その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2008.02.05 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > TreeProoF with Wiki

TreeProoF with Wiki

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
TreeProoF with Wiki
ツリー構造でテキストを管理できるWikiライクなアウトラインプロセッサ
Windows XP/Me/2000/98/95  シェアウェア
TreeProoF with Wiki
  • ソフトを構成するTreeProoF(左)とTP-Note(右)。アイテムの入れ替えや追加などはTreeProoFで、文書作成はTP-Noteで行える

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • Wiki書式で作成した文書(左)。TP-Noteですぐにプレビューできる(右)(画面は合成)
  • 環境設定画面。文書ファイルの拡張子や新規アイテムのタイトルの初期設定などを行える(画面は合成)

  • 階層化した文書を簡単に作成できるWiki対応のアウトラインプロセッサ。本体とエディタとが分離しており、好みのエディタに差し替えて利用することもできる。

    「TreeProoF with Wiki」は、ツリー形式で構造化することで、テキスト文書を視覚的に管理できるようにしたアウトラインプロセッサ。テキストとタイトルから構成される「アイテム」単位で文書を作成・編集してゆく。正規表現での検索・置換も可能。Wiki記法に対応し、作成したWiki文書をレイアウトされた状態でプレビューできる。ローカル環境で個人用Wikiとしても使える。

    ソフトは、文書構造をツリー型で示す「TreeProoF」と、テキストエディタの「TP-Note」からなる。それぞれ独立しており、エディタを「TP-Note」以外のものに差し替えて使うことも可能。はじめて文書を作成する際は、

    1. 「TreeProoF」で新規ファイルを開いて、ファイルにアイテムを追加
    2. 「TP-Note」でアイテムの内容(テキスト)を編集
    3. 「TreeProoF」でアイテムの削除・追加・移動、タイトル変更などにより、文書を構成
    というのが基本的な流れだ。アイテムには、アイコンとタイトルを設定できる。アイコンはあらかじめ用意された4種類から選択・設定できるほか、ユーザの用意したものを利用することも可能。タイトルは「文書の本文1行目」を指定することもできる。

    ツリー上では、

    • アイテム、子アイテムの作成
    • アイテムの移動、コピー、削除
    • タイトルおよびアイコンの変更
    といった操作を行うことが可能。これらの操作は、コンテキスト(右クリック)メニューから行うこともできる。アイテムを一時的に待避しておける「アイテムボックス」もある。例えば「異なる親アイテムに属する複数のアイテムをまとめて移動する」といった操作を行える。

    「TP-Note」では、タブ切り替えにより、複数アイテムを同時に編集することが可能。画面は(タブ以外に)メニューやツールバーなどのない、非常にシンプルなデザイン。大きな特徴が、ネットワーク上で展開される文書編集システムWikiの記法に対応していることで、Wiki書式のハイパーテキスト文書を容易に作成できる。さらに、Wiki書式で作成した文書を整形された状態で閲覧できる「ダイレクトプレビュー」モードも備えている。プレビュー表示されたWiki文書を印刷することも可能だ。

    文書整形機能は、基本的にWiki記法に従っている(一部独自形式あり)。文字列への修飾(ボールド/イタリックなど)や見出し(3段階)を設定でき、文書内に「コメント行」「箇条書き」「引用文」「用語解説文」「テーブル(表組)」を置くことができる。他のアイテムの文字列へのハイパーリンクを設定したり、外部ファイルやURLへのリンクを張ったりすることもできる。

    さらに、文字検索やアイテム単位の印刷などの機能も備えている。正規表現による検索・置換も可能。検索結果の絞り込みも行える。

    編集した文書は、独自形式(TPF)で保存できるほか、Wiki書式のHTMLファイルやHTMLヘルプファイルにエクスポートすることもできる。他のアウトラインプロセッサで作成した文書を、階層を保ったままインポート/エクスポートすることも可能だ(この場合、各行頭に置かれたピリオドの数によって、階層が判定される)。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト「ToMoClip」
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    「ToMoClip」
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾「Excel便利機能ボタン集2」
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    「Excel便利機能ボタン集2」
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト「FileShelf Plus」
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト
    「FileShelf Plus」
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト「練馬」
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    「練馬」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    文書の構造を示すツリー部とエディタ部を分離した、ユニークなアウトラインプロセッサ。二つのウィンドウは独立しているが、「TreeProoF」上でアイテムを選ぶと、自動的に「TP-Note」画面に読み込まれ、「TP-Note」での編集内容がそのまま「TreeProoF」上に反映されるなど、シームレスな操作環境が実現されている。もちろん、外部エディタの利用も可能で、「TP-Note」の代わりに使い慣れたエディタ環境でテキスト編集作業を行うこともできる。

    一番の“ウリ”が、Wiki記法に対応していること。Wikiは通常、複数ユーザによるWebサーバ上での文書編集が前提となっているが、ダイレクトプレビュー機能により、例えば用語集や情報整理など、個人用Wikiとして、スタンドアロンで運用することも可能だ。

    Wiki初心者にとっては、「TreeProoF with Wiki」の書式で作成されたヘルプファイルがとても参考になる。ヘルプには、Wiki書式についてわかりやすく解説したアイテムも含まれるため、慣れないうちはこれをアレンジして利用してもよいだろう。

    (坂下 凡平)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    いままで複数人で資料をまとめるために「YukiWiki」を使っていました。「もしかしてアウトラインプロセッサにも相性がよいのではないか」と思い、外部エディタが使えるセパレート型のアウトラインプロセッサとして開発していた「TreeProoF」に組み込んでみたのですが、存外使い勝手がよいので「TreeProoF with Wiki」と改名し、2005年に公開させていただきました。

    開発中に苦労した点
    Wikiをアウトラインプロセッサにどう適用するかという部分に悩みました。シンプルで覚えやすい文法は、YukiWikiを大変参考にさせていただきました。公開した当時は画像も満足に扱うことができませんでしたが、いまは画像(JPEG/GIF/PNG)の表示はもちろんのこと、外部ファイルへのリンクなどにも対応しています。

    ユーザにお勧めする使い方
    いままでは外部エディタを「TP-Note」以外にするように推奨してきましたが、「TP-Note」は「TreeProoF」のメインの外部エディタとして生まれ変わっています。Wiki文法に慣れていない方も、簡単に覚えられますので、ぜひ活用してください。きっと整形するのが楽しくなります。

    また、HTMLファイルの出力で“見た目そのままのWebサイト”にしたり、HTMLヘルプファイルとして、簡単に説明書を作ったりできます。ヘルプファイルはひとつのファイルになりますので、単に説明書としてだけでなく、他の人に見せるためのビューアとしても使えます。

    今後のバージョンアップ予定
    いろいろと構想はあるのですが、まずは不具合を見つけたら優先的に直します。初回リリースから6年、まだまだいたらないところがありますが、これからも頑張ってゆこうと思います。

    (Ancient Base)

    ● TreeProoF with Wiki Tale 3.02
  • 作 者 : Ancient Base さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/95
  • 種 別 : シェアウェア
  • 作者のホームページ : http://www.ancientbase.net/
  • 補 足 : 試用期間は約2ヵ月間


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    シェアウェアプロレジ・シェアレジ(1,944円(税込))
    TreeProoF with Wiki Tale 3.02 Wikiライクセパレート型アウトラインプロセッサ (1,498K)




    最近のレビュー記事
    Recover Keys 2Recover Keys 2new!!Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン
    PDFelement 6 ProPDFelement 6 ProPDFelement 6 Pro
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    Iperius Backup FREEIperius Backup FREEIperius Backup FREE
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年11月】

    Advanced SystemCare 11 PROAdvanced SystemCare 11 PRO
    脆弱性の診断・修正もワンクリックで。システムの最適化や保護、スピードアップを手軽に行える“高速&快適化アプリ”
    窓フォト窓フォト
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    筆楽名人2018 for Win筆楽名人2018 for Win
    シンプルな操作画面ではじめてでも直感的に使える、“おしゃれ”な年賀状・はがき作成ソフト
    TextifyTextify
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    Driver Booster 5 PRODriver Booster 5 PRO
    アイドル時の自動インストールが可能に。100万以上のドライバーに対応する、簡単操作のドライバー更新ソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「TreeProoF with Wiki」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧




    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.