VB5 SP3 ランタイム&コントロール

VB5.0 SP3 Runtime & Controls


ソフト詳細説明

VB5RS3 は、拙作の伝言板++ や WPChange32 を実行するために必要な VisualBasic 5.0 Service Pack 3 のランタイムライブラリ、コモンコントロール、フレックスグリッドコントロール、タブコントロール、スピンコントロール、およびそれらがインストールできたかテストするアプリケーションをインストールします。具体的には、下記のファイルをインストールします。

VB5JP.DLL, MSVBVM50.DLL, OLEAUT32.DLL, OLEPRO32.DLL
ASYCFILT.DLL, CTL3D32.DLL, COMCAT.DLL, SPIN32.OCX,
COMCTL32.OCX, CMCTLJP.DLL, COMCT232.OCX, CMCT2JP.DLL
MSFLXGRD.OCX, FLXGDJP.DLL, TABCTL32.OCX, TABCTJP.DLL
VB5RS3.EXE (テストアプリケーション)

コントロールの動作には、さらに次のファイルが必要ですが、これらのファイルは、Windows NT 4.0 と最近の Windows 95 がプリインストールされているので省きました。

MFC40LOC.DLL, MFC40.DLL, MSVCRT40.DLL

容量が1.21MB以上のフロッピーディスクからインストールできるように、次のように2つのアーカイブファイルに分割してあります。

VB5RS3_1.LZH .... 1枚目のフロッピーディスク
VB5RS3_2.LZH .... 2枚目のフロッピーディスク

このファイル(VB5RS3_1.LZH)は、1番目のファイルです。2番目のファイル(VB5RS3_2.LZH)も合わせてダウンロードしてください。

動作環境

VB5 SP3 ランタイム&コントロールの対応動作環境
ソフト名:VB5 SP3 ランタイム&コントロール
動作OS:Windows NT/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 山崎 敏郎 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

SP  VB  Controls 


「ランタイムパッケージ等」カテゴリーの人気ランキング

  1. Visual Basic 6.0 SP6 ランタイムファイル VB6.0で作成されたソフトの動作に必要なランタイム(Win 7,8,10 対応、最新SP6)(ユーザー評価:4)
  2. Visual Basic 6.0 SP6 ランタイムライブラリ VB6のランタイムをインストーラーで簡単にセットアップ(Vista対応)(ユーザー評価:4)
  3. vcpvcr71 (msvcp71.dllとmsvcr71.dll同梱) ソフトウェアを動作させる際に必要となるファイルmsvcp71.dllとmsvcr71.dllを同梱(ユーザー評価:4.5)
  4. XTRM Runtime VB/VCランタイムを全部まとめて簡単インストール(VB5.0/6.0/VC++4.0〜6.0 SP6 全対応)(ユーザー評価:4)
  5. VB6ランタイム集【みやシリーズ起動用】 【みやシリーズ】を動作させるために必要なランタイム集(ユーザー評価:4.5)

「ランタイムパッケージ等」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック