その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2009.04.25 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > ポイント位置の文字列取得

ポイント位置の文字列取得

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
ポイント位置の文字列取得
デスクトップに表示された文字列をテキスト情報として取得できるソフト
Windows XP/Me/2000/98  フリーソフト
ポイント位置の文字列取得
  • 実行時の画面。「デバイスマネージャ」ウィンドウ(画面左)で、ルート(最上層)の文字列をポイント。下層に含まれるデバイスごとの情報をインデント付きテキストで取得できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 「マイコンピュータ」のウィンドウ情報。含まれる子ウィンドウの詳細な情報も取得できる
  • HTMLドキュメントのソースを取得することも可能

  • デスクトップ上の文字情報を取り込み、テキストとして利用・保存できるようにするソフト。テキストのほか、ウィンドウの詳細な情報を取得したり、WebページからHTMLソースを取り込んだりすることも可能。

    「ポイント位置の文字列取得」はその名の通り、マウスポインタで指された位置の文字情報をテキストとして取得できるソフト。マウスドラッグで選択できる文字列はもちろん、通常の操作では選択できないメッセージウィンドウ、ダイアログ内の文字、エクスプローラで表示されるファイル/フォルダリストなどを取得することも可能。Internet Explorerで表示されたHTMLドキュメントからもテキストを取り込める。最大65,536文字までの文字列を取得できる。

    メイン画面は、上下二つのテキストボックスから構成される。上段にはマウスポインタ直下にある文字列が、下段にはウィンドウ(デスクトップ)全体の文字列が一覧表示される。HTMLドキュメントの場合は、ポイント位置のテキストが上段に、タグを含むソースが下段に表示される。

    使い方は簡単。

    1. 起動して(ウィンドウ情報の取得の)「開始」を実行する
    2. 取り込みたい文字の上にマウスポインタを置く
    3. 情報の取得を「停止」する
    「開始」すると、マウスポインタ位置のウィンドウ情報がテキストボックスにリアルタイムで表示され、「停止」すると、テキストボックス内の情報が、現在表示されている文字列に固定される。

    取得した情報は、コピーしてテキストエディタなどに貼り付けて再利用することが可能。対象ウィンドウがHTMLドキュメントの場合は、取得対象をテキストのみにすることもできる。リストビューは、各行をタブ区切りまたはカンマ区切りにして取得できる。ツリービューでは、下位の階層をインデントして取り込むことができ(前にタブが挿入される)、Excelなどに貼り付ける際、テキスト内容がセルごとに適切に分割されるよう配慮されている。

    テキストだけでなく、

    • HTMLドキュメントでは、最上層からポイント位置までのタグ階層(タグ名、ID名)
    • それ以外のウィンドウでは、ウィンドウの詳細情報(ハンドル、クラス名、タイトル、位置、親ウィンドウ、子ウィンドウ情報)
    も取得できる。

    リストビューでのテキスト取得では、複数列のリストビューのうち「1列目のみ取得」するように設定することも可能。HTMLドキュメントからの取得時に、文字列が制限文字数を超えたとき、ファイルに保存する機能もある。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ「Textify」
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    「Textify」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ「窓フォト」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    「窓フォト」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト「FreeMove」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
    「FreeMove」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    ウィンドウに表示された文字列を簡単に取得できる便利なソフト。Windowsによって示されるシステム/デバイス(周辺機器)関連の情報は閲覧できるのみで、コピーできないことが多い。こうした場合に威力を発揮するのが「ポイント位置の文字列取得」だ。

    開始から停止までは、マウスポインタ位置の情報が常時取り込まれる。この間はテキスト情報がテキストボックスに表示されるほか、欄外にはウィンドウのクラス名/ハンドル、マウスポインタの座標などもリアルタイムで表示される。

    文字に起こしたりする手間もいらず、テキストとして再利用できるのが最大のポイント。しかも、ツリーやリスト状に構成されている文字列では、階層を保持したまま残すことができる。

    HTMLのタグや階層、ウィンドウの情報も取得できるので、任意のWebページの構造を調べたり、ウィンドウの詳細情報を取得するのにも利用できるだろう。

    (坂下 凡平)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    初期の目的は、ソフト作成の補助ツールです。「マウスレコーダー」などの開発にあたって、いろいろなウィンドウ情報を調べる必要がありました。各種のフリーソフトやSPY++などを使っていたのですが、なかなか面倒で使いづらく、必要に迫られて自作に踏み切りました。出来上がりには概ね満足しています。

    開発中に苦労した点
    はじめは、ウィンドウ間のメッセージインタフェースで簡単に取得できると楽観していたのですが、いざ自分で使ってみると、取得できない場面が続出。ウィンドウを持たないものやオーナードローのコントロール、Officeのように独自のコントロールを持つもの。結局、ほとんどの文字列を取得できるようになるまでに、複数のインタフェースを駆使することにより、1年ほどかかってしまいました。

    ユーザにお勧めする使い方
    必要な部分だけを取り込めますので、ファイル一覧などを取り込むとき、エラーメッセージを記録するときや、バージョン情報などを文字として取得するときなどにお役に立ちます。

    また、ウィンドウを操作しながら取得できることも特徴です。マウス操作により、次々に変化するメニューや、ステータスに表示される文字も取り込めます。

    個人的には、Webページでリンクアドレスを取得するのに重宝しています。リンクアドレスが明示的に記述されていれば、プロパティやHTMLソースで確認できますが、JavaScriptなどで動的にリンクされる場合はちょっと面倒です。それでも、ステータスバーにはアドレスが表示されますので、そこの文字列を「ポイント位置の文字列取得」で取り込むことにより、簡単にアドレスを取得できます。

    今後のバージョンアップ予定
    順次改良していきます。

    (エムティ・ソフト)

    ● ポイント位置の文字列取得 Ver.1.90
  • 作 者 : エムティ・ソフト さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://mt-soft.sakura.ne.jp/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    ポイント位置の文字列取得 3.97 画面上の文字情報をテキストとして取り込む(HTML対応) (95K)




    最近のレビュー記事
    7+ Taskbar Tweaker7+ Taskbar Tweakernew!!7+ Taskbar Tweaker
    タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
    ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14
    シンプルなインタフェースに多彩な機能を搭載。安定した動作やカスタマイズ自由度の高さなどが特徴のメディアプレイヤー
    SterJo Startup PatrolSterJo Startup PatrolSterJo Startup Patrol
    新規アイテムの追加監視機能を備えた、シンプルなスタートアップ管理ソフト
    やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0
    OCRエンジン、画像補正エンジンを改善し、さらに精度を向上させた簡単・高機能な名刺管理ソフト
    わが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Mini
    v4でグラフ機能を追加。強力な入力支援機能で快適に使える、シンプルな家計簿ソフト
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年12月】

    Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16
    最高4Kまでの高解像度スライドショーの作成にも対応。スマートなインタフェースで使いやすい、高速表示の画像管理・編集ソフト
    DaigoDaigo
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    Recover Keys 2Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン


    「ポイント位置の文字列取得」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.