その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2011.01.13 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > 脳(ブレイン)戦隊 メモレンジャー

脳(ブレイン)戦隊 メモレンジャー

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
脳(ブレイン)戦隊 メモレンジャー
メモレンジャーに変身し、脳力を駆使してミュータントと戦う長編戦隊SF-RPG
Windows Vista/XP/Me/2000/98  フリーソフト
脳(ブレイン)戦隊 メモレンジャー
  • ゲーム画面。脳神経科学の専門知識が随所に盛り込まれたユニークなシナリオ


  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • RACSコンソールを使うことで、キャラクタの各脳力を強化できる
  • オペレータと小まめに連絡を取り、さまざまな情報を入手しよう


  • 五人のメンバーが中心となり、「メモレンジャー」に変身してミュータントと戦う、戦隊モノ風味のSF-RPG。

    脳のリミッタを解除して変身し、人類を襲うミュータントを殲滅せよ

    「脳(ブレイン)戦隊 メモレンジャー(BrainForce MEMORANGER)」は、最新の脳神経科学研究の知識が随所に盛り込まれた、ボリューム満点の長編戦隊SF-RPG。ゲームの制作には、第一線で活躍する科学者が数多く参加。総計200人以上のキャラクタ、400種類以上のミュータントが登場する。多くのサブシナリオが絡み合う、フリーシナリオに近い形式のシステムとなっている。

    ゲームの主人公は、脳に秘められた高い「脳力」を駆使して戦う「メモレンジャー」の五人。メモレンジャーの戦う相手は、人々の気づかない間に世界中に広がった異種変異生物「ミュータント」。能力が高く、通常の人間の力ではとても対抗できない。対抗できるのは脳のリミッタを解除して、限界近くまで力を出せるメモレンジャーだけ。そしてメモレンジャーになれるのは、類い希な脳のポテンシャル(脳力)を持つ者だけだ。その高い脳力値で新たにスカウトされた「ロベルト=前野」「織部葉子」「アミグダーラ」と、すでにメモレンジャーとして活躍する「美条閣蒼」「矢城海刃」の二人を合わせた五人の戦いが、ここにはじまる……。

    メインキャラは五人だが、サブイベントをクリアすることで使えるようになるキャラなどが別途、用意されている。

    変身しての戦闘と変身しないでの戦闘をバランスよく行い、キャラを成長させよう

    ゲームシステムはやや複雑。まず、戦闘そのものは一般的なRPGツクール作品と同様のターン制。出現した敵(ミュータント)とフロントビュー形式で戦う。戦闘方法は2種類ある。各キャラクタは変身せずにそのまま戦うことも、またコンバータを使って1ターンを消費し、メモレンジャーにトランスミット(変身)して戦うこともできる。

    変身すると、メモレンジャー専用の特殊な武器(ソードとフェイザー)を使えるようになり、スキルなどの威力も強力になる。ソードとフェイザーを使って攻撃することで、RACSコンソールにPP(Plasticity Point)と呼ばれるエネルギーを蓄積することも可能だ。

    キャラクタのレベルアップは、戦闘で自動的に行われることはない。キャラクタの戦闘力を強化するにはRACSコンソールを使用し、たまったPPをATK/DEF/CON/AGLの各パラメータに割り振る必要がある──つまりキャラクタを強くするには、変身した上でソードかフェイザーを使って戦闘しなければならない。

    新たに強力なスキルを身につける(閃く)には、変身しないで戦う必要がある。そのためキャラクタをバランスよく成長させるには、2種類の戦闘方法を上手に使い分けなければならない。新たなスキルは、特定のスキルを使い込むことで、当該スキルから派生したものを習得することが可能。ストーリーが進むと、習得したスキルを連係させて発動できる連係複合攻撃(Synfire Chain)も使用できるようになる。基本的な考え方としては「倒すのに手こずるような強力な敵を相手にしたときは変身して戦い、すぐに倒せるような敵の場合はそのまま戦う」ようにすればよい。

    余裕ができたら開発セクションを訪れて、武器・防具やアイテムを強化しよう

    メモレンジャーの武器・防具や攻撃・回復アイテムなども強化できる。武器・防具のカスタマイズは、武器防具開発セクションで行う。カスタマイズには、ダンジョンの探索やミュータントとの戦闘で時折入手できるバイオチップを使用する。必要な数のバイオチップを使うことで、より強力なウェポンやアーマー、ヘルメットを作成することができ、以降の戦闘を楽にしてくれる。作成した武器・防具は(メニューで)装備する必要がある。

    スロット開発セクションでは、「スロット」と呼ばれるアイテムを使ったスキルを開発できる。開発したスキルをRACSコンソールを使って装備することで、特殊脳力による攻撃や回復が可能になる。一度装備したスロットは、装備変更すると古いものがなくなってしまう。開発には、戦闘で得られたDNAチップをお金のように投資する必要がある。投資は全額一括ではなく、分割払いすることが可能だ。

    RACSコンソールは、スロットの装備や戦闘力強化に使えるほか、NeuroNetworkを使った、本部オペレータとの情報交換にも利用できる。オペレータからは、現在置かれている状況やイベントに応じて、さまざまな情報を得ることが可能。通信で得られた情報をもとに、新たなイベントが発生することもある。

