並列処理でバッチ処理を高速化するツール MPX

既存のバッチ処理をマルチタスク化しスループットの向上に役立てることが出来る


ソフト詳細説明

プロセス多重化実行ユーティリティー(英文製品名:Multiplexed Process eXecutor, 通称:MPX)は、マルチスレッド・プログラミング無しで既存のプログラム資産をマルチタスク化する為のフレームワークです。
パラレル処理によりマルチコア搭載コンピュータの能力を効果的に引き出せるので、アイドルCPU時間の多いプログラムのスループット改善に役立ちます。

【機能】
Windows のバッチ処理用に書かれたシェルスクリプトを Windows のコマンドインタプリタに替わって実行することが出来ます。

【特長】
Windows の start コマンドとの違いは、指定した並列度数以下を保ちながら、スクリプト内の文を並列実行し、全ての並行プロセスの完了を待機(同期)出来る事にあります。
実行されたプログラムがマルチスレッド・プロセスとして設計されていなくてもMPXを介して実行することにより、あたかもマルチタスク対応プログラムのように振舞わせる事が出来ます。

動作環境

並列処理でバッチ処理を高速化するツール MPXの対応動作環境
ソフト名:並列処理でバッチ処理を高速化するツール MPX
動作OS:Windows 7/Vista/XP/2000
機種:IBM-PC 
種類:フリーソフト
作者: (株)プラムシックス 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「バッチ用ユーティリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. 1位HideExec.exe - バッチファイルを非表示で実行するWindowsプログラム(実行中バッチの確認・強制終了可能) (ユーザー評価:0)
  2. 2位Batch File Builder for WinRAR - WinRARのバッチファイルを簡単に作成 (ユーザー評価:0)
  3. 3位IE.CMD - コマンドラインからIEを操作したり、情報を取り出すバッチファイル (ユーザー評価:0)
  4. 4位ENCODE.CMD - バッチファイルを暗号化するバッチファイル (ユーザー評価:0)
  5. 5位MultiStarter(32bit版) - 複数のコマンドをまとめて実行する (ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


ハイクオリティPCカードバトル『アステルゲート』
その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック