その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2010.12.01 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > iEdit

iEdit

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
iEdit
ツリー構造とダイアグラムを自由に扱える、柔軟性の高い“アイデアプロセッシング”支援ソフト
Windows 7/Vista/XP  フリーソフト
iEdit
  • メイン画面。アウトライン機能とチャート作成機能がひとつになった4ペイン構成のレイアウト

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 線やキャプションを使い、ノードの関係を図式的に表すことが可能
  • ノードのラベル文字や色、形、文字の配置などは自由にアレンジできる

  • アイデアやメモをツリー形式のテキストとダイアグラム(チャート)の両方で表現できるソフト。階層構造に当てはまらないような関係でも図式化したり、リンクを使って表現したりできる。

    「iEdit」は、アウトラインプロセッサとダイアグラム作成ソフトの両機能を兼ね備えた、発想支援・情報整理のためのソフト。メイン画面は、

    • ノード(見出し)を階層的に管理する「アウトラインビュー」
    • ノードの関係を図式化して表現する「ネットワークビュー」
    • ノード間の関係(階層構造とは別)を表す「リンクラインビュー」
    • ノードに属するテキストを編集するための「テキストビュー」
    の4ペインで構成され、それぞれが連携してユーザの“アイデアプロセッシング”を支援する。

    「アウトラインビュー」は、見出しの階層や順序といったアウトライン構造を操作するためのもの。ツリー上のノードをクリックすると、当該ノードに含まれるテキストが「テキストビュー」に表示される仕組み。「アウトラインビュー」と「テキストビュー」との関係だけを見れば、一般的なアウトラインプロセッサと変わるところはなく、ノードのレベルや順序を変更したり、下位のノードを折り畳んだり、展開したりといった操作を行える。

    「ネットワークビュー」は、ノード間の関係を図で表したもの。「アウトラインビュー」上でノードを作成すると、対応するノードが「ネットワークビュー」にも作成される。逆も同様。「ネットワークビュー」上でノードを作成すれば、「アウトラインビュー」にノードが追加される。「ネットワークビュー」に配置されたノードは、ドローソフトのように、自由に動かしたり、文字や枠線の種類、色、枠内での文字の配置などを変更したりすることが可能だ。

    ノードは、四角や楕円などの基本的な形状だけでなく、拡張メタファイル(EMF)を使ったシェイプを割り当てることも可能。(フローチャートの)記号や写真などを使ったチャートも作成できる。ただし、ひとつのネットワークビュー(同じ画面)に表示されるのは、アウトラインビュー上で同レベルにあるノード(兄弟関係)だけとなっている。

    階層構造以外の関係を表すには「リンク」を用いる。「リンク」は「ネットワークビュー」上ではノード間を結ぶ線として表され、矢印のない線のほか、一方向のみの矢印や双方向の矢印、さらには継承や集約といった関係性を表すことができる。線の太さや色を変更したり、キャプション(説明文)を書き込んだりといった編集を行うことも可能だ。

    「リンク」が設定されたノードを選択した場合は、当該ノードに関するリンクの一覧が「リンクラインビュー」に表示され、一覧からリンク先のノードへ移動したり、元のノードへ戻ったりできるようになる。リンクは、他のノードへ設定するほかに、自分自身に設定することも可能。ファイルやWebページのURLなどを登録することもできる。

    「ネットワークビュー」上では、ノードの整列や自動レイアウト、関連する(リンクしている)ノードをまとめて移動できる「芋づるモード」などのレイアウト機能を利用することが可能。「MindMap的入力」機能を使うと、新たにノードを作成すると同時に、線を引いてくれる。

    作成した文書は、独自のバイナリ形式(*.iedx)またはXML形式で保存することが可能。「ネットワークビュー」で作成したチャートやテキストビュー内の文書を印刷することもできる。そのほか、文字列の検索・置換、データのエクスポート/インポートなども可能だ。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”「Quick Eye」
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    「Quick Eye」
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション「Iperius Backup FREE」
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    「Iperius Backup FREE」
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト「PDFelement 6 Pro」
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    「PDFelement 6 Pro」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール「Daigo」
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    「Daigo」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    見出し(ノード)を使って、テキストを階層的に整理するアウトラインプロセッサは、長文の構成を検討したり、データを系統的に整理したりするのに適したソフトだ。しかし、ツリー構造では関係性をうまく表現できなかったり、チャート化した方がわかりやすくなったりする場合も多い。逆にチャート型のソフトは、ノード間の関係性は表現しやすいものの、各ノードに細かい情報を書き込むといった使い方に適しているとは言い難い。

