その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2009.12.17 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > LETHAL・APPLICATION

LETHAL・APPLICATION

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
LETHAL・APPLICATION
射撃の反動で空中を移動しながら上空を目指す、手強いアクションシューティングゲーム
Windows 7/Vista/XP/2000  フリーソフト
LETHAL・APPLICATION
  • 敵や壁を破壊しながら、バリアに追いつかれる前に上昇してゴールを目指す

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 見かけはかわいらしい3人の美少女が激しい戦いを繰り広げる
  • バーストモードを上手に使って、手強い敵を一気に粉砕しよう

  • 独特の操作感を持つ、高難易度のアクションシューティングゲーム。飛行もジャンプもできない美少女型戦器を操作して、敵と戦いながら上空を目指す。

    エネルギー残量がライフと残弾とを兼ねたユニークなシステム

    「LETHAL・APPLICATION(りーさるあぷりけーしょん)」は、かわいい女の子の外見をした戦略級小型戦器を、射撃の反動を利用しながら空中移動させ、敵と戦ってゆくアクションシューティングゲーム。

    ゲームの主人公は、地人が開発した自律機構強襲小型戦器「アップリカ」。外見はかわいらしい女の子だが、非常に高い戦闘力を有し、性格はかなり粗暴で自己中心的。そんなアップリカが目覚めたのは、見知らぬ施設の中。どうやら敵の空側陣営の施設のようだ。状況のわからないまま、アップリカはとりあえず空を目指してみる……。

    アップリカがいたのは、敵陣営の真っ直中だった。目に入るものはすべて敵の施設や敵の兵器。遠慮なく破壊しながら、ひたすら上空を目指して移動しよう。下からはジワジワと電磁バリアがせり上がってくる。グズグズしているとバリアに接触し、ダメージを受けてしまう。

    アップリカは目覚めたばかりでエネルギーが十分ではなく、本来の性能を発揮することができない。「LETHAL・APPLICATION」では、エネルギーがライフと残弾両方の役割を担っているため、メインウェポンの弾丸を発射しても、敵弾を食らってもエネルギーが減少し、エネルギーが0になると自爆してしまう。「エネルギー回復アイテム」を発見した場合は、できる限り確保するようにしたい。エネルギーの最大値はスコアと連動する。エネルギー最大値が上昇する瞬間にはエネルギーが全回復する特典もあり、スコア稼ぎも重要だ。連続して敵を破壊することで獲得スコアが高くなる「Break-CHAIN」システムなどを上手に使い、アップリカの性能を目覚めさせよう。

    エネルギーを消費しないSPウェポンを使って、行く手を阻む壁や敵を粉砕

    操作は、キーボードまたはゲームパッドで行う。床に足を着けている間は【←】/【→】キーで左右に移動。空中では【↑】/【↓】/【←】/【→】で向きを変えて、武器の発射方向を変えられる。

    アップリカは、飛行はもとよりジャンプすることもできない。そのため、空中を移動するには、動きたい方向と逆の方向に武器を発射し、その反動を利用する。メインウェポン(バルカン)の発射は【Z】。キーを押し続けると自動連射し、連打すると高速連射となる。バルカンの発射は1発につきエネルギーを1消費する。

    【X】では、選択中のスペシャルウェポン(SPウェポン)を発射できる。SPウェポンは、エネルギーの消費なしに発射することが可能で、ゲーム中盤以降は攻撃の主力となる。エネルギーの代わりにSPゲージを消費して発射される。最初から使用できるSPウェポンは「バズーカ」のみだが、アイテムを取ることで、他の武装も使えるようになる。複数のSPウェポンを使用できる状態のときは、【C】(進める)または【V】(戻す)でウェポンを切り替えられる。

    「バズーカ」は巨大な弾を発射する、頼もしい武器。威力があり、効果範囲も広いため、敵をまとめて粉砕できる。ただし弾速が遅く、動きの速い敵に当てるのは難しい。連射性能にも劣る。

    「ソード」は光の剣。自分の周囲を一周して斬ることができる。リーチは短いが、空中を移動しながら上下や後方の敵を攻撃したり、壁を破壊したりすることが可能。壁だらけのステージでは特に威力を発揮する。

    「サンダー」は、低速で飛ぶ紫色の巨大な光球を発射する。貫通力が高く、壁なども突き抜けて進むが、威力はあまり高くない。使いどころの難しい兵器だ。

    「レーザー」は、光の粒を発射する。連続して発射することで線状にもなる。反動がほとんどなく、その場で敵を連続攻撃するのに便利だ。

    対ボス戦では、バーストモードを効果的に使用することが勝利の鍵

    メインウェポンおよび各SPウェポンはそれぞれ専用のパワーアップアイテムを3個取るごとに、レベルが1上昇する。パワーアップアイテムは「レッド・ガンナー」と呼ばれる赤い敵を倒すと出現する。レッド・ガンナーを見つけたら確実に倒して、アイテムを手に入れたい。

    【Z】+【X】を2秒ほど押し続けると「バーストモード」が発動する。バーストモードは、発動した瞬間にエネルギーを全回復し、「攻撃補助ビットを2機展開」「防御障壁強化」「SPゲージ回復力増加」「メインショットエネルギー消費カット」「反動移動速度増加」「エネルギー自動回収」「チェインタイム減速」といった効果が現れる“超強力”なモード。絶体絶命のピンチの際などに発動すると、絶大な効果がある。その代わり、エネルギーの消耗は非常に激しい。しかもステージクリアをするか、ボスキャラを倒すかするまでは、解除できないというリスクもある。ステージ序盤からの使用は避けた方がよい。

    ステージ数は全部で10。合間にはボスキャラとの対戦ステージも挿入される。ボスキャラとして登場するのは、空側陣営に所属する元護衛戦専用戦器「クラリーノ」と、クラリーノの直属の上司「ディスカ」。ディスカは人間のため、直接的な戦闘力は持たないが、指令官機「ロッツディスカ」に搭乗し、自ら廃品で制作した私設部隊を率いて、恐るべき物量作戦を展開する。ゲーム中、クラリーノとディスカが交互に敵として立ち塞がり、その際の会話でゲームに秘められたストーリーの謎が徐々に解き明かされる。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト「ToMoClip」
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    「ToMoClip」
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾「Excel便利機能ボタン集2」
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    「Excel便利機能ボタン集2」
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト「FileShelf Plus」
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト
    「FileShelf Plus」
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト「練馬」
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    「練馬」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    操作が独特で、はじめのうちこそ戸惑うが、慣れるにつれてどんどんとおもしろくなる、病みつき必至のアクションシューティングゲーム。

    最大の特徴は「武器を発射した反動を利用して、空中を移動する」こと。カーソルキーの操作が一般的なゲームとは正反対になるため、慣れるまではなかなか目的の方向に進むことができない。しかも、敵を攻撃するときや壊せる壁を破壊する際には、反転して通常の操作に戻さなくてはならない。ある程度やり込んで操作に慣れるまでは、なかなか対応できずに手こずらされるだろう。

    いったん操作に慣れて、アップリカをある程度自在に動かせるようになると、ステージの攻略が実におもしろくなる。何より重要なのは、SPウェポンを上手に使うこと。移動しながら敵や壁を破壊するにはソードが便利だし、一気に破壊・殲滅するにはバズーカが威力を発揮する。SPウェポンを効果的に使えるようになれば、通常ステージはもう楽勝といってもよい。

    問題は、なんといっても対ボス戦だ。ひたすらボスに攻撃を当て続け、アップリカのエネルギーが尽きる前に倒すしかない。バーストモードをタイミングよく発動するのが効果的だ。

    (秋山 俊)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    はじめはほんの軽い気持ちだったんですよ。「銃の反動で大気圏突破したらバカだよなー」みたいなノリで。それが、作ってる間に世界背景とかレベルUPシステムとか、カンに裏ドラがついてきたかのごとく、いろいろとやりたいことが出てきちゃって……。気がついたら、話もボリュームもウチのサークル史上最大規模になっていました。

    開発中に苦労した点
    ゲームバランスが綱渡りにもほどがある! て感じでした。さじ加減ひとつ間違うとゲームにならないほど楽勝だったり、クリア不可だったり。PCの回転速度の調節だけで1日潰したこともあります。完成したコレは「奇跡のバランス」だと思っています。

    ユーザにひと言
    ぶっちゃけ、このゲームには2周目が存在します。さらに言うなら、このゲームの本命は2周目です。手にとっていただけたなら、一度でいいから2周目も遊んでみてください。

    (大雪戦)

    ● LETHAL・APPLICATION Ver.1.02
  • 作 者 : 大雪戦 さん
  • 対応OS : Windows 7/Vista/XP/2000
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.daisessen.com/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    LETHAL・APPLICATION 1.02 銃の反動で宇宙まで飛べ! 独特の操作感を持ったアクションシューティング -りーさるあぷりけーしょん- (151,786K)




    最近のレビュー記事
    Recover Keys 2Recover Keys 2new!!Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン
    PDFelement 6 ProPDFelement 6 ProPDFelement 6 Pro
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    Iperius Backup FREEIperius Backup FREEIperius Backup FREE
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年11月】

    Advanced SystemCare 11 PROAdvanced SystemCare 11 PRO
    脆弱性の診断・修正もワンクリックで。システムの最適化や保護、スピードアップを手軽に行える“高速&快適化アプリ”
    窓フォト窓フォト
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    筆楽名人2018 for Win筆楽名人2018 for Win
    シンプルな操作画面ではじめてでも直感的に使える、“おしゃれ”な年賀状・はがき作成ソフト
    TextifyTextify
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    Driver Booster 5 PRODriver Booster 5 PRO
    アイドル時の自動インストールが可能に。100万以上のドライバーに対応する、簡単操作のドライバー更新ソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「LETHAL・APPLICATION」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.