TidyTabs Personal

動作中の画面。さまざまなウィンドウをタブインタフェースにできる。グループ化および解除はドラッグ&ドロップで行える

さまざまなアプリケーションウィンドウをタブインタフェースにできるソフト。アプリケーションの種類に関係なく、任意のグループにまとめることが可能。

「TidyTabs Personal」は、デスクトップ上に開かれたウィンドウをグループ化し、タブ切り替えによる操作を可能にする常駐型のユーティリティ。例えば「エクスプローラ」と「メモ帳」のように本来、関係のないウィンドウをみかけ上“ひとつのウィンドウ”にまとめ、タブで切り替えられるようにする。個人利用に限って無償で使える「Personal」では、1グループにつき三つまでのタブを管理することが可能。ウィンドウを整理して、デスクトップをよりスッキリとした状態に保てる。

起動するとタスクトレイに常駐する。トレイメニューからは機能のON/OFF切り替えや設定画面の呼び出しを行える。

アプリケーションウィンドウのグループ化や解除はドラッグ&ドロップで行う。「TidyTabs Personal」が常駐している状態で何らかのウィンドウを開き、ウィンドウの左上(外枠のさらに少し外側)をポイントすると、タブがポップアップする仕組み。このタブをドラッグしはじめると、そのほかに開いているウィンドウにもタブが現れるので、任意のタブ上へドロップすれば、グループ化が完了する。逆に、グループ化された状態からタブをドラッグすれば、グループ化が解除される。グループ化されたウィンドウの切り替えは──タブブラウザなどと同様──タブのクリックで行える。

タブ上のコンテキスト(右クリック)メニューでは、当該タブのウィンドウを閉じたり、ほかのタブウィンドウを閉じたり、すべてのタブウィンドウを閉じたりすることが可能。当該ウィンドウのアプリケーションをグループ化からの除外リストに追加したり、設定画面を呼び出したりもできる。除外リストへの追加は、設定画面の「EXCLUSIONS」でプログラム(プロセス)名を指定することでも行える。除外対象を指定するブラックリストだけでなく、逆にグループ化を許可するものだけを指定するホワイトリストにモードを切り替えることも可能だ。

そのほかにも設定画面では、

  • Windowsと同時に起動(Start with Windows)
  • アップデートを自動チェック(Automatically check for updates)
  • タスクトレイにアイコンを表示(Show an icon in the system tray)
  • グループ化されていないタブは自動的に隠す(Automatically hide single tabs)
  • フルスクリーン時にはタブを自動的に隠す(Automatically hide tabs in fullscreen)
  • タブ名が長いときは、ツールチップですべてを表示する(Display a tooltip when the tab name is too long)

といった項目を設定することが可能。さらにアクティブ時、非アクティブ時、マウスオーバー時それぞれのタブの透明度を指定したり、ドラッグ&ドロップ時ウィンドウの透明度およびサイズを指定したりもできる。

《ソフトライブラリの掲載ページ》
TidyTabs Personal

スマートフォン版 | PC版

Copyright © 株式会社ベクター
記事の無断転用を禁じます。