その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

特集〜ソフトウェアスポットライト
TOP PAGE > Softライブラリ > 特集 > “職場で最初に用意したい”フレッシャーズ向けビジネス用ソフト

“職場で最初に用意したい”フレッシャーズ向けビジネス用ソフト

Frieve EditorFrieve Editor
思考やアイデアをまとめるのに役立つカード型アイデアプロセッサ

「Frieve Editor」は、文章やアイデアをまとめるときに役立つアイデアプロセッサ。今回紹介するソフトの中では一番使いこなすのが難しいが、うまく使えば企画書や申請書の作成など、さまざまな用途で威力を発揮するだろう。

「Frieve Editor」が得意とするのは、アイデアや文章をまとめたり、アイデア同士をつないで新しい発想を生み出したりすること。アイデアをまとめるために、まずは思いついたことをカードに分けてどんどん書きとめてゆく。文章を作る場合でも同様だ。書くこと、書かなくてはいけないこと、書きたいことなどを、メモ程度でもよいので、ひたすらカードに書きこんでゆく。

ある程度書き終えたら、カードを画面に配置して並べ替えながら、必要に応じて分類ラベルを付けたり、カード同士の関連をリンクで整理する、という流れだ。カードの分類ラベルは、デフォルトで「Problem」「Solution」「Result」の三つが用意されており、ユーザが独自に定義することも可能。1枚のカードに複数のラベルを付けることもできる。リンクはカードとカードの関係を示すもので、一方から他方に矢印を張ったり、相互にリンクしあったりと、複雑な関係も表現できる。

これらのカードやリンクは、画面上でラベルによって色分け表示されるため、即座に関連をイメージすることができる(ブラウザー画面)。ラベルやリンクをもとにして、カードのレイアウトを自動的に整理・調節してくれる機能もある。

こうして、カードを調整しながら少しずつアイデアや文章をまとめてゆくわけだ。新しく思いついたことがあればすぐにカードを追加することができるし、いらないと思ったカードは削除することもできる。

アイデアプロセッサとしてはユニークな「アニメーション」機能も用意されている。カードのタイトルがランダムな組み合わせで現れ、ブラウズ画面上で動きまわるというもの(リンクをランダムにトレースすることもできる)。カードの数やアニメーションのスピードを変えながら眺めれば、考えがまとまったり、新しいアイデアが浮かんだりすることもあるだろう。

頭の中にあるアイデアを上手にまとめることができなくて困った際などに力を発揮するソフトだ。


■Frieve Editor 1.03
  • 作 者:小林 由幸 さん
  • 対応OS:Windows XP/Me/2000/98
  • 種 別:フリーソフト
  • 作者のホームページ:http://www.frieve.com/


  • 前へ 次へ

    まずは思いつくままカードにメモしてゆく。ひたすら文字を書き込めばよい
    まずは思いつくままカードにメモしてゆく。ひたすら文字を書き込めばよい

    カードを動かして考えをまとめる。ラベルとリンクをもとにカードを整理する機能もある
    カードを動かして考えをまとめる。ラベルとリンクをもとにカードを整理する機能もある

    「アニメーション」では、カードの見出しがランダムに表示される
    「アニメーション」では、カードの見出しがランダムに表示される


    “職場で最初に用意したい”フレッシャーズ向けビジネス用ソフト
    インフォメーション:休日を除いた営業日ベースの残日数を計算・表示できるToDo管理ソフト
    mark_bl2.gifFrieve Editor:思考やアイデアをまとめるのに役立つカード型アイデアプロセッサ
    透明な付箋 WtLabel:背景の透化と付箋の複数ページ化で大量の情報をスリムに管理できる付箋ソフト
    名刺管理ソフト Cards!:実際の名刺をめくるようにカードを探せる、カード型の個人情報管理ソフト
    nobuClock:タイマ、ストップウォッチ、カレンダー機能付きのコンパクトな時計ソフト
    まとめ:それぞれのソフトの特徴のおさらい
    ダウンロード:今回、紹介したソフトのダウンロードはこちらから


    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.