その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2009.12.04 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > SecretX秘匿復号

SecretX秘匿復号

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
SecretX秘匿復号
ドラッグ&ドロップで使えて実行形式ファイルも作れる、手軽な暗号化・復号化ソフト
Windows 7/Vista/XP/2000  製品:試用可
SecretX秘匿復号
  • 「SecretX(秘匿)」。メイン画面またはショートカットアイコンへのドラッグ&ドロップで暗号化を行える

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 「SecretX(復号)」。復号するにはキーと保存先を指定するだけ。実行ファイルの場合も同様の操作で復号できる
  • コマンドラインからの実行やバッチファイルによる一括処理も可能

  • ファイルの受け渡しや配布を安全に行いたいときに便利な暗号化・復号化ソフト。復号化ソフトを持たない相手のために、実行形式で暗号化ファイルを作成することも可能。

    「SecretX秘匿復号」は、ドラッグ&ドロップで簡単に操作できるファイル暗号化・復号化ソフト。暗号化用「SecretX(秘匿)」と復号化用「SecretX(復号)」の二つのプログラムからなり、インストールするとデスクトップにそれぞれのショートカットアイコンが作成される。256bitの共通鍵暗号方式が採用されている。

    暗号化、復号化ともに操作は簡単。ファイルを暗号化するには「SecretX(秘匿)」を起動し、キーのタイプや保存先などのオプションを指定後、暗号化対象のファイルをメイン画面にドラッグ&ドロップすればよい。デスクトップのショートカットアイコンにドラッグ&ドロップした場合は、以前使用したオプション設定にもとづいて暗号化が行われる。

    暗号化で利用できるオプションは「キー種別」「秘匿先」「秘匿ファイル」の各項目。「キー種別」では、パスワード入力かキーファイルを利用するかを選択する。キーファイルはあらかじめ作成しておく必要があるが、操作そのものはキーファイルに名前を付けて保存するだけでよい。パスワード入力を指定した場合は、ファイルのドラッグ&ドロップ直後にパスワードの入力が求められる(キーファイルを指定している場合は、キーファイルにもとづいて、直ちに処理が行われる)。

    「秘匿先」では、作成された暗号化ファイルの保存先を選択する。「デスクトップ」「ファイルと同じ場所」「その他」から選択することが可能。「その他」を選んだ場合は、任意のドライブ/フォルダを指定できる。

    「秘匿ファイル」では、ファイルを単に暗号化する(「秘匿ファイルのみ」)か、「SecretX(復号)プログラム付き」で復号するかを選択する。「SecretX(復号)プログラム付き」を選択した場合は、実行形式(.exe)のファイルが作成され、「SecretX(復号)」を持たない相手でも、キーさえ知っていれば復号できるようになる。また、アーカイブ用ライブラリ「UNLHA32.DLL」がインストールされている環境では、暗号化と同時にLHA形式での圧縮を行うことも可能だ。

    「SecretX(復号)」で指定できるオプションは「キー」ファイルと「復号先」。パスワードで暗号化されたファイルをドラッグ&ドロップした場合は、プログラムが自動的に判別して入力用ダイアログボックスが表示されるため、キーファイルの選択などを行う必要はない。暗号化ファイルが実行形式の場合は、復号時にパスワードまたはキーファイルの指定と保存先の指定を行う。

    「秘匿」「復号」ともに、複数ファイルの一括ドラッグ&ドロップに対応する。「秘匿」の場合は、複数のファイルをまとめてドロップすると、すべてのファイルがひとつのキーワードまたはキーファイルで暗号化される。「復号」の場合は、パスワードで暗号化された複数のファイルをドロップすると、それぞれについてパスワードの入力が求められる。暗号化は、コマンドライン(コマンドプロンプト画面)から実行することも可能。バッチファイルを利用すれば、多数のファイルを一括処理することもできる。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”「Quick Eye」
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    「Quick Eye」
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション「Iperius Backup FREE」
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    「Iperius Backup FREE」
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト「PDFelement 6 Pro」
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    「PDFelement 6 Pro」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール「Daigo」
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    「Daigo」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    「SecretX秘匿復号」は、暗号化と復号化の2本のプログラムで構成されているが、そのほかに復号化のみに絞った「SecretX 復号」もあり、こちらはフリーで利用できる。それに加え、実行形式の場合は復号化用プログラム自体も不要なので、受け取る側にとって負担がないのはうれしい。「暗号化作業は1ヵ所で行い、作成された暗号化ファイルを幅広く配布したい」という用途には特にお勧めだ。

    実行形式の暗号化ファイルであっても、もちろんパスワードやキーファイルを指定しない限り、復号化はできない。最も安全な使い方は、キーファイルを使って暗号化し、さらに暗号化ファイルとキーファイルを別々に受け渡しすることだろう。

    簡単志向が徹底されていることも「SecretX秘匿復号」の特徴のひとつ。暗号化オプションでもアルゴリズムやレベルの設定といったものは必要ないし、キーファイルの作成も単に名前を付けて保存するだけなので、ユーザが迷うところはない。復号化時にはパスワードまたはキーファイルを指定し、保存先を選ぶだけだ。

    以上のような特徴から「パソコンの利用経験やスキルがまちまちのユーザを相手に幅広くファイルのやり取りをしたい」といった使い方に特に適している。ヘルプにはバッチファイルの例として、複数のファイルをひとつのキーで暗号化する方法や、ひとつのファイルを複数のキーを使って暗号化する方法なども紹介されているので、大量の暗号化処理を行わなければならないときは大いに活躍してくれそうだ。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    「SecretX (Ver.3.0.0.1)」では、従来の機能に加え、さらに簡単な操作で情報を保護すべく、パスワードによる暗号化機能を盛り込みました。「キーをメールで事前配布する」といった手間の削減で使い勝手が向上しており、「強固な暗号化としてはキーを使用」「簡易的にはパスワードを使用」といった使い分けが可能です。また、パスワード暗号は従来機能であるコマンド指定での暗号化にも対応しており、バッチファイル等を用いた定例作業の幅も広がります。

    今後もフォルダの暗号化や拡張子そのままでの暗号化など、さらに機能追加を予定しています。ぜひ、お試しください。

    ((株)総合システムサービス)

    ● SecretX秘匿復号 Ver.3.0.0.1
  • 作 者 : (株)総合システムサービス さん
  • 対応OS : Windows 7/Vista/XP/2000
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://www.sgs.co.jp/
  • 補 足 : 試用期間は30日間。ライセンスの購入は「SecretX秘匿復号」ダウンロード・お支払いページから行える


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品プロレジ・シェアレジ(3,240円(税込)) New
    SecretX秘匿復号 4.0 既に多くの導入実績があり、低価格で、コマンド実行も可能な簡単強固なファイル暗号化パッケージ (2,489K)




    最近のレビュー記事
    ギュギュっと超圧縮PROギュギュっと超圧縮PROnew!!ギュギュっと超圧縮PRO
    圧縮後のファイルを対応アプリケーションでそのまま開いて編集できる。解凍操作不要の“ファイル軽量化ソフト”
    WheelPLUSWheelPLUSWheelPLUS
    ホイール非搭載機種でホイール操作を可能に。多彩な機能でマウス/トラックボールの操作性を向上させるソフト
    WinOptimizer 15WinOptimizer 15WinOptimizer 15
    アプリケーションが作成する一時ファイルなどの自動削除も可能。一本でさまざまな高速・最適化処理を行えるオールインワンソフト
    sugurusugurusuguru
    高度なGoogle検索を簡単に実行できる。Googleを利用した検索の効率化を図り、精度を向上させるためのソフト
    やるぞ!確定申告2018 for Windowsやるぞ!確定申告2018 for Windowsやるぞ!確定申告2018 for Windows
    申告書類の縮小イメージで確認しながら戸惑うことなく操作できる、充実サポートの確定申告書作成ソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2018年1月】

    CalcTape FreeCalcTape Free
    計算過程を確認でき、途中で修正することもできる、ユニークなインタフェースの電卓ソフト
    iMyFone Umate Pro:iOSクリーンアップiMyFone Umate Pro:iOSクリーンアップ
    iOSデバイス内にたまった不要ファイルや個人データを一括削除し、「モタつき」「空き容量不足」を解決
    7+ Taskbar Tweaker7+ Taskbar Tweaker
    タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
    ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14
    シンプルなインタフェースに多彩な機能を搭載。安定した動作やカスタマイズ自由度の高さなどが特徴のメディアプレイヤー
    SterJo Startup PatrolSterJo Startup Patrol
    新規アイテムの追加監視機能を備えた、シンプルなスタートアップ管理ソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「SecretX秘匿復号」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.