その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2011.01.08 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > 魔人封印伝

魔人封印伝

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
魔人封印伝
30枚のデッキを使い、魔物と戦いながら塔の最上階を目指す、双六のようなカードゲーム
Windows 7/Vista/XP/2000  フリーソフト
魔人封印伝
  • ゲーム画面。カードの移動力を使って、マスを移動してゆく


  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 五つのエリアからなる100フロアの塔を、50週のうちにクリアしよう
  • カードバトルの勝敗は、双方のカードの攻撃力と耐久力で決まる


  • カードバトルと双六を混ぜたようなルールのゲーム。最大30枚のカードからなるデッキを使い、フロアを移動したり、魔物と戦ったりしながら、塔の最上階を目指す。

    カードと魔術を駆使して全100フロアを突破し、塔の最上階を目指す

    「魔人封印伝」は、カードバトルと双六とを折衷したような、ユニークなルールのゲーム。プレイヤーは、さまざまなトラップをかいくぐって魔物と戦いながら、魔人復活を阻止するために、100階以上ある塔の最上階を目指さなくてはならない。最大5種類の魔術を使ってトラップを回避したり、GOLDを増やしたり、塔から帰還したりすることもできる。

    ゲームの主人公は「アトラ」(名前と性別はゲーム開始時に変更できる)。アトラは、異世界の少女「セレティナ」に召還され、強引な説得により、この世界に恐怖と悲劇をもたらす魔人の復活を阻止するという使命を押しつけられる。魔人は「ヴェルビケスの塔」と呼ばれる建物の最上階に封印されているが、その封印は弱まりつつあり、あと1年もすれば完全に消滅してしまうという。そのため、期日までに塔の最上階にたどり着き、封印を強化してほしいというのだ……。

    塔の最上階にある封印の間にたどり着くには「幻惑迷宮」「呪霧の森」「殺戮工房」「四凶之間」「吸魔宮」の五つのエリアすべてを、順番に制覇する必要がある。各エリアはそれぞれ20フロアからなり、踏破すべきフロアは計100に上る。魔人復活の日は50週後。それまでに最上階に到達するのがアトラに課せられた使命だ。

    移動するたびに変わるフロア属性を上手に使い、効率よく移動して戦おう

    ゲームには、最大30枚のカードで組めるデッキを使う。開始時に「召還見習デッキ」を与えられるが、新たに購入するか、セレティナから与えられるかで手持ちのカードを増やし、デッキを編集して強化したり、新たなデッキを組んだりすることもできる。組めるデッキは最大8個まで。そのうちのひとつを装備して塔に向かう。

    魔術師の店で「セルオット」から魔術を教えてもらうことも可能。習得した魔術は、MPを消費して発動でき(習得すると、常時効力を発揮する魔術もある)、効力はフロアを移動するまで続く(マスを変化させるようなタイプの魔術などは除く)。習得できる魔術は五つまで。それを越えて新たな魔術を習得すると、先に習得した魔術が一つ失われる。

    塔内の移動は双六のような形式で行う。各フロアには18のマスがあり、カードを使って、カードごとに定められた移動力の数だけマスを進むことができる。ゲーム画面左上に丸囲みで表示されたフロア属性と同じ属性(色)のカードを使った場合は、移動力が倍になる。移動力を上昇させる魔術も存在する。18マスを越えると、次のフロアの最初のマスに移動する。

    画面左上の円内には最大魔力(MP)と現在の魔力が表示される。塔内で魔力が0になるか、カードをすべて使い切ってしまうと、探索は強制的に中断され、ペナルティとして1ヵ月(4週)が失われてしまう(普通に帰還した場合は1週が過ぎる)。

    戦闘に完全勝利して魔法石を獲得し、最大MPの値をまとめて増強しよう

    各フロアのマスの中にはマークが表示され、止まるとイベントが発生するものがある。発生するイベントは、魔物との遭遇と戦闘、GOLDの獲得、魔力石の獲得(最大MPアップ)、ワープ、GOLDの喪失、MPの喪失など、多数がある。

