その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2007.01.06 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Area61 ビデオミキサ

Area61 ビデオミキサ

go! download このソフトをダウンロードする
このソフトをダウンロードする
Area61 ビデオミキサ
複数の動画や静止画を組み合わせてAVI/WMV動画ファイルを作成できる動画編集ソフト
Windows XP/Me/2000/98  シェアウェア
Area61 ビデオミキサ
  • プレイリスト風の画面で動画編集を行える。クリップのサムネイルも確認できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 動画をプレビューしながらトリミングやエフェクトの適用も可能
  • 動画フィルタの設定画面。複数のフィルタを同時に適用することもできる

  • 動画や静止画などから、新たな動画ファイルを作成する動画ミキサ。

    「Area61 ビデオミキサ」は、動画/静止画を素材にして動画を作成する編集ソフト。動画を構成する複数のクリップを再生したい順に並べればよく、操作は簡単。ビデオ編集のほか、複数の静止画から動画(静止画アニメーション)を作成することも可能。

    クリップの読み込みには、同梱される動画再生ソフト「Area61 ビデオブラウザ」を利用する。クリップにイン/アウト点を指定してトリミングできるほか、動画エフェクトを適用することも可能。「画面反転」「色調整」「ガンマ調整」などの多彩なエフェクトを利用できる。同時に複数のエフェクトを組み合わせることも可能だ。

    DVクリップを読み込む場合は、クリップを自動分割することも可能。カットごとの分割のほか、日付情報で分割することもできる。

    クリップとクリップの間には「切り替わり効果(トランジションエフェクト)」を付加できる。トランジションには「フェード」「スライド」などが用意されている。

    音声機能では、個々のクリップに対して「ミュート」や「フェード」などを指定できる。さらに音声トラックを別途追加することで、BGMを付けることも可能。音声の編集はビデオと同じプレイリスト方式で、個々の音声クリップにエフェクトを適用することができる。

    静止画を読み込む場合は、静止画の再生時間をミリ秒単位で指定できる。静止画を組み合わせてアニメーションを作成することも可能。プレイリスト中の静止画クリップの再生時間は個別に設定できる。すべての静止画の再生時間をまとめて同じ値に設定する機能もある。

    Windows Media Playerで再生できる形式であれば、基本的に読み込むことが可能。出力ファイル形式はAVI/WMVを選択できる。AVI出力ではDV-Type2のほか、176×144から1,920×1,080までの非圧縮AVIも出力できる。WMV出力では、HD解像度のWMV-HDファイルを作成することも可能だ。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    リボンインタフェースで効率的な操作を実現。シンプルで使いやすいタブ型ファイル管理ソフト「SPFiler」
    リボンインタフェースで効率的な操作を実現。シンプルで使いやすいタブ型ファイル管理ソフト
    「SPFiler」
    酉年素材も収録。年賀状作成に便利かつ十分な機能を搭載した、シンプルな“無料”はがき作成ソフト「筆楽名人2017 for Win 無料版」
    酉年素材も収録。年賀状作成に便利かつ十分な機能を搭載した、シンプルな“無料”はがき作成ソフト
    「筆楽名人2017 for Win 無料版」
    画像や動画を「葛飾北斎」風や「ゴッホ」風などに変換できる“ニューラルAIエンジン”「NeuralStyler」
    画像や動画を「葛飾北斎」風や「ゴッホ」風などに変換できる“ニューラルAIエンジン”
    「NeuralStyler」
    日常的な文書作成に手軽に使える、Microsoft Word 2003風のシンプルなワープロソフト「AbiWord」
    日常的な文書作成に手軽に使える、Microsoft Word 2003風のシンプルなワープロソフト
    「AbiWord」
    事前登録不要ですぐに使える、簡単操作の音声認識ワープロソフト「Voice Rep Pro」
    事前登録不要ですぐに使える、簡単操作の音声認識ワープロソフト
    「Voice Rep Pro」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    パソコンで動画編集ができるようになって以来、動画編集ソフトはさまざまなスタイルのものが登場した。上級ソフトに見られるタイムライン方式や、初心者向けソフトに見られるストーリーボード方式など。それぞれメリット/デメリットがあるし、利用者の好みもあるので、さまざまな選択肢があることは重要だ。

    「Area61 ビデオミキサ」のユーザインタフェースは、いわば「プレイリスト方式」とでも呼べるもの。例えばソニーの「DVGate」や、カノープスのDVキャプチャボード付属の編集ソフトなどで使われているのと同様の方式で、シンプルな操作性ながらなかなか効率のよい編集が可能だ。

    さらにハイビジョン解像度の編集に対応している点も注目したい。まもなく登場するWindows Vistaでは、付属のビデオ編集ソフト「Windowsムービーメーカー」が存在するが、ハイビジョン解像度の編集ができるのは「Home Premium」か「Ultimate」に付属のものだけ。「Area61 ビデオミキサ」はWindows標準ソフトでできないことをうまくカバーしているといえる。小回りの効く動画編集ソフトとして利用したい。

    (天野 司)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機・背景
    自分たちが撮りためたビデオ映像やデジカメ写真から、家族・親戚・友人に見せるための映像を手早く作成できるようにしたいという思いで「Area61 ビデオミキサ」の開発をはじめました。このような用途では「本格的な動画編集ソフトを使うほどのことはないが、動画クリップを単純につなぎ合わせるだけではもの足りない」というところかと思います。

    そこで「複数動画からほしいところを切り出し、部分的に静止画を挟み込んで簡単なトランジションを付けられる」機能を「ビデオミキサ」の基本機能と定めました。複数の静止画をドラッグ&ドロップして編集リストに一括登録する機能もありますので、静止画アニメーション作成ツールとしても使えます。

    2003年5月にフリーソフトとして初公開し、その後、2005年8月からはシェアウェアバージョンを並列公開しています。シェアウェアバージョンには、BGMやナレーションの追加、動画トリミングや動画レタッチの追加、シーン自動分割などの応用機能が付加されています。

    ユーザにお勧めする使い方
    本ソフトには「Area61 ビデオブラウザ」が同梱されています。「ビデオブラウザ」に動画ファイルを読み込んで必要動画区間を範囲指定し、次に「ビデオミキサ」の「追加」ボタンを押して、この動画区間を編集リストに順次追加してゆく、というのが基本的な使い方です。

    「ビデオミキサ」の最重要目標は、すばやく簡単に動画編集を行えるようにすることですが、「ビデオミキサ」の使い勝手の良し悪しは、「ビデオブラウザ」の使い勝手の良し悪しに大きく依存していると考えています。「ビデオブラウザ」は、スロー再生、コマ送り再生、高速再生、逆再生、リピート再生機能のほか、サムネール一覧表示、タイムコード頭出し、撮影日時表示などの機能を備えています。それぞれの機能にはショートカットキーも割り当てられており、動画編集に使いたい区間をすばやく探し出すことができます。

    また、動画から静止画をキャプチャしたり、指定動画区間を連番静止画として連写キャプチャしたりでき、これら作成した静止画をすばやく「ビデオミキサ」に取り込めます。「ビデオミキサ」をご利用いただく際はぜひ、「ビデオブラウザ」が提供するこれら多彩な機能を一度お試しいただきたいと思います。

    今後のバージョンアップ予定
    まだ思考錯誤しながら機能アップを行っている段階ですが、自分自身が動画編集する際には「ビデオミキサ」を常用しています。現在、テロップ入れ機能の実装について複数の方からご要望を頂戴しており、ぜひ対応したいと考えています。

    また、次々と登場する新しい動画形式についても極力フォローするように努めてきました。Area61.NETには、MPEG-2/RealMedia/FLVなどの動画をビデオミキサで動画編集する方法について公開しています。これらの情報は、Area61以外の動画関連ソフトにも広く使える情報であるため、現在、Area61.NETの超人気コンテンツとなっています。今後もこのようなコンテンツを増やすことが重要と考えています。

