その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2011.05.21 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Moon Whistle XP

Moon Whistle XP

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Moon Whistle XP
町の平和を守るため、幼稚園児が正義の味方とともに悪と戦う現代風RPG
Windows 7/Vista/XP/Me/2000/98  フリーソフト
Moon Whistle XP
  • ゲーム画面。主人公「ぜのん」は、正義の味方「Xレンジャー」に会うため、友人の「なるみ」とともに裏山へ冒険に出る


  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 戦闘では「とくぎ」が有効な武器に。技名の後ろに「!」が付いているものは全体攻撃となる
  • 謎に満ちた存在「Xレンジャー」。中盤以降は、Xレンジャーとともにバケモノを退治するイベントも発生する


  • 現代風ファンタジーRPG。ひまわり幼稚園に通う主人公「ぜのん」の体験する1年間が描かれる。

    正義のヒーロー「Xレンジャー」とともに町の平和を守れ

    「Moon Whistle XP」は、“オーソドックスな戦闘システム+奥の深いゲームバランス”などで高い評価を得る現代モノRPG「Moon Whistle(ムーンホイッスル)」のリメイク版。オリジナル版が「RPGツクール95」で作られているのに対し、「Moon Whistle XP」は──ゲーム中のNPCが語る通り──「RPGツクールXP」で作成されている。

    プレイヤーは、ひまわり幼稚園年長組の男の子「ぜのん」を操作して、物語の舞台「もとまちタウン」で起こる1年間の出来事を体験する。ゲームは20以上の章で構成され、第1章は4月10日、第2章が4月27日と、各章は1日で完結している。

    物語は、1982年4月10日の福岡県I市「もとまちタウン」からはじまる。ひまわり幼稚園の年長組になった「ぜのん」は、「ツルタせんせい」から「大正神社の裏山に危険な動物が住み着いたので、近づかないよう」に注意される。幼稚園では連日、正義のヒーロー「Xレンジャー」の話題で持ちきりだったが、なんとそのXレンジャーを裏山で見たという園児が続出。幼なじみの「なるみ」から「Xレンジャーに会いに行こう」と誘われたぜのんは早速、裏山へと向かう。

    なるみとともに裏山でバケモノを退治しながら、Xレンジャーとの出会いを果たすぜのん。「フヒフヒ」と呼ばれる敵も倒して、なんとか無事に家へ帰り着くことができた。こうして、ぜのんの1年間にわたるドキドキワクワクの冒険が幕を開ける……。

    バクレツ系やカチコチ系の「とくぎ」を駆使して、バケモノを蹴散らせ

    「Moon Whistle XP」では、ダンジョンなどを探索してバケモノを倒しながら、ゲームを進めてゆく。戦闘は基本的にランダムエンカウント形式。フロントビュー型のターン制バトルが採用されている。敵との戦闘に突入すると、「戦う」「ならびかえ」「逃げる」のいずれかを選択する。戦闘に参加できる人数は4人まで。「ならびかえ」で隊列の順番を変えられる。一部の戦闘を除けば、敵からは高い確率で「逃げる」ことが可能。危険だと思ったら「逃げる」を選択しよう。

    「戦う」を選択すると、バトルがはじまる。戦闘方法は物理的に相手を攻撃する「こうげき」と、MPを消費するスキル攻撃「とくぎ」の2種類。「とくぎ」には、バクレツ系やカチコチ系、デンゲキ系など、さまざまな属性攻撃のほか、「グースカ」などの状態異常を引き起こすものもある。技名の後ろに「!」がついているものは全体攻撃となる。一撃必殺で大きなダメージを狙うか、多めの敵に全体攻撃を行うか、状況に応じて使いこなそう。

    マップ上のいたるところには「わきみず」が湧いている。「わきみず」を飲むと、HP/MPが全快するだけでなく、状態異常も治してくれる。わきみずを見かけたら、なるべく飲むようにしよう。

    メンバー全員のHPが0になって「きぜつ」してしまうと、ゲームオーバー。幼稚園のおひるねルームから再度プレイすることになる(特にペナルティはない)。ある程度無茶な戦い方をするのもひとつの方法だ。

    ぜのんの「とくぎ」のひとつに「でんしゃごっこ」がある。「でんしゃごっこ」を使うと、戻りたい場所に一瞬で戻ることができる。戦闘中やイベント中で使えないときもあるが、MPを消費せずに使用できるなど、マップ移動の際には重宝する。有効に使いたい。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    苦手な文字だけ練習することもできる。常用漢字とJIS第1水準漢字が収録された「ペン字練習プリント」作成ソフト「真筆」
    苦手な文字だけ練習することもできる。常用漢字とJIS第1水準漢字が収録された「ペン字練習プリント」作成ソフト
    「真筆」
    さまざまな種類のファイルを仮想フォルダで一括管理。重複ファイルの削除も行える文書管理ソフト「Titan」
    さまざまな種類のファイルを仮想フォルダで一括管理。重複ファイルの削除も行える文書管理ソフト
    「Titan」
    レベルを選択して保存するだけ。ザラついた写真をワンクリックで鮮明にできる画像ノイズ除去ソフト「PhotoDenoise」
    レベルを選択して保存するだけ。ザラついた写真をワンクリックで鮮明にできる画像ノイズ除去ソフト
    「PhotoDenoise」
    操作手順を画面キャプチャとテキストとで連続記録。操作説明資料作成の手間を大幅に軽減してくれるソフト「クリックキャプチャーHi」
    操作手順を画面キャプチャとテキストとで連続記録。操作説明資料作成の手間を大幅に軽減してくれるソフト
    「クリックキャプチャーHi」
    OCR機能を搭載し、画像内の文字列をテキスト化することも可能なPDF変換ソフト「Renee PDF Aide」
    OCR機能を搭載し、画像内の文字列をテキスト化することも可能なPDF変換ソフト
    「Renee PDF Aide」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    20以上の章からなる現代風RPG。ストーリーも戦闘も非常によく作り込まれている。特に子ども視点での描き方が秀逸で、まるで自分が本当の園児になったかのような感じを覚える。裏山や神社などを友人と駆け回るシーンでは、昔こんな風に走り回りながら冒険したなぁと、プレイしていて懐かしい気持ちに包まれた。さすがにバケモノとは戦わなかったが……。

    こうしたゲームの世界観を壊さないよう、随所に細やかな気配りがされている点も好印象。例えば、回復アイテムが「おにぎり」「おべんとう」「10えんチョコ」「ウメジンタン」というのもそのひとつ。子どもの冒険には、やはりおにぎりとおやつは欠かせない。マップが小さな町に限定されているのも「主人公が子どもだから」という理由だろう。しかし狭い町の中でも、さまざまな仕掛けが用意されており、長いストーリーの中で謎が徐々に明らかにされてゆく過程には、本当にワクワクした。章は20以上あるが、イベントが1日完結型なのでダレることはない。「一度に長時間プレイできなくても、ゲームを中断しやすい」という点でも親切な設計になっている。

    戦闘の難易度は低め。よほどのことがなければ、詰まることはない。敵に手こずるようなら、ちょっと立ち止まってレベルを上げるのも手だが、エンカウント率が少々高めに設定されているせいか、「マップをかけずり回っているうちに、勝手にレベルが上がっていた」という印象だ。デスペナルティもなく、セーブも好きなところでできる。システムに関しては、特に引っかかるところもなく、快適にプレイできた。

    物語、戦闘、ともによくできた作品だが、個人的にこのゲームの最大の魅力は、ストーリー全編にわたって散りばめられた謎の数々だと思う。NPCのちょっとした台詞に重要な意味が隠されていることもある。これらの謎が少しずつ明らかになってゆく過程を、童心に返って主人公たちとともにドキドキワクワクしながら楽しんでいただきたい。

    (早川 陽子)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    本作は1999年10月に公開された、コンテスト受賞作「Moon Whistle」のリメイク版です。しかし、制作に使用したツールが「RPGツクール95」だったため、最近のWindows XP以降のパソコンではうまく起動しなかったり、起動しても画面表示がおかしかったりする不具合が多発していました。そこで、最近のパソコンでも遊べるように、「RPGツクールXP」にて移植、リメイクを行おうと決めました。

    コンテスト受賞作のため、主催元に相談したところ、快諾していただけました。リメイクに際して、オリジナルを完全に再現するのではなく、個人的に気に入らなかった部分を改善するように心がけました。

