AquaSnap Personal

設定画面(アクアスナップ)。スナップモードは「簡易」「高度」「ユーザ設定」などから選択できる

Windows 7で追加された「Aeroスナップ」「Aeroシェイク」を拡張・強化し、より便利な操作環境を実現するユーティリティ。Aeroスナップを拡張する「アクアスナップ」、Aeroシェイクを拡張する「アクアシェイク」などで構成される。

「AquaSnap Personal」は、Windows 10/8/7で利用できる、

  • デスクトップ端への移動でウィンドウサイズを変更できる「Aeroスナップ」
  • ウィンドウのタイトルバーをシェイク(左右に細かくドラッグ)することにより、ほかのすべてのウィンドウを最小化する「Aeroシェイク」

の機能強化を図るソフト。Windows Vista/XPにも対応し、標準では利用できないAeroスナップ、Aeroシェイク(の拡張機能)を利用できるようになる。アクアスナップ、アクアシェイクのほか、「アクアストレッチ」「アクアマグネット」「アクアガラス」が含まれる。

「アクアスナップ」は、ウィンドウのデスクトップ端への移動による最大化/半面表示機能。Aeroスナップでは「上・左・右」端への移動で機能するが、「AquaSnap Personal」では、簡易モードで「上・下・左・右」端の4ヵ所、高度モードでは「上・下・左・右・左上・左下・右上・右下」端の8ヵ所でサイズ変更を行うように設定できる。有効/無効の位置は個別に切り替えることが可能だ。

「アクアシェイク」では、ウィンドウをシェイクしたときの動作として、

  • ほかのウィンドウを最小化(Aeroシェイクと同じ)
  • ウィンドウを最前面に表示

のいずれかを指定することが可能。シェイク操作の感度(精度・速度・長さ)は好みで設定できる。

「アクアストレッチ」は、ウィンドウの隅(周囲)を「ダブルクリック」または「デスクトップ端にドラッグ」することで、縦・横・縦+横に最大化できる機能。ドラッグ操作を【Shift】キーの押下+ドラッグに割り当てることもできる。

「アクアマグネット」は、ウィンドウをデスクトップ端またはほかのウィンドウ近くに移動させることで、マグネットに吸い寄せられるように密着させる機能。マグネットの効果が及ぶ範囲や速度などは好みで変更することが可能だ。

「アクアガラス」では、ウィンドウの移動時に透明化し、背景が透過表示される。

《ソフトライブラリの掲載ページ》
AquaSnap Personal

スマートフォン版 | PC版

Copyright © 株式会社ベクター
記事の無断転用を禁じます。