

高フレームレートでのプレイ、そして4K高画質でも綺麗で快適なプレイも実現することができます。

【1位】ドスパラ GALLERIA XA7C-R47T

引用元:ドスパラ

大人気ドスパラモデルの中でも25万以上の価格帯で1位に選ばれたのはGALLERIA XA7C-R47Tです。

Core i7-13700FとRTX 4070 Tiを搭載したハイエンドクラスのゲーミングPCで、最新のゲームを4K解像度でプレイすることができます。

CPU機能も高いのでゲーム全般で幅広い環境を構築できる、最高のゲーミングPCと言えるでしょう。

OSWindows11 Home
CPUCore i7-13700F
GPURTX 4070 Ti
メモリ16GB
参考価格274,980円(税込)

【2位】ヒューレット・パッカード(HP) OMEN 45L Desktop

引用元:HP

4Kの人気ゲームもスイスイ動かせる超ハイスペックゲーミングPCです。

Core i9を搭載し、高画質配信も可能で、Vtuberとしてもこちら1台で活動できてしまいます。

その分、本体重量が22キロ超え、価格も他のモデルと比べても跳ね上がっています。

期間限定のセールなどを活用して購入チャンスを伺うことをお勧めします。

OSWindows11 Home
CPUCore i9-13900K
GPUPTTX 4090
メモリ64GB
参考価格420,200円(税込)

【3位】サイコム G-Master Hydro Z790/D4

引用元:SYCOM

従来のシリーズの洗練されたデザインを残しつつ、さらに高い拡張性、メンテナンス性を実現し、さらに防音素材の装備も万全なため、快適なゲームプレイが可能になります。

これだけの高機能を備えているので、高負荷時でも熱くない水冷装置を搭載し、連続プレイを実現させています。

クロック数、キャッシュメモリの容量、コア数の増加など、様々な機能拡大によって 大幅な性能向上が実現しました。

OSWindows10 Home
CPUCore i9KF
GPUPTTX 4070 Ti
メモリ16GB
参考価格480,880円(税込)

【4位】デル  ALIENWARE AURORA R15

引用元:DELL

強力な冷却機能、パワフルな性能、優れた静音性など、様々なゲーマーの声に応えた仕上がりになっています。

見た目もコンパクトでスタイリッシュ、他のゲーミングPCとは違った存在感を放つALIENWARE AURORA R15は、機能性だけでなくそのビジュアルもゲーマーの心を揺さぶります。

長く高機能なゲーミングPCを使い続けたい方におすすめの1つとなっています。

OSWindows11Home
CPUCore i9-13900K
GPURTX 4090
メモリ16GB
参考価格539,980円(税込)

【5位】マウスコンピューター G-Tune FZ-I7G7T

引用元:mouse

RTX 4070 Tiを搭載し、快適さや4K解像度での映像の美しさを追求するゲーミングにおすすめです。

初心者だけでなく、長らくゲーミングPCを使っているユーザーからも満足の声が多く飛び交っています。

その分納品まで少々時間がかかるようですが、それでも購入したいというゲーマーが後をたたない最高傑作です。

OSWindows11Home
CPUCore i7-13700KF
GPURTX 4070 Ti
メモリ32GB
参考価格379,800円(税込)

【番外編】Lenovo Legion Tower 7i Gen 8:アドバンス

引用元:Lenovo

ハイパフォーマンスを実現するCore i9-13900を搭載し、業界をリードする究極のゲーム体験ができます。

AI搭載グラフィックでよりリアルな仮想世界を体感することもでき、次々追加されるゲームを幅広くプレイすることができます。

高速で大容量、ゲームに没頭できるサウンド、購入後のサポートなど、全ての機能が快適にプレイするために備わっており、最高のモデルとなっています。

OSWindows11Home
CPUCore i9-13900KF
GPURTX 4080 
メモリ32GB
参考価格565,598円(税込)

初心者がゲーミングPCを選ぶ際によくある質問

ゲーミングPCを購入してみたいという初心者の方が、不安に思うこと、よく上がる質問を集めてみました

決して安いお買い物ではないので、失敗したくない思いはみなさん一緒だと思います。

最後によくある質問を確認しながら、購入に向けて情報を固めましょう。

そもそもゲーミングPCは必要?

ゲーミングPCは、ゲーム環境をより快適に、壮大にしたい方には必要だといえます。

具体的に、ゲームの世界観に没頭したい、大会出場を目指している、動画編集がしたいなどの目的がある方を指します。

そこまでの目的もなく、予算をあまりかけたくないという方の場合はなくても問題ないものではあります。

普通のPCとゲーミングPCの違いは?

1番の違いはグラフィックボードと呼ばれるゲーム内の映像を維持したり、動作を安定させたりする機能を持ちます。

それ以外にもCPU、メモリ16GB以上のモデルが多いといえます。

さらに、LEDライトなどの装飾を纏い、派手な演出を可能にする点がゲーマーの心を揺さぶっていると言えるでしょう。

ゲーミングPCのゲームの終わり方は?

基本的にどのゲームでもショートカットキーを用いて終了することができます。

キーボード上のAltキーを推しながらF4キーを押すなどして、対応が可能です。

またウィンドウモードの場合はウィンドウのタイトルバーにある×ボタンから終了することもできます。

グラフィックボードがないとどうなる?

結論グラフィックボードがなくても画面自体は映ります

しかし3Dゲームや解像度の高い動画編集などの負荷をかなりかける描写処理をする場合には必須であるといえます。

ゲーム配信をする場合は視聴者の定着率に影響を及ぼすため、必須の機能であると言えるでしょう。

ゲーミングPCはゲーム以外の用途でも使える?

あくまでゲームに特化した機能が追加でついているものになるので、通常のパソコンとしての利用が可能です

普通のパソコンよりも映像処理に特化しているため、普通のPCよりも利用の幅が広がり質も高くなっていると言っても良いでしょう。

ゲーミングPCになれたら普通のパソコンに戻れなくなってしまうなんてこともあるのではないでしょうか。

BTOはなんの略?

BTOとは「Bulid to Order」の略で、受注生産方式で販売されているパソコンを指します

店頭に並んでいるPCとは異なり、メーカーがユーザーから注文をもらってからPCをくみたてて行くという特徴を持っています。

カスタマイズができてメーカー販売のPCより高機能なのにブランド名を取り除いて価格を抑えて購入することができるというメリットがあります。

一方カスタマイズに凝り始めると、組み立て方が複雑になったり余計に高くなったりする要素も持ち合わせているので注意が必要です。

快適なゲーミングライフを過ごしましょう

ここまでゲーミングPCについて特徴やおすすめのモデルについてご紹介してきました。

機能もビジュアルも予算も、様々な特徴があるゲーミングPCなので迷ってしまうかと思います。

自身の利用目的に合わせて、快適なゲーミングライフを過ごしましょう。