その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2010.04.20 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > TrueRemote

TrueRemote

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
TrueRemote
独自コーデックにより“超高速”に動作する、マルチモニタ対応のリモートアクセスソフト
Windows 7/Vista/XP/2000  フリーソフト
TrueRemote
  • クライアントモードで動作中の画面。独自コーデック「GaeBolgVideoCodec」により、軽快に動作する

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • サーバモード設定画面(画面左)では、Windowsのサービスへの登録が可能。クライアントモード設定画面(画面右)では、コーデックや色深度などを指定できる(画面は合成)
  • マルチモニタを使用している場合は、表示させるモニタをクライアント側で指定できる

  • 独自コーデックで“高速”“高画質”な画面転送を実現したリモートアクセスソフト。インストールや面倒な設定は不要で、すぐに使いはじめることができる。

    「TrueRemote」は、ネットワーク接続されたサーバマシンの画面をクライアント側のウィンドウ内に表示し、キーボードやマウスでリモート操作を行えるようにするソフト。クリップボードの共有やファイルの転送なども可能。作者・IchiGekiさんによる「ZeroRemote」の後継にあたり、新コーデック「GaeBolgVideoCodec」の搭載やマルチモニタ機能の追加などが行われた。

    利用するには、リモート操作される側で「TrueRemote」を「サーバモード」で、また操作する側では「クライアントモード」で起動する。サーバ/クライアントともプログラムは共通で、メニューでモードを選択できるようになっている。Windowsのサービスとして動作させることも可能。サービスとして設定しておけば、サーバ側がログオンしていない状態でもリモート操作を行える。

    「サーバモード」では、待機するIPおよびポート番号を指定できるほか、リモート操作の有効/無効、接続のためのパスワードなどを指定できる。リモート操作を無効にした場合は、クライアント側からの操作が禁止され、“ビューオンリー”となる。

    「クライアントモード」では、IPとポート番号で接続先サーバを指定する。リモート操作の有効/無効を指定することも可能(クライアント側で有効を指定した場合でも、サーバ側で遠隔操作が無効にされている場合は、クライアントからの操作はできない)。さらに、スクロール機能のON/OFFを指定することもできる。スクロール機能は、クライアントのウィンドウをリサイズした場合、画面を縮小表示するのではなく、元のサイズのまま表示し、スクロールバーで画面スクロールを行えるようにするもの。スクロール機能がOFFの場合は、クライアント側のウィンドウをリサイズすると、ウィンドウサイズに合わせてサーバのデスクトップが拡大・縮小される。

    クライアント側では「Quality(色深度)」「Codec(コーデック)」を設定することも可能。Qualityは18bit/21bit/24bitカラーから選択できる。Codecは、「TrueRemote」用に新規開発された高圧縮・高画質の独自コーデック「GaeBolgVideoCodec」を利用できるほか、パソコンにインストールされた他のコーデックを利用することも可能。通常は初期設定の「GaeBolgVideoCodec」から変更する必要はなく、極めて軽快に動作する。

    マルチモニタにも対応する。サーバ側でマルチモニタを使用している場合は、クライアント側で「何番目のモニタを表示させるか」を選択できるようになる。

    そのほか、サーバ−クライアント間でクリップボードの内容を共有したり、ファイルを転送したりといったことも可能だ。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    ネットワーク経由で他のパソコンの画面を表示するリモートアクセスソフトには、Windows標準の「リモートデスクトップ」や、フリーの「VNC」など、さまざまなものがある。ただし、機能的には一長一短で、なかなか「これ」というものがない。

    例えば、フリーで使用でき、さまざまなOSにも対応する「VNC」は、Windows XPまでなら十分に利用価値のある選択肢だったが、Windows 7の世代になってくるとちょっと欠点も見えてくる。最大の欠点が「描画が遅い」こと。たしかにWindows 7をサーバにしても、Aeroを禁止したり、壁紙を禁止したりなどの工夫をすれば、それなりに実用的な選択肢となる。とはいえ、逆にいえば、工夫をしなければ実用的な速度にならない。普段と同じ使い勝手は得られない。

    では、Windows標準のリモートデスクトップはどうか? Windows 7のリモートデスクトップ同士ならAeroを使用していてもかなり実用的な速度で動作するので、速度面では合格といえる。また、Windows 7のリモートデスクトップではマルチモニタにも対応する。しかし、Windows XPからWindows 7に接続するような場合にはAeroは使えないし、Windows 7同士であっても、マルチモニタを使用するとAeroは使えなくなる。

    「TrueRemote」は、作者・IchiGekiさんの前作「ZeroRemote」と同様、パフォーマンスの点で非常に優れている。Windows 7でAeroを使用してもパフォーマンスが落ちないのも「VNC」との大きな差だ。しかも、サーバ側でマルチモニタを使用している場合にも対応できるようにもなった。複数のパソコンを使いこなす人にとって、お勧めのリモートアクセスソフトだ。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    IchiGekiと申します。

    「TrueRemote」は、独自開発したマルチコア対応映像圧縮コーデック「GaeBolgVideoCodec」を利用した超高速リモートデスクトップです。本ソフトウェアはフリーソフトとしてリリースしておりますが、開発当初から「映像圧縮」「映像転送」「遠隔操作」の三つの技術は、ビジネスモデルとして他社に技術提供することを見据えておりましたので、以下の課題をクリアすることを重点に考えておりました。

    • 高画質……可逆圧縮、無劣化の静止画像の転送は可能か?(医療分野、工業分野用途)
    • 高速処理……映像の高速圧縮処理、高速転送処理は可能か?(映像関連メーカー用途)
    • 安定性……サーバ用OS上および長時間の稼働は可能か?(データセンター用途)
    さらに、それぞれの課題に対して一般用ではなく、各業務分野を想定することにより、ハードルを厳しく設定いたしました。

    結果的に「高画質」「高速処理」は、アセンブラ言語やマルチコア対応映像圧縮コーデックを用いることにより実現し、「安定性」は構造設計およびソースプログラムを非常にシンプルにすることで、実現することができました。業務用としても十分通用するソフトウェアに仕上がったと思います。

    今後の予定に関しましては、当blogの「TrueRemoteを開発したIchiGekiの新しいブログ。」に順次掲載していきたいと思いますので、ぜひともご覧いただければと思います。

    「TrueRemote」の今後に、ぜひともご期待ください。今後ともよろしくお願い申し上げます。

    (IchiGeki)

    ● TrueRemote Ver.1.1.0
  • 作 者 : IchiGeki さん
  • 対応OS : Windows 7/Vista/XP/2000
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://blog.x-row.net/
  • 補 足 : 4月19日現在、作者のホームページでは18bitカラーでの圧縮率の向上などが図られたVer.1.1.1 β3をダウンロードできる


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    TrueRemote 1.2.6 超高速リモートデスクトップ(マルチコア対応、マルチコーデック対応、マルチモニター対応) (150K)




    最近のレビュー記事
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーnew!!ホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    ToMoClipToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    筆王 Ver.22 ダウンロード版筆王 Ver.22 ダウンロード版
    使いやすい「素材パレット」を搭載。顔に犬のパーツを合成できる「おもしろ顔スタンプ」が追加された「筆王」の新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「TrueRemote」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.