    RACSコンソールにはそのほかにも、

    • PP値を配分してBrainStormレベルを上げることで、技の習得率を上げる機能
    • Mutant Surveyと呼ばれるミュータント図鑑機能
    などが装備されている。RACSコンソールはゲームの中心となる重要なアイテムなので、バッテリー切れで使えなくなったりしないよう、本部で小まめに充電しよう。
     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ「Textify」
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    「Textify」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ「窓フォト」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    「窓フォト」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト「FreeMove」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
    「FreeMove」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    ボリューム満点、やり応え満点のSF-RPG。脳神経科学、生物工学系の知識が満載され、そうしたジャンルに興味のある人にも刺激的でおもしろいだろう。独特なシステムが採用されているものの、基本的には一般的なRPGと大きく変わる点はない。専門知識などがなくても、十分に楽しむことができる。

    最大の特徴は、なんといってもボリューム感。全11章からなるメインストーリーのほかに、30近いサブイベント、総勢200名を超える登場人物が用意され、ストーリーを完全に理解するには最低でも30時間以上が必要。じっくりとやり込めば、100時間以上は楽しめる充実ぶりだ。

    クリアに時間がかかるといっても、決して経験値稼ぎや資金稼ぎによる水増しではない。「脳(ブレイン)戦隊 メモレンジャー」では、むしろそうした部分で時間を浪費しないですむような工夫が随所になされている。効率よくクリアしたければ、ダンジョンでミュータントと延々と戦闘を繰り返すより、むしろ積極的にさまざまなイベントをクリアするようにした方がよいだろう。

    プレイする上での注意点は、キャラクタの強化は自動ではほとんど行われず、RACSコンソールを使ってプレイヤー自らの手で行わねばならないということ。うっかり一般的なRPGのようなつもりでプレイしていると、ハマることがある。忘れないでほしい。

    (秋山 俊)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った背景
    科学をより身近に感じてもらうにはどうしたらよいか?──いわゆる教育ソフトとは違う視点で、科学に親しんでもらえるような「学習ゲーム」を作ってみようというのが発端です。ゲーム中の呪文やアイテム名などは、遊んでいる間に何度も目にするために、自然と頭に残ります。本や講義などで、ゲーム中で出てきた用語などに出合った際に、「あぁ、あの用語はこれだったのか!」という体験は誰しも経験したことがあるはず。ならば、これを科学用語で置き換えたらどうか? というコンセプトで作成してみました。

    作品について
    「科学をエンターテインメントへ」というコンセプトに多くのご賛同をいただき、これまでに多くの商業誌やWebサイトで紹介していただきました。また2010年には、独立行政法人科学技術振興機構(JST)主催の「サイエンスアゴラ 2010」で発表し、「科学に親しめる、これまでにないゲーム」と評価していただく機会を得ることができました。子どもからマサチューセッツ工科大学研究生まで楽しめる「メモレンジャー」。ぜひ、多くの方にプレイしていただきたいと思います。

    お勧めのポイント
    ゲーム好きな方に楽しんでいただけるよう、キャラの育成やシナリオなど、自由度の高い作品になるようにシステムを工夫しました。パーティをとことん強化したいプレイヤー、逆に制限プレーなどのやり込みが好きなプレイヤー……。幅広い方に楽しんでいただける内容になっています。

    お問い合わせ・謝辞
    ゲームの攻略法や不明な点については、回答できる範囲でホームページ掲示板にてお答えしております。バグ報告などの情報も随時承っておりますので、お気軽にご利用ください。また、今回Ver.3に更新する際、これまでにいただいたご意見をご参考にさせていただき、ゲームバランス等の調整を行いました。多くのプレイヤーさんのご協力のおかげで、よりよいものにすることができました。この場を借りて深謝申し上げます。

    (村田 真角)

    ● 脳(ブレイン)戦隊 メモレンジャー Ver.3.0
  • 作 者 : 村田 真角 さん
  • 対応OS : Windows Vista/XP/Me/2000/98
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://kiagene.web.fc2.com/
  • 補 足 : 動作にはRPGツクール2000 RTPが必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    脳戦隊メモレンジャー(BrainForce MEMORANGER) 3.1 科学技術振興機構主催「サイエンスアゴラ2010」出展作品 (48,932K)




    最近のレビュー記事
    ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14new!!ZOOM PLAYER MAX 14
    シンプルなインタフェースに多彩な機能を搭載。安定した動作やカスタマイズ自由度の高さなどが特徴のメディアプレイヤー
    SterJo Startup PatrolSterJo Startup PatrolSterJo Startup Patrol
    新規アイテムの追加監視機能を備えた、シンプルなスタートアップ管理ソフト
    やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0
    OCRエンジン、画像補正エンジンを改善し、さらに精度を向上させた簡単・高機能な名刺管理ソフト
    わが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Mini
    v4でグラフ機能を追加。強力な入力支援機能で快適に使える、シンプルな家計簿ソフト
    Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16
    最高4Kまでの高解像度スライドショーの作成にも対応。スマートなインタフェースで使いやすい、高速表示の画像管理・編集ソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年12月】

    DaigoDaigo
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    Recover Keys 2Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン
    PDFelement 6 ProPDFelement 6 Pro
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「脳(ブレイン)戦隊 メモレンジャー」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.