    魔物に遭遇すると、1体から5体の魔物との戦闘となる。出現した魔物のカードは裏向きになっており、正体はプレイヤーがカードを出すまでわからない(先に魔物の正体を見破る魔術も存在する)。戦闘の勝敗は、双方のカードの攻撃力と耐久力の数値で決まる。最初の1体は魔物が先攻で、次の1体はプレイヤーが先攻。以降は交互に先攻と後攻が入れ替わる。ただし、先制攻撃のスキルを持っているカードの場合は、本来の先攻・後攻にかかわらず、先攻となる。

    カード1体ごとの戦闘は、まず先攻側が攻撃をし、対戦相手に攻撃力の数字だけダメージを与える(カードの属性とフロア属性が一致している場合は攻撃力が倍になる)。攻撃された方はダメージの分、耐久力の数字が減少する。これにより耐久力が0になると負け。耐久力が0にならなかった場合は攻守が入れ替わる。戦闘は、勝敗が決するまで繰り返される。

    1体ごとの戦闘で負けると、アトラのMPが魔物の攻撃力分だけ喪失し、勝つとGOLDを獲得できる。すべての魔物との戦闘終了後、戦績によってMPを喪失したり、獲得したりする。完全勝利すると、ボーナスとして魔法石を獲得できる。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windows 10の「設定」項目をツリーで表示。目的の項目をすばやく開けるようにするソフト「設定 一直線」
    Windows 10の「設定」項目をツリーで表示。目的の項目をすばやく開けるようにするソフト
    「設定 一直線」
    計算過程を残したまま、一画面内で複数の計算を行うことができ、クリップボードに一発転送できる関数電卓ソフト「計算メモ」
    計算過程を残したまま、一画面内で複数の計算を行うことができ、クリップボードに一発転送できる関数電卓ソフト
    「計算メモ」
    数多くのプロトコルに対応。詳細な解析を行える高機能ネットワークプロトコルアナライザ「Wireshark」
    数多くのプロトコルに対応。詳細な解析を行える高機能ネットワークプロトコルアナライザ
    「Wireshark」
    保持・管理できる履歴は最大10,000件。初心者から上級者まで快適に使える高機能クリップボード拡張ソフト「Clibor」
    保持・管理できる履歴は最大10,000件。初心者から上級者まで快適に使える高機能クリップボード拡張ソフト
    「Clibor」
    オフィス文書やPDF、画像ファイルの内容を“パラパラと閲覧”しながら確認できる“ビジュアル検索”ソフト「LeafThrough」
    オフィス文書やPDF、画像ファイルの内容を“パラパラと閲覧”しながら確認できる“ビジュアル検索”ソフト
    「LeafThrough」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    サイコロの代わりにカードの数値を利用してマスを移動する、ユニークなルールのカードゲーム。表向きの最大5枚のカードから適切な移動力のものを選んでプレイできるため、一見簡単で思い通りに移動できそうに思える。ところがこれが意外に難しい。開いているカードの中にちょうど適切な移動力のものがないと、目的のマスに止まることができないからだ。

    カードを使って移動するたびに、フロア属性がランダムに変化することもゲームを難しくしている。フロア属性と属性が一致したカードは嫌でも移動力が倍になるため、予定していたカードがいきなり使えなくなってしまうことがある。大抵の場合は、目的のマスで止まることを諦めて通り過ぎればよいが、残りカード枚数が少ないときに「帰還碑」で止まれないと帰還できず、あとには4週を失うペナルティが待ち受けているだけに厳しい。こうしたことを防ぐためにも、なるべく早い段階で「帰還」の魔術を習得しておくことをお勧めする。

    うまく移動して魔物との接触を避け、まったく戦闘をしないで進むこともできるが、これはお勧めできない。戦闘を行うと、カードを魔物の数だけ消費し、負けたときのリスクもあるが、逆に完全勝利したときのボーナスも期待できる。最大魔力を効率よくアップさせるには、カードに余裕がある状態で戦闘を行うのが一番だ。

