その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2010.09.23 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > クラインポットの迷宮

クラインポットの迷宮

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
クラインポットの迷宮
選んだスキルを駆使してコンピュータキャラと戦う、ターン制の勝ち抜きバトルゲーム
Windows 7/Vista/XP/Me/2000/98/NT  フリーソフト
クラインポットの迷宮
  • ゲーム画面。多彩なスキルを駆使して敵にダメージを与え、バトルの勝利を目指す

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • AP値の数だけ連続攻撃が可能な「サンダー」は、発動されるとやっかいなスキル
  • 入手したスキルの中から10個を選び、対戦相手に適したセットを組もう

  • 勝ち抜き戦形式のバトルゲーム。スキルを組み合わせて、コンピュータが操る敵と戦う。

    50種類以上のスキルによる多彩な攻防が楽しい

    「クラインポットの迷宮」は、10個のコマンドスキルを駆使して敵と戦う、ステージクリア型の勝ち抜きバトルゲーム。セット内のスキルを上手に組み合わせてコンボを決め、コンピュータが操る敵キャラに勝利することが目的。勝つことで新たなコマンドスキルを手に入れることができるほか、次のステージへの挑戦権も獲得でき、より強力な敵と戦えるようになる。対戦相手に応じてスキルセットを組み替え、相手の弱点を突くコンボを発動させて、バトルに勝利しよう。

    ゲームの特徴は、豊富なコマンドスキルを駆使することで、多彩な戦術を展開しながら敵と戦えること。用意されたコマンドスキルは50種類以上。コマンドスキルには、効果をイメージ化したイラストと簡単な説明とが付く。プレイヤーは手持ちのスキルの中から10個を選び、バトルに使うセットを組んでゆく。

    コマンドスキルには、敵にダメージを与え、敵のライフ値を減少させる攻撃系のものが多いが、それ以外にもさまざまなスキルが用意されている。例えば、「電撃無効」「火炎無効」など、敵の特定の属性攻撃を無効にする防御系のスキルや、「ファイアブラスト」「イビル・ワーム」など、攻撃とともに敵のスキルを別のスキルに書き換えてしまうものもある。

    「サンシャイン」「スターピース」などといった、自分のライフ値を増やす回復系のスキルも当然、用意されている。AP値が尽きるまで連続発動できる「サンダー」や「スターピース」と、AP値を増やせる「ムーンライト」との組み合わせは、上手に使えば、かなり効果的。敵のAP値を減らせる「隕石」といったスキルもある。

    通常スキルとオート・アビリティをバランスよく組み合わせてセットを組もう

    コマンドスキルは、

    • 自分のターンのときに、プレイヤーの指定で発動する「通常スキル」
    • 条件が揃ったときに自動的に発動する「オート・アビリティー」
    に大別される。通常スキルには、個別に使用回数(AP値)が設定され、0になるとスキルを使えなくなる。また、すべての通常スキルがいつでも自由に使えるわけではない。スキルによっては、偶数ターンまたは奇数ターンにのみ使えたり、自分のライフ値が相手より低い場合にのみ使用できたりといった制限が存在する。

    「オート・アビリティー」は、プレイヤーが操作することはできないが、その代わりにAP値が存在せず、条件さえ満たせば自動的に何度でも発動する。オート・アビリティがどれほど発動しても、自分のターンでの通常スキルの使用には影響しない(1ターンで複数のスキルを発動でき、お得だ)。ただし、スキルセットをオート・アビリティばかりで固めると、敵のスキルの構成次第では手詰まりになってしまうこともある。

    攻撃系スキルの中には、敵のライフ値を減らすだけでなく、「追加効果」を発動するものもある。例えば、「隕石」は相手に与えるダメージは4と攻撃力は低いが、「魔力漏洩」の追加効果があり、敵スキルのAP値を1減らしてくれる。「ムーンライト」を持たない敵には大きな効果がある。そのほかにも、例えば「怪魚」の「火炎封印」のように、敵の特定スキルを1ターンの間使用不可能にする「封印」という追加効果を持つスキルもある。

    スキルを充実させ、対戦相手に応じた最適なスキルセットを組んで勝負に挑もう

    ルールはシンプルだ。ゲームはターン制で、対戦ごとに先攻と後攻がランダムに決定される。ゲーム開始時点でのライフ値は、双方ともに100。自分のターンにコマンドスキルをひとつ選んで発動させ、自分のライフ値が0になる前に相手のライフ値を0にすることができれば勝利となる。

