その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2008.05.29 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Crazy Bound2

Crazy Bound2

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Crazy Bound2
軽快に弾む主人公を操り、地下遺跡を突破して地上を目指す2Dアクションゲーム
Windows XP/Me/2000/98  フリーソフト
Crazy Bound2
  • 弾む「白いヤツ」をコントロールして、地下遺跡の中を探検する

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 「三角とび」を使って、この穴からの脱出を図る
  • チェンジブロック。法則をいち早く見抜こう

  • シンプルで楽しい2Dアクションゲーム。ぴょんぴょん跳ねる白い球が爆弾ブロックにぶつからないよう、左右のカーソルキーでコントロールしながらゴールを目指す。

    「Crazy Bound2」は、白い球のような姿をした主人公を操り、地下にある遺跡から地上への帰還を目指すアクションゲーム。主人公の「白いヤツ」は、決して跳ねることをやめない「シロ」と呼ばれる一族のひとり。「白いヤツ」は冒険の旅の途中、無事に脱出できた者にはどんな願いでもひとつだけ叶えられるという地下の広大な遺跡の噂を耳にし、このトラップだらけの地底世界までやって来た……。

    操作に使用するのは左右のカーソルキーだけ。「白いヤツ」は、地面の上を一定の高さで飛び跳ね続ける性質がある。跳ねるタイミングに合わせて【←】/【→】キーを押すことで、「白いヤツ」を左右に移動させることが可能。キーを押す長さによって、横に跳ぶ距離を調節することもできる。横に跳んでいる最中に進行方向と反対のキーを押すことで、ブレーキをかけたり、わずかにUターンさせたりすることもできる。

    「三角とび」という重要なテクニックもある。左右を壁に挟まれたような場所で、「白いヤツ」を壁に向かって跳ばせ、壁にぶつかる瞬間にタイミングよく逆向きのカーソルキーを押す、ということを繰り返して、壁と壁の間を登るというもの。難易度は高いが、「三角とび」を身につけないとステージ2より先に進むことはできない。

    「Crazy Bound2」では、「白いヤツ」の移動にともなって画面の横スクロールが自動的に行われるが、縦スクロールはプレイヤーが操作しない限り、行われない。高いところから飛び降りたり、ジャンプブロックなどを使って高く飛び上がったりする際には、スペースキーを長押しすれば、「白いヤツ」が画面の中央に表示される(キーを押している間は常に中央に来るよう調整される)。【↑】/【↓】キーを押すことで、「白いヤツ」の移動とは関係なく、画面を上下にスクロールさせて、周囲の状況を確認することも可能。そのほか、【Enter】キーを押して画面に「ゲームスピード調整メーター」を表示させ、ゲームスピードを調節するといったことも可能だ。

    用意されたステージは全部で25。一般的なステージ制のゲームとは異なり、ステージクリアしても画面は切り替わらない。すべてのステージがひとつに繋がっているのが特徴だ。遺跡内の25ヵ所に「チェックポイント」が設置されており、「白いヤツ」がチェックポイントに触れることでステージクリアとなる。以後はミスをして残機を失うたびに、その地点からゲームが再開される。

    「白いヤツ」の操作を誤って、ステージ上に設置された「爆弾ブロック」に触れてしまうと、残機を失う。残機0でミスをするとゲームオーバー。ゲーム開始時点の残機数は0だが、スタート地点の右側に「10UPアイテム」が5個用意されており、最大50まで残機数を増やしてからチャレンジすることができる。

    爆弾ブロック以外にも、さまざまなブロックが登場する。例えば「ジャンプブロック」。上に乗ることで高くジャンプすることができる。トランポリンのように、ブロックの上で数回ジャンプして反動をつけることで、より高くジャンプすることも可能だ。「跳ねないブロック」は、ジャンプブロックとは逆に、上に乗るとほとんど跳ねることができず、左右に滑って移動するしかできない。

