その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

arrowTOP PAGE
arrowSoftライブラリ
・
・



ベクターソフトニュース - 1999.07.10
Mm-Mail Mm-Mail Ver.1.06
音声ソフトに対応したコンパクトな電子メールソフト
Windows 98/95/NT フリーソフト
「Mm-Mail」の動作画面
■ツールバーも排した、シンプルなエクスプローラライクなメインウィンドウ

フリーの電子メールクライアントソフト。コンパクトである点、音声ソフトに対応し、音声ガイドによる操作が可能な点が特徴。

ウィンドウのレイアウトは、現在のメーラの標準ともいえる、エクスプローラライクな三分割(3ペイン)タイプ。ツリービューに受信箱や送信箱が表示され、メールボックスを選択すると、メールの一覧と選択したメールの内容が表示されるというものだ。全体的にシンプルな構成で、例えばアドレス帳に登録できる項目も名前(ニックネーム)とメールアドレス、簡単なメモに絞られているといった具合だ。

添付ファイルのエンコードはBase64とUuencode、デコードではこれらに加え、BinHexにも対応している。マルチアカウントをサポートしており、10個までのアカウントを使い分けることができる。署名(シグネチャ)も10件まで登録可能だ。

「Mm-Mail」で最も目を引く点は、視覚障碍者への配慮がなされていることだろう。ほとんどの操作をキーボードから行うことができ、また音声化ソフト(スクリーンリーダ。「95Reader(98Reader)」と「PC-Talker/VDM100W」に対応)と組み合わせることで、音声による操作案内で利用者を補助する。

コンパクトなサイズなので、FDで携帯することも可能。メールはテキストのみで、HTMLメールには対応していない。

reviewer's EYE メールソフトとしてみると、マルチアカウント対応という点以外は、非常にあっさりしている感じだ。例えばツリービューでは、ユーザがフォルダを作ることはできないし、フォルダ間でのメールのドラッグもできない。当然、メールの自動振り分け機能もない。それどころか、メールリストにはフラグや重要度といった項目さえない。

その代わりにあるのは、ツールバーを排してメニューだけにした操作体系や、ツリービューやリストビューの間をキー操作だけで移動できるようにした“配慮”であり、視覚障碍者でも無理な操作をしなくてもすむための工夫だ。今回、できれば音声化ソフトと組み合わせて使ってみたかったが、対応ソフトはどちらも市販パッケージソフトなので断念せざるを得なかった。

細かい部分にはやや不親切と思える点もあった。初心者に「ぜひ」と勧めたくなるような点も見当たらないし、ヘビーユーザをうならせるような機能もないというのが、偽らざる感想だ。しかし、「障碍者に配慮したソフト」という点だけでも、「Mm-Mail」の存在価値はあると思う。

他のメーラを追いかけて多機能化に向かうのか、それともハンディキャップユーザに優しいという独自の道をさらに推し進めるのか、高機能エディタ「MMエディタ」の作者だからだろうか、今後が気になるソフトといえる。
(福住 護)


スクリーンショット》 10個までのメールアカウントを使い分けられる
スクリーンショット》 アドレス帳もシンプル。グループ登録などはできない
スクリーンショット》 音声化ソフトとの組み合わせれば、操作を読み上げてくれる


【作 者】 宮崎 嘉明 さん
【作者のホームページ】 http://www2.saganet.ne.jp/miyamiya/
ソフト作者からひとこと
■ソフトを開発しようと思った動機、背景

視覚障碍者の方のパソコン講習会に関わったことで、全盲の人が使える音声ソフトに対応したソフトをいろいろと探していたのですが、皆無の状態でした。それも購入者が限定されることもあり、高価で特殊な使い方を強いられて、とても晴眼者は使いたくない仕様です。

視覚障碍者の方々にとっては、インターネットは貴重な情報収集やコミュニケーションの場になり得るのでは思ったのが、開発動機です。

'98年にはWindowsで使える実用レベルのスクリーンリーダ(音声化ソフト)が二つほどありましたので、全盲の人が使えるソフトとして、音声ソフト対応のメーラとして作りはじめたところです。視覚障碍者の方も晴眼者も違和感なく使えるメーラ作りを、と思ってます。

■開発中に苦労した点

音声ソフトの技術情報関連で収集と技術習得に時間と?がかかりました。音声ガイドでの使い心地などには、視覚障害者関連の複数のMLでご協力をいただきました。皆さんに感謝です。

■ユーザにお勧めする使い方

とにかく、視覚障碍者の方も晴眼者も違和感なく使えるメーラです。構成はシンプルで、サイズが小さく軽快です、基本的な機能はあります。

また、すべての設定やメール関連データはインストールしたフォルダに保存されますので、フロッピーで持ち歩いての携帯用としての使い方もOKです。起動時のパスワード設定や、受信時にパスワードを入力させる設定もできます。

■今後のバージョンアップ予定

まずは第一目標の「全盲の方で送受信が可能」は達成できたと思ってます。今後は、より便利な機能を選んで追加していきたいと思います。シンプルさと高機能の追加の融合を時間をかけて進めます。
(宮崎 嘉明)
GO! DOWNLOAD
上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェア(3,990円 / 7,140円)
MMメール2 3.18 インターネット用メールソフト (1,783K)




ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.