その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2009.04.16 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > WaveTone

WaveTone

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
WaveTone
耳コピーによる採譜の支援機能を数多く搭載した音声スペクトルアナライザ
Windows XP/2000/98  フリーソフト
WaveTone
  • メイン画面。音声を解析して、周波数成分の分布や音量などをピアノロール風の画像に変換・表示する

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 設定画面。解析時には時間軸の方向や音程の方向などを指定できる
  • 「キー解析結果」画面(画面中央)。読み込んだ音声ファイルのテンポやキーの解析、コードの検出が可能

  • 耳コピーの支援機能を持つ音声スペクトルアナライザ。楽曲を解析し、ピアノロール風の画像を表示する。

    「WaveTone」は、音声ファイルを読み込み、含まれる周波数成分を解析して画像に変換する音声解析ソフト。時間経過にともなう音程の変化を目視確認することが可能な「ピアノロール」風の画像を得ることができ、既存の楽曲から楽譜を作成する「耳コピー」を行う際に役立つ。対応する音声形式はWAV/MP3。プラグインを追加することで、WMA/MP4/FLV/Ogg Vorbisなどの形式のファイルも読み込めるようになる。

    解析を行うには、

    • 1秒を何ブロックに分割するか
    • 半音を何ブロックに分割するか
    • 解析する音階の範囲
    • サンプル数(音階の精度)
    • 解析精度
    などを設定する。設定後、すぐに解析が開始され、結果は、グラフィックイコライザを縦にしたようなビットマップパターンのグラフで表示される。

    グラフでは、ピアノの鍵盤を模した縦軸は周波数、横軸は時間の経過を示す。グラフ上のドットの色は音量の違いを表し、音量が低い部分は黒、音量が上がるにつれて、青、水色、緑、黄色、赤という具合に色調が変化する。音量が高い部分を主旋律と考えるなら、画面上で赤になっている部分を繋ぐことで、主旋律がピアノロールとして描画されることになる。

    解析対象のテンポや音域の広さに合わせて、グラフの横軸/縦軸の倍率を変更することも可能。ビットマップパターンの感度やコントラストを調整することもできる。ビットマップパターンは、オクターブごとや拍子ごと(設定が必要)にグリッドを表示させることが可能だ。

    再生時には、現在の再生位置がビットマップパターン上にラインカーソルで表示され、実際に耳から聴こえる音とビットマップパターンとを比較して、楽曲の特徴を把握できるようになっている。音量や再生速度、音程のレベル調整を行うことも可能。再生の進行に合わせた自動ページ送り機能も備えている。

    解析結果からレベルの高い部分を抜き出し、MIDIファイル化(採譜)することも可能。作成されたMIDIファイルを再度「WaveTone」に読み込み、元ファイルと重ねて再生することで「どの程度正確に採譜されたか」を確認できる。元の音声ファイルとMIDI化された音声ファイルの再生ボリュームは自由に調整できる。ソフトウェアMIDIの特性からくる発音遅れに合わせ、元の曲とMIDI再生との間にディレイを設定することも可能だ。

    さらに、楽曲全体の情報を解析することで、曲のテンポ解析やキー解析、コード検出を行うこともできる。全体を通して一定のテンポ、一定のキーが使われている場合は、かなり正確に検出することが可能だ。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    既存の曲を耳で聴きながら楽譜に起こしたり、MIDI化したりする、いわゆる「耳コピー」の支援ソフト。実際に演奏されたり、歌われたりしている音楽から音符を拾い上げる「採譜」という作業は──実際にやってみるとわかるが──しっかりした音感がないと、なかなかに難しい。筆者などは、音感の「お」の字もないような部類なので、実際に鍵盤を叩いて音の比較しても、同じ音かどうか悩んでしまうほど。「WaveTone」は、そうした音感の乏しい人にとって、まさに福音といえるソフトだ。

    音の高低は、声であるか楽器であるかにかかわらず、所詮は音の周波数の違いにすぎない。複雑な和音であっても、複数の周波数の合成だ。であれば、原音を周波数ごとに分離する「フーリエ変換」を使えば、個々の周波数成分の強さを調べることで、ある瞬間での音程はわかる──これが「WaveTone」の原理だ。

    もちろん、どのような曲に対しても常にこの原理が成り立つというわけではない。伴奏によく使われるベースは、ボーカルの音域に比較すると、エネルギーが強いことが多いので目立ちやすいし、声の強弱が大きい場合には、こまめに調整してやらないと、「主旋律」だけをきれいに分離するのはなかなか難しい。とはいえ、手動で調整してやれば十分に対応できる範囲であり、複雑な和音でもきっちりと分離できるのを目の当たりにすると驚きだ。

    「フーリエ変換」は、工学の知識がある人にとっては常識の理論である。しかし、その成果をこうして実際に目にすることができるのは、やはり「目から鱗」なのである。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    音楽を楽譜に変換する自動採譜は、非常に難しい問題です。単音や単一の楽器で演奏された曲であれば、ある程度採譜することができますが、複雑な曲の採譜は困難であり、ソフトウェアが採譜したデータを人の手で大幅に修正する必要があるため、実用的ではありません。

    そこで「WaveTone」は、ソフトウェアによる正確でない自動採譜よりも、人が行う採譜を支援することに重点を置いています。「WaveTone」にはスペクトル、テンポ、コードの解析やリピート再生、タイムストレッチ、ピッチシフトなど、採譜を支援する機能が揃っています。これらの機能は、採譜をする上で大いに役に立つと思います。

    (あっきー)

    ● WaveTone Ver.1.44
  • 作 者 : あっきー さん
  • 対応OS : Windows XP/2000/98
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://ackiesound.ifdef.jp/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    WaveTone 2.61 音声データを解析し、音階ごとの音量のグラフをピアノロール形式で表示できる耳コピー支援ソフト (1,267K)




    最近のレビュー記事
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーnew!!ホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    ToMoClipToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    筆王 Ver.22 ダウンロード版筆王 Ver.22 ダウンロード版
    使いやすい「素材パレット」を搭載。顔に犬のパーツを合成できる「おもしろ顔スタンプ」が追加された「筆王」の新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「WaveTone」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.