その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2010.12.23 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > LB コピー ワークス12

LB コピー ワークス12

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
LB コピー ワークス12
2TB以上の大容量ハードディスクにも対応した、“丸ごと”コピーソフトの新バージョン
Windows 7/Vista/XP/2000  製品:試用不可
LB コピー ワークス12
  • メイン画面。従来バージョンを踏襲した、わかりやすいデザイン。はじめてでも戸惑うことなく操作できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 「ハードディスクコピーウィザード」画面。対話形式での設定終了後は、仮想操作として保留状態となる
  • 「設定の編集」画面。特定の処理が行われた際、メールで通知するように設定することも可能

  • ハードディスク内のデータを、OSを含めて“丸ごと”コピーできるソフト。GPTディスクや2TB以上の大容量ハードディスクにも対応する。

    「LB コピー ワークス」は、ハードディスクの交換やデータバックアップなどの際に、簡単な操作でディスクの内容をコピーできるソフト。重要なデータやインストール済みのアプリケーションも、Windowsを使いながら、別のハードディスクにコピーできる。新バージョン「12」では、GPTディスク/2TB以上のハードディスク(RAIDボリュームを含む)に対応したほか、コピーしたハードディスクを別のパソコンで起動できる「スマートコピー」機能も追加された。さらに、コピー元より小さい容量のハードディスク/SSDへのコピーも可能になった。対応するハードディスクはIDE/E-IDE、SCSI、シリアルATA、SAS、USB、IEEE 1394など。Windows 7/Vista/XPのほか、LinuxなどのUNIX系OSのディスクをコピーすることも可能。インストールしてアプリケーションとして起動することも、(起動用)CDから起動して利用することもできる。

    メイン画面は、ハードディスクの情報が表示されるエリア(ディスクビュー)と、コピーを実行するためのタスクエリアに大きく分けられる。ディスクビューには、パソコンに接続されたハードディスクの情報や選択中のハードディスクに関する基本的なスペック、パーティション構成などが表示され、コピー元/コピー先のハードディスクについて事前にチェックできる。

    コピー作業には、1回のみ実行する「コピータスク」と、スケジュールに従って定期的に実行される「スケジュールタスク」とがある。コピータスクには、ボタンをクリックするだけで対象のハードディスクなどを自動判定して処理を行う「ワンクリックウィザード」のほか、「ハードディスクのコピー」「パーティションのコピー」が用意されている。スケジュールタスクでは「ハードディスクのスケジュールコピー」「パーティションのスケジュールコピー」を利用できる。

    いずれもウィザードによる対話形式で設定を行い、完了するといったん仮想操作として保留状態となる。その後「適用」を実行することで、実際にコピーが行われる仕組み。保留状態の仮想操作では、設定を確認したり、取り消しを行ったりすることが可能(設定により、仮想操作を行わずに直接、コピーを実行するようにもできる)。実際のコピーはバックグラウンドで動作するため、パソコンで別の作業をしながら、コピーを行える。「ホットプロセッシング」機能により、使用中の(ロックされている)ファイルでもコピーすることが可能だ。

    コピーでは、仮想操作のON/OFFの切り替えのほか、除外対象ファイルや差分コピー、あらかじめ指定した処理が行われたときにメールで通知する機能の利用などを設定できる。基本的なコピー機能のほかには、パーティションのフォーマットやドライブ文字の割り当て、ボリュームラベルの変更、ファイルシステムの整合性チェック、削除パーティションの復元などの操作を行える。

    そのほかにも、

    • MBR(マスターブートレコード)の更新や基本スロットの変更
    • GPTやダイナミックディスクからベーシックディスクへの変換
    • ファイルのみのコピーを行う「ファイル転送ウィザード」
    • コピーしたハードディスクを他のパソコンで使う場合の「OS調整ウィザード」(CD起動の場合に使用できる)
    など、多彩な機能を備えている。
     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    「ハードディスクを丸ごとコピーしてくれる」というと、ついトラブルに備えてのドライブ交換といった緊急的な──言い換えるとめったにない──場面をイメージしてしまうかもしれない。しかし、よく見ると実はもっと身近で、使いやすそうな機能を備えていることがわかる。

    ウィザードや仮想操作のおかげでパソコン初心者でも安心だし、アプリケーション実行中でも処理が可能なバックグラウンド動作、処理にかかる時間そのものを短縮できる差分コピーオプションといった機能は、日ごろのバックアップ作業の負担を、時間的にもまた心理的な面でも軽くしてくれるだろう。また、不要なファイルを除外するフィルタ機能は、「バックアップに必要なデータだけを選ぶ」作業を軽減してくれる。いわば、ファイル管理的な役割まで担ってくれるわけで、コンスタントにデータをバックアップしておきたい人にとってはなかなか頼りがいがある。

    さらにいえば、搭載・接続されたハードディスクのスペックや利用状況のチェック、簡単なパーティション管理機能なども使うことができ、意外に利用範囲は広そうだ。

    対応するハードディスクの種類やOSなどは、本文で紹介しきれなかった細かな条件や制限がある。大容量ドライブやダイナミックディスクなどを利用している方は、アーカイブに同梱された(または作者のホームページからダウンロードできる)マニュアル(PDF)で確認していただきたい。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    「LB コピー ワークス12」は、これまでに14万セット以上の販売実績を持つハードディスクやSSDの複製(コピー)を作成するユーティリティの新バージョンです。

    「LB コピー ワークス12」を使用すれば、Windowsやアプリケーション、Word/Excelなどのデータ、写真やムービーなど、ハードディスクの中身を丸ごと別のハードディスク/SSDへコピーすることができます。ハードディスクの入れ替え/SSDへの交換時や、バックアップ用のハードディスクを作りたい場合など、安全・簡単・高速にハードディスクのコピーを作成することができます。

    今回のバージョンでは、2TBを超える大容量ハードディスク、GPTディスクへ対応したほか、コピーしたハードディスクを別のパソコンでも起動できる「スマートコピー」機能も追加されました。

    お勧めの使い方
    ハードディスク/SSDの交換時にご利用いただくことが多いのですが、バックアップ用途でもお勧めの製品です。

    「バックアップはしておきたいが、何をバックアップすればいいかわからない」
    「バックアップは手間も時間がかかり、面倒そう」
    という方もいらっしゃるかと思います。最近では、大容量のハードディスクも安価で入手しやすくなっていますので、コピー先のハードディスクさえご用意いただければ、簡単に現在使っているハードディスクを丸ごとコピーしておくことができます。

    万一の際には、コピー先ディスクからコピー元ディスクへ書き戻すことが可能です。また、パソコンが壊れてしまった場合でも、データは圧縮せずにそのままコピーされていますので、別のパソコンにハードディスクを接続すれば、すぐに必要なファイル使用することができ、安心です。

    ((株)ライフボート)

    ● LB コピー ワークス12 Ver.10.0.15
  • 作 者 : (株)ライフボート さん
  • 対応OS : Windows 7/Vista/XP/2000
  • 種 別 : 製品:試用不可
  • 作者のホームページ : http://www.lifeboat.jp/
  • 補 足 : ライセンスの購入は「LB コピー ワークス12」ダウンロード・お支払いページから行える。2011年1月13日までは特価3,780円で購入できる


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品プロレジ・シェアレジ(4,320円(税込))
    LB コピーワークス13 SP1 ハードディスク/SSDを丸ごとコピー! ハードディスクの交換やバックアップに最適 (417,083K)




    最近のレビュー記事
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーnew!!ホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    ToMoClipToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    筆王 Ver.22 ダウンロード版筆王 Ver.22 ダウンロード版
    使いやすい「素材パレット」を搭載。顔に犬のパーツを合成できる「おもしろ顔スタンプ」が追加された「筆王」の新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「LB コピー ワークス12」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.