    最後に
    「ものを作るときには、その利用者と対話しながら作らないといけない」ということを、メーカーで商品開発業務をしていたころに感じました。初心を忘れることなく利用者との対話を大切にしてゆきたいと考えています。最後になりましたが、詳細なバグレポートや知見に富んだ要望などをお寄せくださった数多くの利用者の方々に、心よりお礼を申し上げます。今後もご意見ご要望などをどしどしお寄せください。

    (Area61.NET)
    最近のレビュー記事
    TotterTotternew!!Totter
    除外指定や属性指定にも対応。「ごみ箱」を含む、指定フォルダ内の古いファイルをまとめて削除できるソフト
    青色申告でき太 12 Pro青色申告でき太 12 Pronew!!青色申告でき太 12 Pro
    消費税率10%に対応。帳票のカラー印刷や伝票の複製も可能な個人事業者向けの“やさしい”会計ソフト
    HourGuardHourGuardHourGuard
    簡単な操作で作業の開始・終了時刻を記録。報告書の作成にも対応した作業時間管理ソフト
    Windows10レスキューキットEXWindows10レスキューキットEXWindows10レスキューキットEX
    CBB制御機能などが追加され、さらに便利に。Windows 10の円滑な導入・運用をサポートする「レスキューキット」の新バージョン
    勇限会社 勇社勇限会社 勇社勇限会社 勇社
    ブロック崩しにシューティングとRPGの要素を加えた、ユニークなシステムのステージクリア型ゲーム
    Shortcut Target ChangerShortcut Target ChangerShortcut Target Changer
    検索・置換後文字列の組み合わせを複数設定し、多数のショートカットファイルのリンク先をまとめて変更できる
    Polarr Photo Editor for Windows 10Polarr Photo Editor for Windows 10Polarr Photo Editor for Windows 10
    多彩なフィルタなどでデジタル画像を“より鮮やかで印象的”なものにする、簡単操作&高機能なフォトレタッチソフト
    「面白いと思ったマンガを、その時、誰かに薦めたい!」2017年ノミネート作品発表!
    2017年ノミネート作品発表!
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年1月】

    Apower MirrorApower Mirror
    iOS/Androidスマホの画面をパソコンのディスプレイに表示できる、簡単操作の“ミラーリング”ソフト
    Gate In The Darkness〜逢魔が刻(とき)〜Gate In The Darkness〜逢魔が刻(とき)〜
    悪霊などと戦いながら幽霊屋敷内を探索し、屋敷から脱出・生還するオカルトホラーRPG
    WinContigWinContig
    指定したファイル/フォルダだけをすばやく最適化。USBメモリなどで持ち運んで使える、コンパクトなデフラグソフト
    ATOK 2017 for Windows [プレミアム]ATOK 2017 for Windows [プレミアム]
    「ディープラーニング」採用の新エンジンで、より自然な日本語変換を実現した「ATOK」の新バージョン
    WinriseWinrise
    マウスポインタのデスクトップ端への移動で、あらかじめ指定しておいたウィンドウがサッと表示される
    Mac Blu-ray Player PROMac Blu-ray Player PRO
    Blu-rayメニューに完全対応。4K UHDやDolby TrueHDなどにも対応し、高画質・高音質でBlu-rayタイトルを楽しめるマルチメディアプレイヤー
    コネコネイビーコネコネイビー
    ほんわかとした雰囲気だが難易度は高い。空飛ぶネコが主人公の横スクロールシューティングゲーム


    「Area61 ビデオミキサ」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧



    ● Area61 ビデオミキサ Ver.2.5.3
  • 作 者 : Area61.NET さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98
  • 種 別 : シェアウェア new
    Area61 ビデオミキサ 2.5.3 動画や静止画をつなげて新たなAVIやWMVを作成するビデオ編集ツール 動画トリミング機能を追加 (3,506K)

  • -->

    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.