vector
Vectorトップへ


ベクターソフトニュース - 1999.09.29
自動作曲システム 自動作曲システム Ver.3.4
ボタン一発でさまざまなスタイルの曲を自動作成してくれるソフト
Windows 98/95 フリーソフト
「自動作曲システム」の動作画面
■メイン画面(右上)と音楽スタイル設定画面

「自動作曲システム」というソフト名が示す通り、自動的にさまざまな曲を作曲してくれるソフト。曲の作成にあたってユーザが複雑な操作を行う必要はなく、文字通りの“全自動作曲”が実現できる。

操作方法は非常に簡単。インストール後、ソフトを起動すると、音源の種類を選択するダイアログに続いて、メイン画面が表示される。対応する音源はヤマハXG音源、ローランドGS音源、それに標準のGM音源の3種類。メイン画面とはいっても非常に小さなもので、まるで日本語入力IMEのツールバーのようだ。このメイン画面から作曲ボタンを押すだけで、自動的に作曲が行われ、同時にその曲が再生される。このまま放置しておくと自動で100曲まで作曲し、MYMIDIxx.MIDというファイル名で保存する。作曲ボタンを押すたびに別の曲を作曲するので、気に入った曲ができるまで、繰り返してボタンを押してもよい。どのようなスタイルの曲が作られるのかは、タイトルバーに表示される。

このような“全自動作曲”のほか、自分の好みに応じた曲が作曲されるように、ユーザがコントロールすることもできる。「ポップス」「ジャズ」「クラシック」「民族音楽」という大きな四つのカテゴリ内には、例えばポップスであれば、テクノポップ、ニューミュージック、演歌などの音楽スタイルが分類されており、そのそれぞれに対して、音階、調と拍子、コード進行、使用楽器などなど、実に詳細な設定を施すことが可能だ。さらに、スタイルウィザードで、曲のイメージ(例えば近代的か現代的か、悲しい気分か明るい気分か、など)からスタイルを設定していくこともできる。これらの設定により、かなり多彩な曲を得ることができるようになっている。

タイマ機能もあり、指定した時間に自動的に作曲を開始して、それを再生することもできる。これは目覚まし時計用途などによいかもしれない。

作成された曲は、標準MIDIファイルとして保存されるため、他のMIDIソフトで読み込んで再編集することも可能だ。

reviewer's EYE これはなかなかおもしろいソフトだ。とかくMIDI関連のソフトでは、使いこなすのに、ある程度の音楽的素養やMIDIに関する知識を必要とする場合が多いものだが、「自動作曲システム」ではそうした要素がほとんど必要とされない。唯一、自分で音楽スタイルを設定するときには、そうした知識も必要となるが、実際には用意されているスタイルが豊富なため、知識がまったくなくても問題なく楽しめるはずだ。

さて、作曲される曲は、音楽スタイルの指定によりある程度の雰囲気は指定できる。だが、メロディ生成にはかなりの乱数的要素が含まれるようで、時にはいささか「前衛芸術的な」音楽が生成されることもある。とはいえ、そこがまたおもしろいところなのだが。

作者のホームページ では、「自動作曲システム」で作成したサンプル曲が公開されているので、まずはそれを視聴してみるのもよいだろう。
(天野 司)


スクリーンショット》 スタイル構成設定画面。登録されたスタイルに対し、さまざまな設定を施せる
スクリーンショット》 スタイル構成の中から、伴奏パターンの設定画面
スクリーンショット》 スタイルウィザード画面。ウィザードではオリジナルのスタイルを設定できる
スクリーンショット》 タイマ機能。目覚まし用途などに使えるだろう


【作 者】 勝田 哲司 さん
【作者のホームページ】 http://www.asahi-net.or.jp/~hb9t-ktd/music/musj.html
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

このソフトは、ホームページや自作のゲームにBGMを付けたいが、作曲やDTMのことがよくわからないという方を想定して開発しています。

■ユーザにお勧めする使い方

素材作成の目的で使用する以外にも、パソコンでの作業中に好きな音楽スタイルでBGMを演奏させたり、タイマを設定して目覚まし代わりに使用することが可能です。プリセットの音楽スタイルに飽きてきたら、パラメータをいろいろと変更して、どのように生成される音楽が変わるかを試してみてください。例えば、音色を変更するだけでも、かなり変わった雰囲気になります。

■今後のバージョンアップ予定

最新情報は、http://www.asahi-net.or.jp/~HB9T-KTD/music/musj.html で随時公開しています。追加の音楽スタイルデータもダウンロードできますので、ぜひお越しください。
(勝田 哲司)
GO! DOWNLOAD
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

製品プロレジ・シェアレジ(3,780円(税込))
自動作曲システム ACS 8.1 ジャンルを選択するだけで、MIDI、着メロを自動生成し、演奏 (7,019K)


[↑このページの先頭へ戻る]


ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.