NoBlackout

電力会社の供給不足時にパソコンを休止、シャットダウンし、節電と停電に備える タスクバーに使用率も表示


ソフト詳細説明

2011年の夏に予想された電力不足に備えて作成したプログラムです。
2012年の夏も利用可能です。
仕事中などは、使用してなくても電源が入っているパソコンは多いと思います。
こまめに切ったり、電源オプションで一定時間使用しない場合は自動的に休止モードにする設定をするのが良いと思いますが、次善の手段として電力会社がインターネットに公開している電力の使用状況に従ってパソコンがいろいろなレベルの節電を行えば、電力使用のピークを下げることにも貢献できると思います。
このソフトは、この考えを具体化するために作成しました。
また、あらかじめ休止すれば、不測の大規模停電時にパソコンが落ちてしまうことも防げます。

※起動時は東京電力が対象ですが、他の電力会社用にも使えます。
※2012年7月1日に、V2.4 を作成して、北海道電力、関西電力の新フォーマットに対応しました。
詳しくは、サポートページ
http://www.cpslabo.com/noblackout/
を見てください。

公開ファイルには、C# のソースを添付しています。基本的に自由にこのソースを利用しても構いません。
詳細は、添付ドキュメントを見てください。

動作環境

NoBlackoutの対応動作環境
ソフト名:NoBlackout
動作OS:Windows 7/Vista/XP
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: Cps Laboratory 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

シャットダウン  タスクバー  電力  休止  不足  節電  供給  停電 


「震災」カテゴリーの人気ランキング

  1. SleepTool CPU、ネットワーク、ディスク、起動中のプロセスを監視し、マウスが設定時間動かなければスリープ(ユーザー評価:3.5)
  2. Rest! 簡単にスリープ設定ができる、節電対策用ソフトウェア(ユーザー評価:0)
  3. Handy Shortcuts シャットダウンや再起動など、さまざまな機能のショートカットをデスクトップに作成(ユーザー評価:0)
  4. NoBlackout 電力会社の供給不足時にパソコンを休止、シャットダウンし、節電と停電に備える タスクバーに使用率も表示(ユーザー評価:0)
  5. LED照明 Simulater LED照明に交換した時のシミュレータ 電気使用量、料金が計算できる(ユーザー評価:0)

「震災」カテゴリのソフトレビュー

  • SleepTool 6.1.2 - CPU使用率やディスク書き込み量などを監視し、設定条件が満たされるとパソコンを「スリープ」に移行させるソフト
  • Handy Shortcuts 1.0 - ちょっと便利な20個のショートカットをワンクリックでデスクトップに作成できる
  • LED照明 Simulater 1.0.1.7 - 従来型照明とLED照明との電気使用量および電気料金を簡単に比較できるソフト
  • NoBlackout 2.0 - 電力供給不足時にパソコンを自動休止させることができる節電対策ソフト
  • Rest! 1.0.0.0 - パソコンのスリープと復帰を簡単にスケジュール設定できる節電対策用ソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック