2007'Graph3D

Excelなどから、簡単に三次元のグラフを作成する


ソフト詳細説明

インストールしたフォルダ内の、Graph3D.xlsのマクロを有効にして開き、A1から範囲指定を開始し、C6〜L14の任意の範囲まで指定し、右クリックからの3D-Graphをクリックすることでサンプルが起動します。なお、クリップボードを使っていますので、他のツールからでも利用可能です。指定方法はGraph3D.exe起動中にクリップボードにテキストを貼り付けてご確認ください。
画面の操作は簡単ですので、適当にボタンを押してご使用ください。なお、画面拡大操作については、表示されたフォームを広げ、拡大したい上又は下のグラフをダブルクリックしてください。すると、ドラグ操作で移動・拡大・縮小が可能になります。画面の他の場所をクリックすると動作を終了します。任意の立体断面のXYグラフ表示は、下の等高線表示グラフ内で、シフトキーを押したまま、マウスをドラグを開始し、断面を取得したい任意の位置でドラグを終了すると、上の3Dグラフが断面のXYグラフ表示に変ります。
下のグラフをクリックすると3Dグラフ表示に戻ります。

動作環境

2007'Graph3Dの対応動作環境
ソフト名:2007'Graph3D
動作OS:Windows XP/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 中村 州男 

この作品については、作者がコメント・評価を希望しておりません。

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

次元  Excel  グラフ 


「グラフ作成」カテゴリーの人気ランキング

  1. Graph-R 等高線、散布図、ベクトル線図などを作成するソフト、マウスで視点の変更が出来る(ユーザー評価:4.5)
  2. リニアングラフ3D 表計算ソフトや座標値ファイルから美しい3次元グラフを作成、数式プロットも可能な高性能3Dグラフソフト(ユーザー評価:0)
  3. 30秒で損益分岐点グラフを作る Excel エクセルfree版 『30秒で損益分岐点グラフを作る エクセル Excel』の無料体験版(ユーザー評価:0)
  4. asterism CSV/TSV形式の数値データをコンター図&グラフで可視化 大量の数値データを手軽に扱える(ユーザー評価:4.5)
  5. SimpleDigitizer スキャナにより読みこまれた散布図上のデータ座標や顕微鏡画像上の距離をマウス操作により取得(ユーザー評価:0)

「計算・表計算・グラフ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック