その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2008.02.07 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > DataSalvager

DataSalvager

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
DataSalvager
誤消去したファイルも簡単に復旧できるデータリカバリソフト
Windows Vista/XP/2000  製品:試用不可
DataSalvager
  • スキャン後のメイン画面。削除してしまったファイルや破損ファイルをスキャンして復元してくれる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 簡単ファイル検索では、対象となるファイルの種類を指定できる
  • マニュアル検索では、ファイルシステムに応じたスキャン方式を選択することが可能

  • 削除してしまったファイルや破損したファイルを復旧できるデータリカバリソフト。ドライブのスキャン後、リストから目的のファイルを選んで保存先を指定するだけで、ファイルを復旧できる。

    「DataSalvager」は、削除したファイルや破損したファイルを復旧するためのソフト。ドライブやパーティションをスキャンして復旧可能なファイルの一覧とその状態を表示し、ワンタッチで復旧してくれる。スキャン方法は、

    • ドライブとファイルの種類(画像、動画、音楽、文書)を指定する「簡単ファイル検索」
    • ドライブやパーティション全体を解析する「マニュアル検索」
    の2種類から選べる。マニュアル検索では検索方法として、指定した拡張子のファイルを検出する「データベース方式」、ファイルシステムの持つ情報を利用して検出する「FAT方式」と「NTFS方式」、さらにそれらを自動で判断する方式のいずれかを選ぶことができる。

    メイン画面には「回収元ドライブ」というコンボボックスがあり、復旧したいファイルがあるドライブ(物理ドライブ)をドロップダウンリストから選べるようになっている。ドライブを指定すると、当該ドライブのフォルダツリーが表示される。フォルダツリーは物理ドライブをルートとして、スキャン結果(スキャン後に表示される)やパーティションなどから構成される。

    物理ドライブ名
     ├スキャン結果
     ├パーティション名(パーティション1)
     │ ├スキャン結果
     │ └既存のフォルダ
     ├パーティション名(パーティション2)
     │ ├スキャン結果
     │ └既存のフォルダ
           :
           :
    「既存のフォルダ」は、実際に存在するフォルダで、選択すると実在するファイルの一覧がリストに表示される。ドライブ全体や各パーティションごとに「スキャン結果」というサブツリーがあり、マニュアル検索を行う場合や、検索結果からファイルを復旧させる場合はこのツリーを使用する。

    スキャンの実行中、メイン画面は、進行状況を示すプログレスバーと検出したファイルの一覧表示に切り替わるが、スキャン終了後は再び元のツリー表示に戻る。ユーザは「スキャン結果」ツリーを選択し、復元したいファイルを選べばよい。検索されたファイルの一覧には、サイズや種類、更新日時のほかに、復元の可能性を示す「状態」が表示される。実際に復元する際は保存先フォルダを指定するが、回収元ドライブの状態を悪化させないために、回収元とは別のドライブへ保存するようになっている。

    ファイルシステムがFAT(12/16/32)の場合は「既存ファイルシステム解析」という検索方法も利用できる。既存ファイルシステム解析ではドライブ全体を解析する必要がなく、簡単にファイルを復元することが可能だ。

    そのほかにも、ファイルの内容を16進数で表示する「ダンプ」、復元したいファイルの内容を確認するための「プレビュー」といった機能がある。オプションでは、ファイルの更新日時やサイズを検索条件として指定できるほか、対象となるファイルや除外するファイルを登録しておくこともできる。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    ドライブと文書のタイプを指定してスキャンするだけで、誤って削除したり、トラブルで破損してしまったりしたファイルを復旧できる手軽さが魅力。スキャン結果にはファイル名やファイルサイズ、ファイルの状態などが一覧表示されるので、「復元したいファイルがどこにあるか」「復元できる可能性がどの程度なのか」がすぐにわかる。また、回収元ドライブの状態を悪化させないように、回収元と保存先に同じドライブを指定しないように警告してくれるのは、原理をよく理解していない初心者にとってうれしいポイントだ。

    「簡単ファイル検索」に比べると「マニュアル検索」は中級以上のユーザ向けという感じで、パーティションや論理ドライブに関する知識がないとなかなかピンと来ないかもしれない。なかでも筆者は、スキャンを行うためにディスクやパーティションの下位にある「スキャン結果」というノード(グレー表示状態になっている)をまず選択しなければならないという点に最初とまどった。マニュアル検索モードに入った時点で操作のガイドメッセージは表示されるのだが、できれば図を加えるなどして、さらにわかりやすくしていただきたいところだ。

    なお、ドライブを切り替えたり、初期画面(簡単ファイル検索とマニュアル検索の選択)に戻ったりするとスキャン結果はクリアされてしまうので、回収したいファイルがどこにあるかは事前にきちんと把握しておきたい。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    市販のファイル復旧ソフトを使った際に「復旧したいファイルが復旧できなかった」「海外のソフトを日本語化しただけのようなインタフェースに違和感を感じた」などの不満を覚え、それなら自分たちで開発しようということになりました。

    開発中に苦労した点
    本来失ったファイルを復旧するわけですので、本当に復旧できないのか、別のアプローチなら復旧できるのかといった判断が非常に難しく、大変な時間がかかりました。

    ユーザにお勧めする使い方
    失われてしまったファイルは、本ソフトウェアを使用しても確実に復旧できるとはいえません。そのため、大切なデータは常々バックアップを取っていただき、データを失ったときはまずバックアップから復元することで、本ソフトウェアの出番がないように運用されることが一番お勧めです。それでも不幸なことに、本ソフトウェアが必要になってしまった場合は、そのハードディスクやメモリカードなどに対して、極力他のアクセスをしないように、落ち着いて操作を行ってください。

    今後のバージョンアップ予定
    具体的なバージョンアップの予定はありませんが、新しいファイルへの対応やファイルの検出率向上を引き続き行っていく考えでおります。

    ((株)アイ・オー・データ機器)

    ● DataSalvager Ver.3.0
  • 作 者 : (株)アイ・オー・データ機器 さん
  • 対応OS : Windows Vista/XP/2000
  • 種 別 : 製品:試用不可
  • 作者のホームページ : http://www.iodata.jp/
  • 補 足 : 製品版はPCショップで購入後にダウンロードできる


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品プロレジ・シェアレジ(3,065円(税込))
    DataSalvager 3.00.024 無料でお試し! 大切なファイルを消してしまった時に! I-O DATA製ファイル復元、復活、復旧ソフト (4,204K)




    最近のレビュー記事
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーnew!!ホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    ToMoClipToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    筆王 Ver.22 ダウンロード版筆王 Ver.22 ダウンロード版
    使いやすい「素材パレット」を搭載。顔に犬のパーツを合成できる「おもしろ顔スタンプ」が追加された「筆王」の新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「DataSalvager」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.