その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2006.03.04 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > ファイナルハードディスク診断2006

ファイナルハードディスク診断2006

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
ファイナルハードディスク診断2006
ハードディスクの状態を監視し、寿命を予測する故障診断・管理ソフト
Windows XP/Me/2000/98  製品:試用可
ファイナルハードディスク診断2006
  • 「高度な情報」画面。ドライブの機能やファイルシステムなどの詳しい情報がわかる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 「予測診断」画面。スピンアップ時間や読み込み成功率の変化をもとに故障発生日を予測する
  • オプション設定画面。温度チェックの設定や監視するS.M.A.R.T情報の指定などができる

  • ハードディスクの情報の表示や寿命の予測を行ってくれる故障診断・管理ソフト。

    「ファイナルハードディスク診断2006」は、パソコンの内蔵ハードディスクの状態をチェックするためのソフト。ハードディスクの機種名や空き容量などの基本情報を表示するほか、ハードディスク自身が持つ自己診断機能(S.M.A.R.T.)から取得したデータを表示したり、さらにそのデータの変化から障害の発生が予測される日──すなわちそのハードディスクの寿命──を教えてくれたりする。

    通常はタスクトレイに常駐。初期設定では60分ごとにS.M.A.R.T.の情報をチェックし、大きな変化があった場合はメッセージを表示したり、レポートファイルを添付したメールを送信したりする。

    メイン画面では「全般情報」「高度な情報」「S.M.A.R.T.詳細」「予測診断」の四つの情報を確認できるようになっている。

    「全般情報」では、すべての内蔵ハードディスクの型番やインタフェース、容量/空き容量などの基本的な情報に加え、読み込みやシークの成功率、ハードディスクの温度(ハードディスクが温度センサを備えている場合のみ)などの情報、現在のおよその状態や寿命予測を確認できる。読み込みやシークの成功率、ドライブの温度はグラフで変化を確認することも可能だ。

    「高度な情報」は、シリンダ数やヘッダ数、サポートする転送モードや現在の転送モード、ハードディスクの持つ機能(電源管理やセキュリティ機能など)を表示する。割り当てられた論理ドライブのドライブ名やラベル、ファイルシステムなどもわかる。

    「S.M.A.R.T.詳細」では、自己診断機能から取得した情報をハードディスクごとに表示する。読み込み/書き込み成功率やスピンアップ時間、エラー訂正数などが数値とパーセンテージで表示される。

    「予測診断」では、ハードディスクごとにスピンアップ時間や読み込み成功率などの変化をグラフ表示し、それらが一定の水準(しきい値)を下回る日を予測する。また、ハードディスクの使用開始時日の設定を行うこともできる。

    「全般情報」「高度な情報」「S.M.A.R.T.詳細」の情報は、レポートとしてHTMLファイルで保存できるほか、ボタンクリックひとつで電子メールとして送信することもできる。

    そのほかオプションとして、S.M.A.R.T.の監視間隔や変化があった場合の通知方法の指定、ハードディスクの温度を監視する間隔や「致命的なHDD温度」の設定、監視するS.M.A.R.T情報の選択、レポートメールの送信先アドレスや「どのようなときにレポートメールを送信するか」といった指定を行える。

    対応するハードディスクは、オンボードのパラレルATAおよびシリアルATAインタフェースで接続されたもの。外部インタフェースに接続されたものやRAID構成のドライブは対象外となっている。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    充実したバックアップ機能を搭載。データ保存を気にせず使える、リッチテキスト対応のメモソフト「メモ紙」
    充実したバックアップ機能を搭載。データ保存を気にせず使える、リッチテキスト対応のメモソフト
    「メモ紙」
    画像の先読みとOpenGL描画によって、たくさんの画像を快適に閲覧するための画像ビューア「QuickViewer」
    画像の先読みとOpenGL描画によって、たくさんの画像を快適に閲覧するための画像ビューア
    「QuickViewer」
    製品版から印章用フォントなどを割愛して手軽に利用できるようにした、高機能電子印鑑作成ソフトのフリー版「パパッと電子印鑑Free」
    製品版から印章用フォントなどを割愛して手軽に利用できるようにした、高機能電子印鑑作成ソフトのフリー版
    「パパッと電子印鑑Free」
    カレンダーでのスケジュール管理なども可能。GMailやiCloudなどと簡単に同期し、連携して使える高速電子メールソフト「eM Client」
    カレンダーでのスケジュール管理なども可能。GMailやiCloudなどと簡単に同期し、連携して使える高速電子メールソフト
    「eM Client」
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト「TresGrep」
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    「TresGrep」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    パソコンの中でもハードディスクは機械的動作部分が多く、損耗の激しいパーツのひとつだろう。しかもいったん故障するとOS自体が動作しなくなったり、貴重なデータを破損するなど深刻な被害をもたらす可能性が高く、単なる部品交換では済まない場合もある。そこでハードディスク自身が持つ自己診断機能を利用して、ハードディスクの「健康状態」を常にチェックしようというのが「ファイナルハードディスク診断2006」だ。

    初期設定では60分に1回ハードディスクから情報を取得し、その履歴から各部の劣化度を判定。劣化が一定の水準(しきい値)以上に進む日をそのハードディスクの寿命として予測してくれる。寿命は日付やグラフで教えてくれるし、自己診断データに大きな変化があったときは通知もしてくれるので、ハードウェアにあまり詳しくない人にもわかりやすい。また論理ドライブごとの空き容量などもわかるので、ハードディスクの追加や交換など日ごろの管理にも役立つ。

    このようなソフトは上級者向けと思われるかもしれないが、パソコンの調子を判断できる経験が乏しかったり、バックアップの重要性を意識していなかったりする初心者にとって、より重要なのではないだろうか。寿命を正確に予測するには、ハードディスクを使い始めた日を登録しなければならないので、できればパソコンを買うときにいっしょに購入しておきたい1本だ。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ハードディスクはいつか壊れるものである
    ハードディスクはいつかは壊れるものである。バックアップは重要であると言われ続けているが、普段はなかなか取る気にならない。そして、そうこうしているうちにハードディスクが壊れ、バックアップがないことを後悔する。一体いつまでにバックアップを取らなければならないのか? そんな疑問に答えてくれるのが、この「ファイナルハードディスク診断2006」である。

    おすすめの使い方
    使いはじめる前に、まずはハードディスクの使用開始日を設定しよう。予測診断の画面を開くと、画面左の一番下に「HDD使用開始日付」という欄がある。正確な日にちがわからなくても大丈夫。使いはじめたのは暑い時期だったか、それとも雪が降っていた頃か。それらしい日にちを設定しよう。その後、全般情報の画面に戻って寿命を確認。「データ不足で予測不能」となっていたら、3、4日後にもう一度見てみよう。寿命を予測できるだけのデータが集まっている頃である。相変わらず「データ不足で予測不能」であれば、本当に状態がよく、予測ができないのかもしれない。何れにせよ、寿命が表示されればバックアップの計画が立てやすくなる。

    注意しなければならないのは、この寿命は変わっていくものだということ。ハードディスクの状態をもとに寿命を予測しているので、状態が大きく変われば寿命も大きく変わるということだ。だからといって、毎回画面を確認するのは面倒な話である。幸いなことに、「Windowsスタートアップ時に起動」して、「危険な状態になった場合、メイン画面を表示する」ようなオプション設定になっているので、画面が表示されたときに寿命を確認すれば十分であろう。

    設定の変更はオプション画面で行うが、基本的に変更するところはないであろう。お勧めは、温度のページで「温度の確認間隔」を600秒くらいにすること。温度は急激に変わるものではないので、5〜10分間隔でも十分であろう。ただし、これは同時に警告音がそれだけ鳴り続けるということである。警告音がなくてもアイコンが点滅して知らせてくれるので、「警告音を鳴らす」のチェックを外してしまっても問題はないであろう。

    パソコンに詳しくない人に「ファイナルハードディスク診断2006」を入れてあげるときは、オプション画面の「レポートメール」を利用しよう。「レポートメールの宛先」を自分にして、「非常事態発生時」のチェックを入れておけば、問題が発生したとき自分にメールが送られてくる。メールが届いたら、バックアップのための機材を持って、状況を確認しに行こう。もちろん、バックアップツールに「ファイナルBackUp9.0 PRO」を使うのは、このレビューでのお約束である。

    以上、実際の使い方を中心にまとめてみた。寿命がわかるということは、壊れる前に対策をとれるということである。ただし、あくまで予測であって、保証しているわけではないので、過信は禁物。やはり、定期的にバックアップを取ることは重要である。

    (AOSテクノロジーズ(株))
    最近のレビュー記事
    Advanced SystemCare 11 PROAdvanced SystemCare 11 PROnew!!Advanced SystemCare 11 PRO
    脆弱性の診断・修正もワンクリックで。システムの最適化や保護、スピードアップを手軽に行える“高速&快適化アプリ”
    窓フォト窓フォト窓フォト
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    筆楽名人2018 for Win筆楽名人2018 for Win筆楽名人2018 for Win
    シンプルな操作画面ではじめてでも直感的に使える、“おしