その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2008.05.15 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > FTP Exchange

FTP Exchange

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
FTP Exchange
更新されたファイルだけをワンタッチで転送できる、簡単操作のFTPクライアントソフト
Windows Me/2000/98/95/NT  フリーソフト(寄付歓迎)
FTP Exchange
  • 接続中のメイン画面。「接続」を実行するだけで、更新されたファイルだけを転送してくれる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 基本設定画面。前回のタイムスタンプを基準に、更新されたファイルを自動で判断する
  • オプション画面。「巡回先へ登録」を設定しておくと、自動接続でファイル転送してくれる

  • 更新したファイルだけを自動で転送してくれるFTPクライアントソフト。複数の接続先を自動巡回して転送することもできる。

    「FTP Exchange」は、ローカルパソコン上のファイルのうち、更新されたものだけを自動判別して転送できるFTPクライアントソフト。接続先は複数個所を登録しておくことが可能で、メイン画面上のドロップダウンリストから接続先を選択して「接続」ボタンをクリックするだけで、更新されたファイルを判別し、転送から切断までを自動で行ってくれる。サブディレクトリ内のファイルを転送してくれるのはもちろん、サブディレクトリ自体を作成することも可能。ローカル側のファイルが削除されている場合に、サーバ上のファイルを自動的に削除することもできる。

    大きな特徴は、一般的なFTPクライアントソフトのように、転送対象のファイルを選択する必要がないこと。メイン画面のインタフェースは非常にシンプルで、進捗状況を示すプログレスバーや接続先を選ぶドロップダウンリストなどがあるのみ。一般的なFTPクライアントソフトにあるようなファイルリストはない。

    設定は、

    • 接続先のサーバ名/ポートなどを指定する「基本設定」
    • 接続先への自動接続などを指定できる「オプション」
    • ASCIIモードで転送するファイルや拡張子の指定などを行う「各種設定」
    • ログ記録の有無などを指定する「その他」
    • タイムアウトまでの時間などを指定できる「詳細設定」
    • 転送されたファイルやディレクトリのパーミッション設定などを行える「属性設定」
    の計6画面(タブ)で行う。「基本設定」では、サーバ名/ポートのほかにもユーザアカウントやパスワード、接続先のディレクトリやローカル側のフォルダといった一般的な設定に加え、「FTP Exchange」がファイルの更新を判定するための項目が用意されている。

    一度転送を実行すると、転送されたファイルのうち最も新しいタイムスタンプが「転送基準時間」として設定され、次の転送時にはこの時刻をもとに、更新されたファイルか否かが判定される。転送基準時間は「初期化」を実行することで、その時点のタイムスタンプをセットすることができる。更新の判定には、そのほかにもローカルとサーバのタイムスタンプを比較して判定を行う「FTP時間差比較」や、ファイルのアーカイブ属性をもとに比較する方法を選ぶことができる。

    設定項目はそのほかにも、

    • ファイルリストをローカル上に保存することで、更新チェックを高速化する(キャッシュ機能)
    • ファイルごとに転送するかどうかを確認する
    • 転送時に無視するディレクトリやファイルや毎回転送するファイル
    • 転送終了後に、あらかじめ指定しておいたURLを自動で表示する
    • PASVモードでの接続
    • Proxyサーバ経由での接続
    など、数多くのものが用意されている。
     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”「Quick Eye」
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    「Quick Eye」
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション「Iperius Backup FREE」
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    「Iperius Backup FREE」
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト「PDFelement 6 Pro」
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    「PDFelement 6 Pro」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール「Daigo」
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    「Daigo」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    Webサイトの運営に欠かせないのがページの更新だが、コンテンツを書き換えて画像を追加し、さらに更新履歴やニュースページに手を加える……となると、ファイルひとつの修正だけでは到底済まない。一般的なFTPクライアントソフトを使い、更新したファイルを手作業で選択してアップロードするのは、面倒で見落としも起こりやすい。

    「FTP Exchange」は、サイトの運営にまつわるそうした手間を一気に解消してくれるソフトだ。あらかじめサーバ情報を登録しておけば、あとは「接続」ボタンをクリックするだけで、更新されたファイルのチェックから転送、切断までを全自動で行ってくれる。これまでいちいちファイルを確認しながら転送していたのが嘘のようだ。もちろん、サブディレクトリ内のファイルであっても問題ないし、不要になったファイルがあれば、自動でサーバから削除もしてくれる。サーバのメンテナンスに要する時間をかなり短縮してくれそうだ。

    Webサイトを運営している人なら、オーソドックスなFTPクライアントソフトとセットで揃えておくと、サイト管理の省力化に役立ってくれるに違いない。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    私は、インターネットが普及する前のパソコン通信・BBS時代からの古株のネットワーカーでしたが、当時から多くのオンラインソフトウェアのお世話になっていました。いつかは自分もオンラインソフトを開発・公開してみたいと考えていましたが、会社に入社したのをきっかけに、勉強も兼ねて挑戦してみました。Webページの更新に特化したFTPクライアントとなったのは、当時、私自身がホームページを立ち上げ、最も使う頻度の高い部類のツールだったからです。

    開発中に苦労した点
    最初の版を公開した1997年当時、個人での常時接続は夢の世界で、ISDN/モデムによるダイヤルアップ接続が一般的でした。結果、自分の部屋にデバッグ用UNIXサーバを立ち上げての検証となりました。いまとなってはよい思い出です。また、安定したソフトを公開したいという思いから、検証・デバッグには時間を費やしました。

    ユーザにお勧めする使い方
    ワンクリックで転送できる、Webページ更新の自動化を狙ったソフトウェアです。使い方は工夫次第ですが、複数のWebサイトを管理している人、多くの階層で階層別にコンテンツを分類している人には特にお勧めできます。私は現在、五つのWebサイトの管理を「FTP Exchange」でワンクリック・自動更新しています。ユーザ様からいただいた利用方法の中には、社内の工程管理データのミラーリングやライブカメラの画像伝送など、考えもしなかったところに活用されているものもありました。

    今後のバージョンアップ予定
    「FTP Exchange」については、致命的な不具合対応は実施しますが、ひとまず打ち止めと考えています。「FTP Exchange」はVisual Basicで開発していますが、いまではVisual C++/C#の開発スキルも身につきましたので、別の分野のソフトウェア開発に挑戦したいですね。自分用のツールとしては、趣味の気象に関するデータ閲覧に特化したブラウザ等を開発して使っています。マニアックすぎて公開はしていませんが……。

    みなさんへ
    私は、「FTP Exchange」ですべての用途に対応できるとは思っていません。ほかにも多くの優れたソフトウェアがあります。いろいろ試して、自分好みの一本を見つけてください。オンラインソフトの魅力はその多様性と、開発者とユーザのコミュニケーションにあると考えています。そして、ユーザがソフトウェアを育てます。今後もオンラインソフトウェアが、その文化が、みなさんに愛される存在であることを願ってやみません。

    (鈴木 聖史)

    ● FTP Exchange Ver.3.15
  • 作 者 : 鈴木 聖史 さん
  • 対応OS : Windows Me/2000/98/95/NT
  • 種 別 : フリーソフト(寄付歓迎)
  • 作者のホームページ : http://www.toyota.ne.jp/~kawauso/web/
  • 補 足 : 動作にはVB 5.0ランタイム(SP2以降)が必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    FTP Exchange 3.15 ワンクリックでホームページ更新を行えるFTPクライアント (863K)




    最近のレビュー記事
    Ashampoo Snap 10Ashampoo Snap 10new!!Ashampoo Snap 10
    充実した編集機能や多彩なキャプチャモードが特徴。動画のキャプチャも可能な高機能スクリーンショット作成ソフト
    MyMemoMyMemoMyMemo
    入力、リストの二つのウィンドウで構成されるメモソフト。分類、標題、検索などで、目的のメモにすぐにアクセスできる
    ギュギュっと超圧縮PROギュギュっと超圧縮PROギュギュっと超圧縮PRO
    圧縮後のファイルを対応アプリケーションでそのまま開いて編集できる。解凍操作不要の“ファイル軽量化ソフト”
    WheelPLUSWheelPLUSWheelPLUS
    ホイール非搭載機種でホイール操作を可能に。多彩な機能でマウス/トラックボールの操作性を向上させるソフト
    WinOptimizer 15WinOptimizer 15WinOptimizer 15
    アプリケーションが作成する一時ファイルなどの自動削除も可能。一本でさまざまな高速・最適化処理を行えるオールインワンソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2018年1月】

    sugurusuguru
    高度なGoogle検索を簡単に実行できる。Googleを利用した検索の効率化を図り、精度を向上させるためのソフト
    やるぞ!確定申告2018 for Windowsやるぞ!確定申告2018 for Windows
    申告書類の縮小イメージで確認しながら戸惑うことなく操作できる、充実サポートの確定申告書作成ソフト
    CalcTape FreeCalcTape Free
    計算過程を確認でき、途中で修正することもできる、ユニークなインタフェースの電卓ソフト
    iMyFone Umate Pro:iOSクリーンアップiMyFone Umate Pro:iOSクリーンアップ
    iOSデバイス内にたまった不要ファイルや個人データを一括削除し、「モタつき」「空き容量不足」を解決
    7+ Taskbar Tweaker7+ Taskbar Tweaker
    タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「FTP Exchange」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.