TCP Explorer

クライアントとサーバのセッションを表示するパケット解析ソフト


ソフト詳細説明

TCP Explorer はインターネット使用時に流れる TCP/IP パケットを解析することにより、どんな通信ソフトが、どこの通信先と、どのようなメッセージのやり取り(セッション)を行っているかを分かりやすく表示するツールです。

【特長】

・HTTP、SMTP、POP3、FTP 等々、プロトコルによって異なる通信メッセージが分かる。

・プロトコル、通信ソフト、通信先ホスト別にツリー表示する「コネクションツリー」により、目的の通信内容が探しやすい。見知らぬプログラムによる通信もすぐに見つかる。

・自機がサーバとして通信している場合は、クライアントの IP アドレスとポート別に通信内容を表示。

・通信状態を示すインジケータとミニグラフ付き。また Established、Close_Wait 等の TCP ステート表示により、各コネクションの通信状態が分かる。

画像などのバイナリデータも可能な限り再構築し、ファイルとして表示・保存できる。

・IP アドレスやポートを指定して通信の出入りをブロックする TCP アクセスブロック機能もあり。

【必須環境】

WindowsXP 以上の OS。
(Windows2000でも動作するかもしれませんが、試していません)

【推奨環境】

・XGA(1024×768)以上の画面解像度。High Color 以上の画面色素数。

・イーサネット(Ethernet)を使用していること。
 使用する NIC の種類によってはデータをうまく拾えない場合があります。
特に無線 LAN では双方向のセッションを表示できないことが多いようです。
 無線 LAN 用に AirPCap という有料のアダプタが公開されていますが、作者は
使用経験がないため、動作の保証ができません。

・WinPcap をインストールしていること。
※WinPcap の入手場所
http://www.winpcap.org/install/default.htm

・ユーザアカウントで [コンピュータの管理者] の権限があること。

動作環境

TCP Explorerの対応動作環境
ソフト名:TCP Explorer
動作OS:Windows 7/Vista/XP
機種:IBM-PC 
種類:フリーソフト
作者: 梅村 博一 

ユーザーの評価(1人):5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!


「LAN・Internet等」カテゴリーの人気ランキング

  1. 1位CrossLoop クロスループ for Win - パソコン画面の共有が行えて遠隔パソコン操作が可能となるフリーソフト ポート開放不要 (ユーザー評価:5)
  2. 2位今、何してる? - LAN上にある他のコンピュータの画面監視、リモコン操作が可能 画面配信機能も搭載 (ユーザー評価:3)
  3. 3位Brynhildr - 極高速リモートデスクトップ(遠隔操作、映像転送、音声伝送、暗号化通信等) (ユーザー評価:0)
  4. 4位TrueRemote - 超高速リモートデスクトップ(マルチコア対応、マルチコーデック対応、マルチモニター対応) (ユーザー評価:0)
  5. 5位RD Tabs - 複数の接続先をタブ切り替えで操作できるリモートデスクトップ用クライアント (ユーザー評価:0)

「LAN・Internet等」カテゴリのソフトレビュー

  • TinyWall 2.1.4 - Windowsファイアウォールの設定変更をすばやく行える、使いやすい設定支援ソフト
  • Brynhildr 1.0.0.0 - シンプルで、誰でも簡単に使える“極高速リモートデスクトップ”ソフト
  • FTPbox 2.3.2 - ローカルのファイルを自動でFTPサーバと同期してくれるソフト
  • FTP Rush 2.1.8 - 高速なファイル転送が可能な多機能FTPクライアントソフト
  • SmartFTP Home 4.1.1286.0 - 複数サーバの運用・管理を大幅に効率化できる高機能FTPクライアントソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック