vector
Vectorトップへ


ベクターソフトニュース - 1999.08.07
LightWayText for Windows LightWayText for Windows Ver.1.0
Macから移植された、ワープロライクな多機能エディタ
Windows 98/95 シェアウェア
「LightWayText for Windows」の動作画面
■一見ワープロのような画面。スタイル設定、画像の貼り込みもOK

MDI形式の多機能テキストエディタ。Macintosh用エディタとしてはよく知られたソフトだが、このほどWindows用に移植された。プレーンテキストのほか、RTFのようなスタイルを持つ、独自のLWT形式ファイルを編集できるのが特徴。

LWT形式文書ではフォントや文字色、網掛けなどの装飾を1文字単位で行えるほか、テキスト中への画像(BMPおよびWMF)の貼り込みも行える。これらのスタイル設定は1ファイル中にまとめることも、プレーンテキストと分離して保存することも可能。書体登録機能により、設定の組み合わせを登録・保存しておくこともできる。

段組みや行間隔の指定、行(段)あたりの文字数、ページあたりの行数などを指定することもでき、ページの表示倍率も25%〜400%まで11段階に切り替えられるため、縮小表示にすればレイアウトのチェックも行える。禁則処理は追い出しとぶら下がりを選べるなど、ワープロ代わりとして十分に使える機能を搭載する。

ジャンプ機能では行番号やページ番号指定に加え、文書中のマークへのジャンプも可能。検索・置換に正規表現が使えるほか、全角半角や大文字・小文字などの一括変換機能なども備える。

そのほか、キーボードマクロによる自動処理機能、キーカスタマイズ機能などを搭載。変わったところでは、ルーラの単位や行番号をワンタッチで変更するといった機能もある。

reviewer's EYE 添付説明書ファイルを表示しているところを見ただけでは、テキストエディタだとは思えないたたずまいを持っている。ざっとメニューを見渡しても、ワープロの基本的な機能の中で「LightWayText」にないのは罫線ぐらいだろうか。しかし、文書をスクロールさせてみると、なるほどテキストエディタだなと納得できるだろう。

「LightWayText」ではスタイルを保存するために専用のファイル形式(LWT)を用意しているが、プレーンテキストでの保存やテキストと書式の2本のファイルに分けての保存もできる。

Macintosh用からの移植だけに、Windows−Macintosh間での文書の互換性が期待されるところだが、残念ながらスタイルの再現はできないようだ。しかし、改行コードをWindows、Mac、UNIX用に変換できるため、これらのマシンが混在する環境でのテキストのやりとりに適しているのは間違いない。

だが、そうした点を抜きにしても、なかなか魅力的なソフトだ。あまりに凝った機能はいらないから、テキスト中心の文書を手軽に作りたいという人にお勧めしたい。
(福住 護)


スクリーンショット》 テキストスタイルの組み合わせを登録しておける
スクリーンショット》 禁則処理はぶら下がり、追い出し、なしの三つから選択可能
スクリーンショット》 キーボードでのカーソル移動はカスタマイズできる
スクリーンショット》 レイアウト確認に便利な縮小・拡大表示もワンタッチ


【作 者】 山下 道明 さん
【シェアレジ作品番号】 SR001512
【補 足】 Windows、Macintosh両用のハイブリッドシェアウェアで、レジストは両プラットフォーム用に対して行われる。試用期間中も特に機能制限等はない
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

以前、会社に勤めていたときにWindowsソフト開発の結果が出せなかったことに対するリベンジのつもりで作成しました。「LightWayText」はいままでMacintosh用のテキストエディタとして開発していましたが、利用者からはWindows上でも使いたいという要望があり、さらに、いままでのWindows用エディタとはひと味違ったものを作りたいという思いと、そしてリベンジ戦……、その悲願が達成されました。

■開発中に苦労した点

Macintosh用の「LightWayText」をWindows用に変更する作業の中で、できる限り共通のプログラムにするように配慮しながら開発した点。プログラムの70%は共通化できました。

■ユーザにお勧めする使い方

「LightWayText」は、作家・雑誌記者のような物書きの人やミュージシャンの方々からご支持・ご支援をいただき、文書作成に便利な機能を搭載しております。「LightWayText for Windows」も物書きを職業とされている方々に使っていただければと思います。

■今後のバージョンアップ予定

ユーザのご意見・ご要望・バグレポートをもとに、よりよいWindowsソフトとして洗練させるべくバージョンアップを行っていきます。
(山下 道明)
GO! DOWNLOAD
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェアプロレジ・シェアレジ(2,808円(税込))
LightWayText for Windows 4.5 縦書き・原稿用紙・青空文庫ビューアなどワープロ並みの機能を搭載した汎用日本語テキストエディタ (2,698K)


[↑このページの先頭へ戻る]


ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.