    (秋山 俊)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    最初は、ゲームセンターのアーケードにある「対戦型カードゲーム」のようなものを作ろうと考えていました。しかし、なかなかおもしろいものができず、いろいろと考えた挙句に、すごろく要素を採り入れ、このゲームシステムに落ち着きました。世界観はもともと別の作品(ボツとなったRPG)で考えていたので、それを流用しました。そのため、カードに描かれているキャラクタすべてにちゃんと設定があります。

    開発中に苦労した点
    カードバトルのバランスには特に気を遣いました。「弱いカードでも、頭を使えば勝てるようになる」ようなシステムを目指し、ルールやスキルなどを練って、試行錯誤を重ねました。

    ユーザにお勧めする使い方
    カード切れ or 魔力ゼロによるゲームオーバーにさえ気をつければ、バットエンドは回避できると思います。最初は適当に遊んでみて、慣れてきたら「カード」と「魔術」をうまく利用した戦略を練ってプレイするとおもしろいかもしれません。

    また、さくさくゲームプレイしたい人向けに、演出スキップ機能を搭載しています。ぜひ活用してください(【Ctrl】キーで演出スキップ。ゲームスピードを格段に上げることができます)。

    今後のバージョンアップ予定
    現時点では、他作品からのゲストキャラで、新しいカードを作ろうと考えています(早くても2011年3月以降)。

    (あとらそふと)

    ● 魔人封印伝 Ver.1.2.2
  • 作 者 : あとらそふと さん
  • 対応OS : Windows 7/Vista/XP/2000
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://atorasoft.blog18.fc2.com/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    魔人封印伝 1.2.3 カードと魔術を駆使して塔の最上階を目指しましょう! (106,686K)




    最近のレビュー記事
    VectorMapMakerVectorMapMakernew!!VectorMapMaker
    無償で公開されている基盤地図情報などを利用して、高精度なDXF形式地図を作成できるソフト
    しゃべる時報とアラームしゃべる時報とアラームしゃべる時報とアラーム
    時報を前後にシフトさせてしゃべらせることも可能。自由にカスタマイズできる多機能時計/アラームソフト
    コピペ達人 DL版コピペ達人 DL版コピペ達人 DL版
    スクリーンキャプチャ機能と文字コード変換機能を備えた、シンプルなクリップボード拡張ソフト
    額プチ額プチ額プチ
    ツールボタンの順に操作してゆけばOK。デジカメ写真の枠加工とリサイズに特化した、わかりやすい画像加工ソフト
    Chat&MessengerChat&MessengerChat&Messenger
    サーバ不要、難しい設定不要で、すぐに使うことができる。スケジュール管理なども可能な“超”多機能メッセンジャーソフト
    「面白いと思ったマンガを、その時、誰かに薦めたい!」2017年ノミネート作品発表!
    2017年ノミネート作品発表!
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年4月】

    ココ消し君ココ消し君
    写真の指定範囲を「消す」「目立たせる」「隠す」ことに特化した、簡単操作の写真加工ソフト
    FileInfoListFileInfoList
    指定フォルダ内のファイル/フォルダ情報を一覧表示。HTML/CSV/TXT形式で出力できるソフト
    俺のキーボード俺のキーボード
    「【BackSpace】+【Delete】で一行消し」などを行える“俺=作者”仕様のキーボード機能拡張ソフト
    パパッと電子印鑑3Premiumパパッと電子印鑑3Premium
    よく使う印鑑をサッと押せる「印鑑パネル」を新搭載。印影の画像取り込みにも対応した“本格”電子印鑑作成ソフト
    Space traveler!Space traveler!
    次々と繰り出される多彩な“ギャグ”や“悪ノリ”に爆笑必至。テンポよく楽しめる短編RPG
    HDD Sentinel PRO 5HDD Sentinel PRO 5
    “異常の兆候”を見逃さず、トラブルに早めに対処。表面テストなども行える高機能ディスク監視・解析ソフト


    「魔人封印伝」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.