その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2009.04.21 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > WindowHelper

WindowHelper

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
WindowHelper
ウィンドウ操作やプログラム起動などをショートカットキーで行えるにしてくれるキーボード用ユーティリティ
Windows Vista/XP  フリーソフト
WindowHelper
  • 設定画面。ショートカットに用いる「キー」と「アクション」を登録する。ウィンドウサイズや位置の設定は右側のパネルで行える

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 「WindowHelperConfig」画面。新たなショートカットの追加や内容の編集のほか、表示順の変更などを行える
  • 画面分割補助機能の設定画面。デスクトップを8分割した領域から、ウィンドウのサイズと位置を指定できる

  • ウィンドウの操作や特殊キーの入力、プログラムの実行などをショートカットキーに割り当てられるキーボード用ユーティリティ。

    「WindowHelper」は、さまざまな操作を任意のショートカットに設定できるキーバインドソフト。起動するとタスクトレイに常駐し、あらかじめ指定した機能をショートカットから実行できるようになる。割り当てられる操作・機能は大きく分けて、

    • ウィンドウ操作
    • キー入力
    • プログラムの起動
    • ファイル/フォルダを開く
    • ソフトの機能停止/再開
    「ウィンドウ操作」でできるのは、最大化、最小化、閉じる、横幅半分右寄せ、横幅半分左寄せ。「キー入力」では、【Home】/【End】/【PageUp】/【PageDown】/【BackSpace】/【Delete】/【→】/【←】/【↑】/【↓】/【半角/全角】のいずれかひとつのキーと同じ機能を設定できる。「プログラムの起動」「ファイル/フォルダを開く」では、各1件をショートカットに登録することが可能だ。

    ウィンドウのサイズや位置を詳細に設定することも可能。あらかじめ条件を設定しておくことで、ショートカットキーだけでウィンドウの状態を変更できるようになる。

    • ウィンドウ幅:最大化、現在の半分、任意サイズ(pixel値で指定)、そのまま
    • ウィンドウ高さ:最大化、現在の半分、任意サイズ(pixel値で指定)、そのまま
    • ウィンドウのX位置:左寄せ、右寄せ、任意の位置(X座標:最左辺からのpixel値で指定)、そのまま
    • ウィンドウのY位置:上寄せ、下寄せ、任意の位置(Y座標:最上辺からのpixel値で指定)、そのまま
    「そのまま」は、「幅のみを変更し、高さをそのまま残す」「縦位置だけを変更する」といった指定を行うときに用いる。

    さらに「画面を分割した領域内に、ウィンドウサイズを収めて配置する」というユニークな機能もある。デスクトップ全体を8分割(縦2マス×横4マス)し、このマス目に合わせてウィンドウのサイズを変更して配置できる。例えば、「サイズを1コマ分(1/8)に変更して、マス目下段の右から二番目に置く」といったことを簡単に行える。

    割り当てられるキーは「【Alt】または【Ctrl】」+【Shift】+任意の英字キー(【;】/【:】/【,】/【.】/【/】/【@】/【→】/【←】/【↑】/【↓】を含む。【Shift】キーは省略することも可能)。登録は「WindowHelperConfig」画面で、リスト形式の画面にホットキーと操作を一つずつ追加して行う。初期状態であらかじめいくつかのショートカットキーに機能が割り当てられているが、もちろんユーザが変更することも可能だ。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    最近はパソコンのモニタも大画面化が進み、従来の画面サイズ(XGA/SXGA)に比べるとかなり広い表示面積を使える環境になってきた。それにともない、多くのウィンドウを同時に開いて使うことがますます多くなっている。こうした大きな画面を利用するユーザにとっては、たくさんのウィンドウを効率的に整理しながら使うことが大切になるが、ウィンドウの位置やサイズを瞬時に変更できる「WindowHelper」は非常に便利だ。よく使うプログラムやファイル/フォルダもショートカットから一発で開くことができる。

    おもしろいのが、指定したウィンドウを画面の縦半分、横1/4といった分割サイズから好きな大きさを選び、好きな配置に移動できる“画面分割+配置”機能。単なる(複数ウィンドウを画面に均等に並べることによる)画面分割とは違い、各ウィンドウごとの優先順位(重要度)にしたがって、分割サイズと位置を決定できる。

    (坂下 凡平)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトの開発をはじめた理由
    私はもともと「窓使いの憂鬱」(現在は開発が終了)というキーバインドソフトを使っていたのですが、そのソフトがWindows Vistaに対応しておらず、不便さを感じたので、「代わりとなるソフトを自分で作ってみよう」と思ったのがきっかけでした。単に同じようなソフトを作るのではなく、「GUIベースで簡単に機能が設定できる便利なソフト」を目指して、開発をはじめました。

    開発中に苦労したこと
    「WindowHelper」は、Win32 APIが提供する機能をメインに使っているのですが、このソフトを作るまでほとんどWin32 APIに触れたことがなかったので、扱えるようになるまでが大変でした。Win32 APIに関する資料はそれほど多くないので、情報を集めるのにも苦労した覚えがあります。

    また、「多くの人に使ってもらうことを前提にソフトウェアを開発する」という経験もはじめてだったので、ユーザインタフェースの設計や機能の提供の仕方などは、本当に手探りで進めてきました。試しに作ったものを知人に使ってもらい、「ここはもう少しこうした方がよい」といったアドバイスを参考に、少しずつ改良をして、現在のようなインタフェースになっていきました。

    今後の開発予定
    使いやすく、便利なソフトを目指して開発をしているので、今後もユーザインタフェースの強化や機能の追加を行ってゆく予定です。具体的には、キーを実際に押して設定をする機能や、設定したキーの確認をよりグラフィカルに提供する機能などを考えています。

    最後に
    先ほども申し上げたように、「WindowHelper」は私だけではいまのような形にすることはできませんでした。Win32 APIや仮想キーなどの資料をWeb上で公開してくださっている方やデバックをしてくれた方、アドバイスをくれた方がいたからこそ、開発を進めることができました。この場を借りてお礼申し上げます。

    (シロマ)

    ● WindowHelper Ver.2.2
  • 作 者 : シロマ さん
  • 対応OS : Windows Vista/XP
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://shiromanano.blog94.fc2.com/
  • 補 足 : 動作には.NET Framework 3.5が必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    WindowHelper 2.5.1 設定したショートカットキーにウィンドウの操作・特定のキー入力等の機能を持たせることができる (457K)




    最近のレビュー記事
    Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2new!!Ashampoo ZIP Pro 2
    暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    ToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「WindowHelper」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.