    開発中に苦労した点
    単なる「移植」ではなく、「リメイク」すなわち「一部を変更する」と決めていたのですが、これが苦しみの種となりました。どこを変更して、どこをそのままにすればよいのか……。シナリオのプロットを書いては捨てる日々が続きました。結局、完成版では変更点を最小限にとどめ、大筋はオリジナル版に従う形になりました。この結果、オリジナル版をプレイした人にとっても、久しぶりに2周目をプレイするような、懐かしい気分で楽しんでもらえるようになったと思います。

    ユーザにお勧めする使い方
    シナリオを駆け足でクリアして攻略してゆくのも一つの楽しみ方でしょうが、町の中をゆっくり歩き回り、民家や施設の中の人の台詞に耳を傾けたり、家具や本棚などを調べてみたりすることをおすすめします。本作は、このようにシナリオ攻略に関係ない日常の描写に力を入れていますので。また、隠し要素も多数入れています。リメイク前の版にも隠し要素は多数ありましたが、本作ではさらに追加されています。隠し要素は強力な技や武器や防具が手に入るものもあるため、攻略に有利になることでしょう。ぜひ、探してみましょう。

    今後のバージョンアップ予定
    公開後、大きなバグは報告されていないものの、致命的でない小さなバグや誤字・脱字、不自然な言い回しが報告されたり、「ここをこうしてほしい」という要望が寄せられたりしたため、公開後4日で最初のアップデートを行いました(Ver.1.00→1.01)。今後もみなさんからのご要望や不具合報告があれば、これまで同様、俊敏に応えてゆきたいと思います。

    (神無月サスケ)

    ● Moon Whistle XP Ver.1.02
  • 作 者 : 神無月サスケ さん
  • 対応OS : Windows 7/Vista/XP/Me/2000/98
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.moonwhistle.org/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    Moon Whistle XP 1.04b 幼稚園児が主人公の町歩きRPGのリメイク版 (5,687K)




    最近のレビュー記事
    ネットラジオレコーダーJUKEBOXネットラジオレコーダーJUKEBOXnew!!ネットラジオレコーダーJUKEBOX
    ジュークボックスのデザインとアニメが気分を盛り上げる。海外2,000局以上が登録済みのネットラジオ録音・再生ソフト
    MiGrep2MiGrep2MiGrep2
    Office/PDFファイルなどの検索も可能。エクスプローラのコンテキストメニューからも利用できる、軽快なGrepソフト
    ラジ録11 Windows版ラジ録11 Windows版ラジ録11 Windows版
    radiko.jp「タイムフリー」の録音が可能に。自動曲間分割機能も搭載した、ネットラジオ録音ソフトの新バージョン
    きゃぷつれきゃぷつれきゃぷつれ
    保存ファイル名の柔軟な設定が可能。煩わしい操作不要で快適に使える、シンプルなスクリーンキャプチャ
    FileOptimizerFileOptimizerFileOptimizer
    シンプルなインタフェースで使いやすい。275以上の拡張子に対応したファイルサイズ削減ソフト
    「面白いと思ったマンガを、その時、誰かに薦めたい!」2017年ノミネート作品発表!
    2017年ノミネート作品発表!
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年5月】

    VOICEROID2 結月ゆかりVOICEROID2 結月ゆかり
    「喜び」「怒り」「悲しみ」の感情表現が可能。マルチボイスにも対応した“定番”入力文字読み上げソフトの新バージョン
    TKPhotoMosaicTKPhotoMosaic
    素材用サンプル画像を同梱。インストール後、すぐに試すことができる、簡単操作のモザイク画像作成ソフト
    CubeNoteCubeNote
    起動して、サッとメモを書いたら、それで完了。余計な操作は不要の、シンプルなメモソフト
    音街ウナTalk Ex音街ウナTalk Ex
    イントネーションの調整なども簡単。入力した言葉や文書を「音街ウナ」が自然な合成音声で読み上げてくれるソフト
    キッズランドキッズランド
    自然の仕組みや日常生活での適切な対応などを遊びながら学べる、低年齢向けの知育ソフト


    「Moon Whistle XP」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.