vector
Vectorトップへ


ベクターソフトニュース - 1999.09.25
Mono Eye Mono Eye Ver.1.2
アナログシンセライクなインタフェースとシーケンサ機能を持つサウンドスタック
Macintosh フリーソフト
「Mono Eye」の動作画面
■シーケンサ機能も持つサウンドスタック。曲が弾けない人でも楽しく遊べる

サンプリング音を使ってMacを“Music Keyboard”にしてしまうHyperCardスタック。いわゆるサンプラをMac上で実現したものである。

マウスによってスタック上の鍵盤をクリックするか、割り振られたキーボードによってサンプリング音が再生でき、演奏に関するほとんどの操作をキーボードから直接実行することができる。鍵盤の各トーンごとにサンプリングデータが設定でき、同時に最大12音色を使用できる。また、HyperCard 2.3以降を使うことで最大同時発音が8音になる。

「Mono Eye」が他のサンプラソフトと違う点は、サンプリング音を使ってのシーケンス機能を持つことである。シーケンス機能では、記録や再生、編集が可能で、かつHyperTalkのPlayコマンドスクリプトへの変換機能を持っている。クォンタイズ(データの発音タイミングのばらつき補正)機能などもあり、シーケンサとしても十分機能する。シーケンスデータはHyperTalkライクなテキストベースのスクリプト言語で記述を行い、音楽演奏以外にも文字の表示などの機能を持つ。シーケンスモードではメインとサブの二つのトラックが用意されており、それぞれのトラック間はコピー/ペーストでデータのやり取りができるので、メインの一部をサブにコピーして、再生してみることなどが可能だ。

この種のソフトではわかりづらくなる操作方法も、独自のバルーンヘルプ機能によって、ほぼマニュアルレスで使用できるようになっている。

reviewer's EYE 一見、昔のアナログシンセサイザを思わせるユーザインタフェースで、ただの鍵盤付きサンプラソフトに見えるが、曲を弾いて楽しむ以外にも応用次第ではさまざまに遊べるソフトだ。例えば、曲のフレーズをサンプリングしたデータを用意し、それを切り貼りして新しい曲を作るミュージックコンクレートや、SEの音出し的な使用もできるであろう。シーケンサ用スクリプト言語では、サンプリング音による自動演奏や、曲に合わせて文字を表示することなどが可能なので、カラオケのような使い方もができる。

サンプラ、シーケンサとして見た場合の機能はごく一般的なものだが、強力な独自のヘルプシステムや豊富なドキュメント類、マスコットキャラクタ“奇機”や「Mono Eye」のグラフィックデータもおまけで付属するなど、作者の気合いの入れ方が伝わってくる。曲が弾けない人でもサンプリングデータのコラボレーションで楽しく遊べるHyperCardスタックだ。
(大根田 丈久)


スクリーンショット》 メイン画面。鍵盤の代わりに、キーボードに設定することもできる
スクリーンショット》 キーボードセッティングはこのようになっている
スクリーンショット》 シークェンサーエディット画面


【作 者】 t.o さん
【作者のホームページ】 http://hp.vector.co.jp/authors/VA018542/
【動作に必要なソフト】 HyperCard 2.2以降(2.3以降推奨)
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

以前から「自分だけのオリジナル楽器がほしい」という願望がありました。また、「サンプラがほしい」とも思っていました。またまた、「アナログシンセがほしい」とも思っていました。それらの欲とちょっとした思いつきがHyperCard上で結びついて、愛と執念と根性で作り上げました。このソフトに関する熱い語りは、作者のホームページ で公開する予定なので、興味を持った方はそちらをご覧ください。

■ユーザにお勧めする使い方

サンプルサウンドが少ないので(もうしわけない)、友達の声や好きな曲をCDから取り込んでみるなどして、自由に、好きなように楽しんでください。遊ぶために多少の努力は必要です(笑)。

■今後のバージョンアップ予定

未定です。2.0の構想はあります。そのときは、使いやすさの向上を中心に、一から作り直します。作者の技術レベルの向上次第では、REALbasic で作ることになるかもしれません(HyperCardで作らなければ「Mono Eye」じゃない気もするのですが……)。

また、「俺のための楽器」という、わがままなコンセプトなので、ユーザからの要望は取り入れません。絶対に(笑)。なお、感想・バグレポートは受け付けております。
(t.o)
GO! DOWNLOAD
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
Mono Eye 1.2 アナログシンセライクなインターフェースのサウンド・スタック (835K)


[↑このページの先頭へ戻る]


ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.