    「崩れるブロック」は、ヒビの入ったブロック。上から踏むと壊れてしまうため、1回しか足場として利用できない。多くの場合、「爆弾ブロック」の上に設置されている。

    「矢印ブロック」は、矢印が描かれたブロック。上に乗ると、ブロックに描かれた矢印の方向に勢いよく一直線に打ち出される。飛んでいる最中に、飛んでいる方向とは逆のカーソルキーを押すことで、ブレーキをかけることが可能だ。

    「チェンジブロック」は、空中に浮いた台座のような形状の特殊なブロック。上に乗ることで徐々に下に下げることができ、底面に触れたブロックを一定の法則に従って違うブロックへと変化させる。他のブロックを変化させたあとは自動的に消滅する。

    「反重力ゾーン」は、中に入ると上に押し上げられるゾーン。高いところに移動したいときなどに利用すると便利。遺跡内のすべての反重力ゾーンの機能を停止させる「反重力解除スイッチ」も登場する。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト「ToMoClip」
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    「ToMoClip」
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾「Excel便利機能ボタン集2」
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    「Excel便利機能ボタン集2」
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト「FileShelf Plus」
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト
    「FileShelf Plus」
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト「練馬」
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    「練馬」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    慣れるとテンポよくプレイできる、シンプルでおもしろいアクションゲーム。軽快に弾む「白いヤツ」をコントロールして障害を飛び越えさせ、思い通りの方向に移動させるアクションゲームの要素と、「どうやったら目的の場所に到達できるのか」を考えるパズルゲームの要素がうまく混じり合っている。

    慣れないと主人公をなかなか思い通りに動かせないこともあり、難易度はそれなりに高い。ただ、ゲーム開始時に残機数を50まで増やせる上に、一つひとつのステージは短めなので、何度もプレイしているうちに意外と調子よく先へと進めるようになる。ただし、はじめのうちは人によってはかなり苦労をするだろう。

    ゲームになじめるかどうかの最大の難関は「三角とび」だ。ステージ2の最初にある深い穴から脱出できるようになるまでじっくりと練習しよう。筆者は、はじめのうち何度もここでリタイヤしてしまい、「この穴からの脱出は不可能」だと思ったほどだ。

    操作に慣れてゲームをクリアできるようになったら、残機数を少しずつ減らしてチャレンジしたり、全部で200枚ある「金貨」を全部集めることにチャレンジしたり、という楽しみ方もできる。金貨をコンプリートクリアすると、エンディングがほんの少し変わるというオマケも用意されているようだ。

    (秋山 俊)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    「そうだ、アクションゲームを作ろう」
    …と、ある日突然思い立ち、制作を開始いたしました。

    以前公開させていただきました「Crazy Bound」には、マップ内を探索する要素があったのですが、今回は純粋なアクションゲームにしたいと考え、一本道のマップをひたすら進んでいく構成にいたしました。

    操作に慣れるまではイライラするかと思いますが、慣れてくると思い通りに動かすことができるようになる……はずです。ゲームクリアまで遊んでいただけたら幸いでございます。

    (まこと)

    ● Crazy Bound2 Ver.1.0
  • 作 者 : まこと さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www.uik.jp/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    Crazy Bound2 1.0 跳ね続けるキャラクターを操作して、地下遺跡を突き進む2Dアクションゲーム (6,483K)




    最近のレビュー記事
    Recover Keys 2Recover Keys 2new!!Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン
    PDFelement 6 ProPDFelement 6 ProPDFelement 6 Pro
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    Iperius Backup FREEIperius Backup FREEIperius Backup FREE
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年11月】

    Advanced SystemCare 11 PROAdvanced SystemCare 11 PRO
    脆弱性の診断・修正もワンクリックで。システムの最適化や保護、スピードアップを手軽に行える“高速&快適化アプリ”
    窓フォト窓フォト
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    筆楽名人2018 for Win筆楽名人2018 for Win
    シンプルな操作画面ではじめてでも直感的に使える、“おしゃれ”な年賀状・はがき作成ソフト
    TextifyTextify
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    Driver Booster 5 PRODriver Booster 5 PRO
    アイドル時の自動インストールが可能に。100万以上のドライバーに対応する、簡単操作のドライバー更新ソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「Crazy Bound2」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.