ApowerMirror

動作中の画面。スマホの画面をそのままパソコンのディスプレイに表示できる。動画・静止画キャプチャは、画面右側のボタンで行う(画面はiPhoneとの接続時)

スマホの画面を、パソコンに接続されたディスプレイに出力できるソフト。パソコンのマウス/キーボードを使って、Androidスマホを操作することも可能。

「ApowerMirror」は、Wi-Fi(またはUSB)で接続されたiOS/Androidデバイスの画面を、パソコンのディスプレイに表示させることができる“ミラーリング”ソフト。iPhone/iPadシリーズやAndroidデバイスに保存された動画をパソコンで視聴したり、写真やファイルを大画面ディスプレイで閲覧したりといったことが可能になる。同一のWi-Fiネットワークに接続し、iOS/Androidデバイス側でミラーリングをONにするだけで使うことができる。iOS/Androidデバイスの画面を動画・静止画でキャプチャすることも可能。Android 5.0以降、iOS 10/9/8のデバイスで動作する。

使い方は簡単。iOSでは、Wi-Fiネットワークでパソコンと接続し、iOS標準装備のAirPlayを利用する。

  1. (1)パソコンとiOSデバイスを同じWi-Fiネットワークに接続して、「ApowerMirror」を起動する
  2. (2)iOSのコントロールセンターを開く
  3. (3)「AirPlayミラーリング(iOS 10)」または「AirPlay(iOS 9以前)」をタップし、メニューから「Apowersoft(ユーザ名)」をタップする

で操作が完了。iOSデバイスの画面がそのまま、パソコン側「ApowerMirror」のメイン画面上に“ミラーリング”表示される。

Androidでは、あらかじめデバイス側にも「ApowerMirror」(同名のAndroidアプリ)をインストールし、Androidアプリからミラーリングを実行する。Androidデバイスでは、Wi-Fi接続のほか、USB接続を利用することも可能。USB接続の場合、Androidデバイスの「開発者向けオプション」で「USBデバッグ」をONにし、パソコンとの接続後に「USBデバッグを許可」を指定する必要がある。

iOS/Androidデバイスの画面を動画・静止画でキャプチャすることも可能。メイン画面右側に並ぶ映写機(動画キャプチャ)やカメラ(静止画キャプチャ)のアイコンをクリックするだけと、こちらも簡単。動画はMP4/WMV/AVI/MOV/FLV/MPER/VOB/ASF/GIF形式、静止画はPNG形式のファイルで保存できる。画質(三段階)を設定したり、出力先フォルダを設定したりすることも可能だ。

Androidデバイスでは、パソコンからの制御にも対応する。Androidデバイスのアプリを起動して操作したり、メッセージを送信したりといったことを、パソコンのマウス/キーボードを使って行える。Androidデバイスが受け取った通知メッセージをパソコンで確認することもできる。

《ソフトライブラリの掲載ページ》
ApowerMirror

スマートフォン版 | PC版

Copyright © 株式会社ベクター
記事の無断転用を禁じます。