Bug head

独自技術による超重低音対応ハイレゾ超高音質サウンドプレイヤー


ソフト詳細説明

【概要】

24bit192kHzのハイレゾ音源にて、超重低音16Hz再生できます、超低ジッター超重低音対応ハイレゾ高音質サウンドプレイヤー「バグヘッド」です。引き締まった重低音をベースにして中低音域に勢いのある音で、高音域の透明度が極めて高く響きが豊かです。癖が無い音でどのジャンルも華麗に表現し再現します。空間の隅々まで見通せるようなスケール感とディープな音の伸びやかさが印象的です。

数多くの高音質サウンドプレイヤーと違いますのは、従来の音響処理技術や書籍などの情報を「全否定」して、試行錯誤の末に発明した音質劣化技術、試行錯誤を繰り返して実用の域に達したCPUコア初期化技術、飽きるほど試聴したメモリ高品質管理技術、こうした音響処理技術を使い、Windows設定変更など不正な方法を用いないで初期設定のまま、これまでにない高音質の音楽再生を実現したメモリプレイヤーとなりました。

一般的なパソコンでWindows10の初期状態から、300万円以上するオーディオ専用パソコンよりも音が良くなります。オーディオメーカー製 ASIO対応 USB-DAC を使用すれば、音楽CDに隠された音を鮮明に鳴らすことが可能です。操作性、機能性、これらを後回しにして、音質最優先の旗を頂点に掲げて、食事毎に改良を重ねてきました。

操作性や機能性、待機時間、最初は苛立ちを覚えるユーザーが多いです。圧倒的な高音質を実現していますので慣れてきますと、「おりゃさん、操作性は気にならないから音質最優先でお願いします」と言われます。

【初心者の皆様へ】

最も簡単な高音質化は "AllCoreAnyCures_Startup" を実行するだけです。

【ASIO専用】

音質優先の為、ASIO専用です。ASIO対応したUSB-DACを出力先として設計しています。

【サポート形式】

16 24 32 bit
44.1 / 48 / 88.2 / 96 / 176.4 / 192 / 352.8 / 384 kHz (only one)
WAV / FLAC / M4A / AAC / ALAC(M4A) / WMA / MP3 /
WV / OGG / APE / OPUS / CDA (CD Audio)
DSF / DFF (DSD Native, DSD DoP, DSD Pcm) checked DSD 64-256
Streaming MP3, OGG, WAV, AAC, FLAC, DSD (.m3u only)

日本語解説は[スタート]-[Bug head]-[Bug head Manual]にあります。

動作条件
Intel Core i シリーズ専用
Intel SSE4.1 (SSE4.1) AVX2.0 (通常版)
Windows 10 Home 64bit メモリ3GB

著作権者 横田宏幸(oryaaaaa) oryaaaaa@gmail.com

動作環境

Bug headの対応動作環境
ソフト名:Bug head
動作OS:Windows 10
機種:IBM-PC x64
種類:フリーソフト
作者: おりゃぁぁぁぁ 

この作品については、作者がコメント・評価を希望しておりません。

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

サウンド  プレイヤー  技術  音質  ハイレゾ  低音 


「音楽再生」カテゴリーの人気ランキング

  1. TuneBrowser DSD/FLAC/MP3 などの音源ファイルの管理・再生 (ASIO2.1/WASAPI対応)(ユーザー評価:4.5)
  2. Bug head 独自技術による超重低音対応ハイレゾ超高音質サウンドプレイヤー(ユーザー評価:0)
  3. AIMP イコライザ機能やネットラジオ機能など、軽快に動作しつつも多機能な音楽プレイヤー(ユーザー評価:2.5)
  4. 尺八チューンズ(s8Tunes) 速度、音程の変更が可能で、その設定を保存できるwav、mp3、wmaプレーヤー 録音も出来る(ユーザー評価:4.5)
  5. MediaMonkey Standard iTunesライクなインタフェースを備えた高機能ミュージック&ビデオマネージャ(ユーザー評価:0)

「音楽関係」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック