vector
Vectorトップへ

arrowTOP PAGE
arrowSoftライブラリ
・
・



ベクターソフトニュース - 1999.07.21
JTrim JTrim Ver.1.00
軽快&使いやすい、フリーの高機能フォトレタッチソフト
Windows 98/95/NT フリーソフト
「JTrim」の動作画面
■初心者にも使いやすいフォトレタッチソフト。ツールバーはフローティング可能

豊富な機能、わかりやすい操作性、軽快な動作が特徴のフォトレタッチソフト。

フォトレタッチソフトには、多くのメモリを必要とし、起動や動作も遅い“重厚長大”型のソフトも多く存在するが、「JTrim」の動作は非常に軽快。起動も速く、小気味がよい。

機能も豊富だ。ソフト、エンボス、ガウスぼかし、最小/最大濃度抽出といったイメージ加工フィルタを18種類、ポスタライズ、ソラリゼーション、ガンマ補正、RGB交換といったカラー調整を14種類備える。さらに回転・ミラーなどといった基本的な画像編集はもちろん、画像の合成、画面キャプチャ、スライドショウ、画像形式の一括変換機能なども可能だ。TWAIN32対応スキャナからの読み取りもサポートする。

これらの操作はメニューバー、あるいは機能内容をイメージしやすいアイコンで構成されたツールボタンで行う。メニューのほとんどには階層がなく、機能が一覧できたり、編集機能以外の難しいオプション設定がないなど、戸惑うことなく操作できるような配慮がなされている。

標準で対応する画像形式はBMP/DIB、JPEG、PNGだが、Susie Plug-in もサポートするため、一般的に利用される形式はほぼすべて編集可能だ。

reviewer's EYE 機能は豊富ながら、やみくもにその数を誇るのではなく、それぞれの操作性がよく考えられた使いやすいソフトだ。フィルタやカラーに関する機能の多くにプレビュー画面が用意されており、リアルタイムに画像の状態を確認しながら適用するレベルの調整ができるので、非常に便利だ。

また、何より便利に感じたのは、過去16回分までのUndoが可能なことだ。どう加工すればよいのかのイメージが固まらないときにいくつかの操作を試してみて、気に入らなければいつでもそれを取り消すことができるのはうれしい。特に、いくつかのフィルタを組み合わせて特殊な効果を出そうと思ったときには非常に重宝した。できればRedoも同程度の回数ができるようになると、さらにうれしいのだが。フィルタなどを適用する範囲の選択も簡単だ。マウスで希望する場所をドラッグするだけでよい(ただ、矩形の領域しか選択できないのは少し残念だ)。

一方、このソフトを使ってみて一番残念に思ったのは、ブラシやペンなどによって色を塗ったり、一定の範囲を塗りつぶしたりする機能がないことと、選択した範囲の移動やコピーをドラッグによって簡単に行うことができないことだ。この二つさえあれば普段のちょっとした画像の加工に市販の重いソフトを使わなくてもすむので、個人的にぜひ実装をお願いしたいところだ。

いずれにしても、これだけの高い水準を持ったソフトがフリーで提供されていることは非常によろこばしいこと。今後の発展を大いに期待したいソフトのひとつである。
(秋山 俊)


スクリーンショット》 18種類のフィルタによって画像をさまざまに加工できる
スクリーンショット》 画像のサイズや形式を一括して変換する機能は便利
スクリーンショット》 プレビューでイメージを確認しながらレベル調整ができる


【作 者】 (株)スタジオマップ
【作者のホームページ】 http://www.sppd.co.jp/
【動作に必要なソフト】 Susie Plug-in により、標準でサポートする以外の画像形式にも対応できる
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

「JTrim」というネーミングは“J”peg画像を“Trim”mingするというところから付けられているのですが、当初のコンセプトはその名の通り「初心者でも簡単に画像のトリミングができるソフト」というところから始まりました。そのときにはフォトレタッチソフトに分類されるようなソフトになるとはまったく想像もしていませんでした。

開発が進むにつれ「サイズも変更できた方が便利だろう」「反転や回転もできた方がいいだろう」「ついでだから、ちょっとした加工も……」等々、繰り返した結果、現在の「JTrimと」なっていきました。

■開発中に苦労した点

とにかく画像処理についての知識が絶対的に不足していたので、資料を集めながらの開発となり、その点ではかなり苦労しました。

また、初心者の方を主なターゲットとしているので、ひとつの機能を追加するにしても決してインタフェースが複雑にならないように、たとえ聞いたこともない機能でも恐怖心を抱かず自然な感覚で実行できるようにと心がけたつもりです。お使いいただくなかで、細かい部分の配慮を感じていただければ幸いです。

■ユーザにお勧めする使い方

とにかく、軽い・簡単が一番の持ち味です。基本性能は高額なシェアウェアにもひけをとりませんので、「JTrim」をメインに使わない方でも、愛用のレタッチソフトと併用してお使いいただければ、と思います。

■今後のバージョンアップ予定

文字入れ機能等、現在の「JTrim」で弱いと感じている部分をまずは補強していきたいと思います。まだまだバージョンアップしていきますので、ご期待ください。
(開発者 : 鈴木理弘)
GO! DOWNLOAD
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

フリーソフト
JTrim 1.53c 軽快な画像レタッチソフト (1,284K)


[↑このページの先頭へ戻る]


ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.