CAB32.DLL

.CAB ファイルの作成・解凍をウィンドウズ上で!


ソフト詳細説明

マイクロソフト社がプログラム配布用などに用いるキャビネットファイル(CABファイル)の作成・解凍を実現するDLL(ライブラリ)です。
32ビット版ですので、Windows 95/98/ME/NT/2000で動作可能ですが、単独で使用することはできません。対応したアプリケーションが必要です。

ダウンロードしたモジュールを実行すると、CAB32.DLLを含めたファイル群が指定のフォルダに解凍されます。この中で Cab32.dll のみを
・Win95/98/Meであれば Windows\Systemフォルダ
・WinNT/2000/XP であれば Windows\System32フォルダ
にコピーしてください。

解凍されたはずなのにCab32.dllが「見つからない」という場合には、エクスプローラのフォルダオプション設定で、「すべてのファイルを表示する」ように設定を変更してください。

動作環境

CAB32.DLLの対応動作環境
ソフト名:CAB32.DLL
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: (有)ライトシップソフトウェア 

ユーザーの評価(1人):2.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

解凍  ウィンドウズ  CAB 


「アーカイブユーティリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Lhaplus 追加のDLL不要で多数の解凍(デコード)、圧縮(エンコード)形式に対応したアーカイバ(ユーザー評価:4.5)
  2. Lhaca デラックス版 DLL不要で、LZH,ZIP,CAB,GZ,Z,BZ2,TAR,TGZ,TAZ,TBZ,JAR,ARJ,RARファイルの圧縮・解凍・分割・一覧が可能(ユーザー評価:4)
  3. Pika Zip 忘れてしまったZIPのパスワードを調べます(ユーザー評価:4.5)
  4. +Lhaca ドラッグ&ドロップ操作により、簡単にファイルの圧縮・解凍が可能 DLL不要(ユーザー評価:4.5)
  5. Lhasa32 LHA & zip のアーカイブファイルを解凍(ユーザー評価:4)

「アーカイブユーティリティ」カテゴリのソフトレビュー

  • ExtractNow 4.8.2.0 - 豊富な実行オプションが用意され、イメージファイルの展開も可能な解凍専用ユーティリティ
  • PeaZip 4.4 - 130以上の形式に対応した、エクスプローラと同様の感覚で使えるアーカイブユーティリティ
  • Universal Extractor 1.6.1 - アーカイブ形式を自動判別してくれる、簡単操作の“なんでも一発解凍”ソフト
  • Safe Melt 32 3.20 - パスワード付きの自己解凍型アーカイブを簡単に作成できるファイル圧縮・分割ソフト
  • LhaOpen 2.07 - さまざまな圧縮形式のファイルを1つのウインドウ、エクスプローラのような操作方法で扱えるアーカイバ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック