その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック


ベクターソフトニュース - 1999.12.01
TidyFTP TidyFTP Ver.1.25
ローカル/リモート対称のデザインにこだわった日本語FTPクライアントソフト
Windows 98/95 フリーソフト
「TidyFTP」の動作画面
■左右対称の見やすく、操作しやすいデザイン

エクスプローラライクな操作性を持つ日本語FTPクライアントソフト。使いやすさ、視覚的なわかりやすさから“ローカルとリモートウィンドウの対称性”にこだわっているのが特徴だ。

最近のFTPクライアントとしては一般的ともいえる画面構成。左側にローカル、右側にリモートのツリービュー/リストウィンドウ、そして下側にログ(ステータス)を表示するが、アップロードやダウンロードなどファイル操作関連のツールバーを画面中央に左右対象に配置できる点に“対称性”へのこだわりが感じられる(ツールバーの表示位置は設定により変更することも可能)。ファイルやディレクトリの操作はドラッグ&ドロップにも対応し、ほぼエクスプローラと同様に行うことができる。複数のファイル/フォルダをまとめて転送するのも簡単だ。

ホストへの接続は、初回接続時にそのホストのプロファイル(ホスト名、ユーザID、パスワードなど)を設定・保存してしまえば、次回からはドロップダウンリストから選択、[接続/切断]ボタンを押すだけでよい。ファイル転送モードにはASCII、Binary、Autoの3種類が用意されており、Auto(自動判別)モードでは、拡張子の指定によってあらかじめASCIIモードでの転送が設定されているファイル以外は、すべてBinaryモードで転送を行うという仕組みになっている。また、転送に際しては、
  • ローカル/ホストのファイルのタイムスタンプを比較して、更新ファイルのみ転送
  • ファイル名の大文字・小文字変換
  • リモート→ローカル転送時にリモートのタイムスタンプをローカルファイルに書き込む
  • カレントフォルダ以下のすべてのファイル/フォルダをフォルダ構造を保持したまま一括転送
が可能で、ローカル→リモートの一括転送(アップロード)時には、
  • ローカル側になく、リモート側にあるファイル/フォルダは削除する
というミラーリング機能も使える。

そのほかの特徴として、アイドル時間が長くても接続を切断されない「ホストのタイムアウト防止」機能、最近使ったフォルダやディレクトリをすぐに呼び出せる履歴機能、リストウィンドウにEXEなど特定の拡張子のファイルなどだけを表示するマスク機能、リストに表示されるファイルのダブルクリック時の動作を3種類から設定可能(ビューアで開く、アップ/ダウンロード、何もしない)などの特徴がある。画面のカスタマイズや、ファイルのソート方法の変更も簡単に行える。

対応するホストはUNIXとVMS。そのため、接続先のホストによっては使用できない場合もある点に注意。

reviewer's EYE 全体的にシンプルな作りだが、ユーザの好みに合わせてカスタマイズができるようになっている。操作自体はわかりやすく、ツールバーなどの配置・アイコンもよい。

対応ホストがUNIXおよびVMSとなっているが、相手側のOS仕様によってはうまく接続できないか、接続できてもきちんと動作しないケースがあった。また、海外ホストに接続した場合のタイムスタンプ表示の切り替えが存在しないため、同じファイルでもタイムスタンプが時差の分だけズレてしまうのが気になった。もともと作者の周りの環境でのみ使うことを目的に作られたソフトとのこと。まだ「発展途上」という印象もあるが、ユーザインタフェースはよくできているので、あとは細かな点がブラッシュアップされれば、さらに使いやすくなるのではないだろうか。
(藤田 洋史)


スクリーンショット》 接続先のプロファイル設定画面。(初期設定状態で)TidyFTP起動後に表示される。ホストタイプはUNIXとVMS UCXの2種類
スクリーンショット》 オプション設定画面。アップロード時のミラーリングの指定やAutoモード時のASCII転送を行うファイルタイプの指定ができる
スクリーンショット》 ツールバーは上下左右好みの場所に配置可能
スクリーンショット》 実際のアイドル時間の長さにかかわらず、ダミーの通信を行うことによってホストとの切断を防止する機能がある


【作 者】 智也のパパ さん
【作者のホームページ】 http://www1.ttcn.ne.jp/~kaneto/
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

使用している開発ツールにFTPコンポーネントが付属していて、最初はイントラネット用途のために自作をはじめました。FTP動作はコンポーネントに委ねることとし、開発はユーザインタフェースのわかりやすさに注力していろいろ試行錯誤した結果、現在の左右対称でツリービューを備えたインタフェースに落ち着きました。

■開発中に苦労した点

左右対称性を実現する上で、ファイル情報の扱い方などを勉強しながら作りました。

■ユーザにお勧めする使い方

左右対称性を利用したローカルとリモートファイルの比較ができる点が最も大きな特徴だと思いますので、転送前後の確認しやすいと思います。ちょっとまどろっこしい動きをしますが、更新ファイルのみのホームページ一括アップロードにも使えますので使ってみてください。不要ファイルの自動削除オプションは、ローカルにないリモートファイルを削除してしまいますので注意してお使いください。社内環境を利用して開発したので、サーバはUNIXとVMSにしか対応していませんが、Windows NTでも使えるようです。

■今後のバージョンアップ予定

大幅なバージョンアップ予定はありません。ただし、ごく最近、初期ディレクトリの指定の仕方によっては接続できないことが報告されましたので、今後早急に解析&改善する予定です。
(智也のパパ)
GO! DOWNLOAD
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
TidyFTP 2.1.2 ビジュアルな操作環境のFTPクライアント (687K)




ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.