    「iEdit」の強みは、このような2種類のソフトを統合したところにある。従来のアウトラインプロセッサが備えていた「階層構造による管理や文字情報量の多さ」「文字検索の容易さ」といった特徴はそのままに、図式化による表現力やリンクを使った新たな検索性などが加わったことで、情報の収集や整理、管理、表現のアプローチがより多彩になっている。

    使い方は、アウトラインプロセッサやビジネスグラフィックソフトの延長上といっていいもので、これらについてある程度の知識さえあれば、スムーズに馴染めそうなところも魅力のひとつだ。マニュアル自体が「iEdit」の文書ファイルとなっているので、実際に試しながら目を通していけば、より早く理解できるだろう。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    開発を開始したのは10年も前なのですが、そのころ「インスピレーション」などのアイデアプロセッサやUMLモデリングツールなどを使っていて、「一般用途でもグラフ構造や階層構造を気軽に使えるツールがあれば重宝するかも」と考えたのがきっかけです。この手のソフトウェアも少なかったですし。

    開発中に苦労した点
    プログラムを作成することよりも、限られたプライベートの時間を使ってマニュアルを作ったり、ユーザさんからの問い合わせに対応したりというのが大変です。

    ユーザにお勧めする使い方
    「iEdit」の活用記事をWebでちらほら見かけるようになりました。小説やゲームのプロット作成に使われている方もいるようです。作図機能もそこそこあるので、概念的な図を作ることにも使えます。

    アイデアプロセッサですので、アイデアの発散と収束に使っていただくのが本来的な使い方だと思っています。マインドマップ的入力機能やキーボードでの直接入力機能でノードをガンガン入力して発散し、芋づる機能、グループとアウトライン連携機能などを駆使して収束させるなど。マニュアルには動画も載せて解説していますので、ご覧ください。

    HTML出力機能を強化し、SVGやPNGなどの出力にも対応しているので、「iEdit」で作成した内容を再利用・活用できます。マインドマップツールからデータをクリップボード経由で取り込む機能もあります。マインドマップよりもレイアウトの自由度が高いので、マインドマップで行き詰まったときにデータを「iEdit」に持ってきて、アイデアを発展させるということもできます。

    今後のバージョンアップ予定
    Windows版の方は細々とメンテナンスしてゆく予定です。Silverlight版を試作したりしています。iPhone/Windows Phone 7など、モバイルデバイスへの展開も画策しています。

    (kondoumh)

    ● iEdit Ver.1.96
  • 作 者 : kondoumh さん
  • 対応OS : Windows 7/Vista/XP
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://kondoumh.com/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    iEdit 2.21 アウトラインプロセッサーとダイアグラムエディターが融合したアイデアプロセッサー (1,341K)




    最近のレビュー記事
    Ashampoo Snap 10Ashampoo Snap 10new!!Ashampoo Snap 10
    充実した編集機能や多彩なキャプチャモードが特徴。動画のキャプチャも可能な高機能スクリーンショット作成ソフト
    MyMemoMyMemoMyMemo
    入力、リストの二つのウィンドウで構成されるメモソフト。分類、標題、検索などで、目的のメモにすぐにアクセスできる
    ギュギュっと超圧縮PROギュギュっと超圧縮PROギュギュっと超圧縮PRO
    圧縮後のファイルを対応アプリケーションでそのまま開いて編集できる。解凍操作不要の“ファイル軽量化ソフト”
    WheelPLUSWheelPLUSWheelPLUS
    ホイール非搭載機種でホイール操作を可能に。多彩な機能でマウス/トラックボールの操作性を向上させるソフト
    WinOptimizer 15WinOptimizer 15WinOptimizer 15
    アプリケーションが作成する一時ファイルなどの自動削除も可能。一本でさまざまな高速・最適化処理を行えるオールインワンソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2018年1月】

    sugurusuguru
    高度なGoogle検索を簡単に実行できる。Googleを利用した検索の効率化を図り、精度を向上させるためのソフト
    やるぞ!確定申告2018 for Windowsやるぞ!確定申告2018 for Windows
    申告書類の縮小イメージで確認しながら戸惑うことなく操作できる、充実サポートの確定申告書作成ソフト
    CalcTape FreeCalcTape Free
    計算過程を確認でき、途中で修正することもできる、ユニークなインタフェースの電卓ソフト
    iMyFone Umate Pro:iOSクリーンアップiMyFone Umate Pro:iOSクリーンアップ
    iOSデバイス内にたまった不要ファイルや個人データを一括削除し、「モタつき」「空き容量不足」を解決
    7+ Taskbar Tweaker7+ Taskbar Tweaker
    タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「iEdit」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.