    ターン数に制限はない。しかし、使用回数に従って威力が増す「火炎弾」や、経過ターン数に応じて威力の増す「イチモクレン」といったスキルもあり、敵がこうしたスキルを持っている場合には、あまり長引かせないようにした方がよい。勝利条件はあくまでも「どちらかのライフ値が0になる」ことなので、一方が攻撃手段を失って手詰まりとなってしまった場合でも、そのままバトルは継続する。

    プレイヤーの手持ちコマンドスキルは、ゲーム開始時点では10種類ちょうどだが、戦いに勝利することで、ランダムに新たなコマンドスキルを入手することができる。セレクト画面で「スキルセットアップ」を選択することで、入手したスキルを交えた新たなセットに組み直すことが可能。スキル書き換え系やスキル破壊系のスキルは、スキルリストの一段目や十段目など、スキルの並び順に従って効果を発揮する。重要なスキルを守るためには、スキルの並び順を調節することも大切だ。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ「Textify」
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    「Textify」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ「窓フォト」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    「窓フォト」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト「FreeMove」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
    「FreeMove」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    非常によくできた、おもしろいバトルゲームだ。ルールがシンプルなため、すぐに覚えることができ、1プレイが短時間で終わるので、気軽に繰り返しプレイを楽しむことができる。バトルの形式がカードバトルゲーム風なので、トレーディングカードゲームが好きな人には特にお勧め。「その手のゲームは、これまでやったことがない」という人の入門用としても最適だろう。

    欲をいうならば、プレイできるのが対コンピュータ戦のみで、対人戦ができない点が惜しい。バトルゲームとしてよくできているだけに残念だ。個人的にはスキルセットアップ画面の操作性──特に並べ替えに関する部分──にちょっと不便に感じたので、この点の機能強化を期待したい。

    だがもちろん、コンピュータ戦は非常によくできており、バトルゲームのおもしろさを存分に味わうことができる内容となっている。対戦に勝利してステージが進むにつれ、プレイヤーも新たなコマンドスキルを入手して強力になる一方、敵キャラもより強力なコマンドスキルを持ったものが登場するようになる。しかも、それまでのステージで開発した必勝コンボを無効にするか、発動する前に叩き潰してくるようなスキルを持った敵が必ずどこかの時点で登場するといった具合だ。どんな強力なコマンドスキルにも必ずそれに対応したコマンドスキルが用意されているようで、ゲームバランスはよい。

    背景のグラフィックやスキルのイラスト、敵キャラのデザインなども味がある。幅広く、誰にでもお勧めできる秀逸なゲームだ。

    (秋山 俊)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    戦略性の高いトレーディングカードゲームに夢中になり、自分もそういうゲームを作ってみたい、という気持ちから、このゲームを作りました。ただ、従来のカードゲームは、ルールが複雑だったり、準備に時間がかかったりなど、とっつきにくさもあります。「なるべくシンプルに楽しめるゲームになれば」と考え、お馴染みのRPGの戦闘に近いスタイルをとっています。

    開発中に苦労した点
    一番大変だったのは、対戦相手のAIがなかなか賢い行動を取ってくれないところでした。AIについては今後の課題でもあります。

    ユーザにお勧めする使い方
    いろいろな効果を発揮する技があり、使用する組み合わせやタイミングが重要になってきます。その試行錯誤を楽しんでもらえれば幸いです。

    今後のバージョンアップ予定
    バグや不具合があれば、修正する予定です。内容を変更したり、拡張したりなどの予定はありません。

    (take)

    ● クラインポットの迷宮 Ver.1.1
  • 作 者 : take さん
  • 対応OS : Windows 7/Vista/XP/Me/2000/98/NT
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://homepage3.nifty.com/vabu/
  • 補 足 : 動作にはDirectX 8.0以降が必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    クラインポットの迷宮 1.2 知略を駆使してバトルするゲーム (7,719K)




    最近のレビュー記事
    SterJo Startup PatrolSterJo Startup Patrolnew!!SterJo Startup Patrol
    新規アイテムの追加監視機能を備えた、シンプルなスタートアップ管理ソフト
    やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0
    OCRエンジン、画像補正エンジンを改善し、さらに精度を向上させた簡単・高機能な名刺管理ソフト
    わが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Mini
    v4でグラフ機能を追加。強力な入力支援機能で快適に使える、シンプルな家計簿ソフト
    Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16
    最高4Kまでの高解像度スライドショーの作成にも対応。スマートなインタフェースで使いやすい、高速表示の画像管理・編集ソフト
    DaigoDaigoDaigo
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年12月】

    Recover Keys 2Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン
    PDFelement 6 ProPDFelement 6 Pro
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    Iperius Backup FREEIperius Backup FREE
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「クラインポットの迷宮」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.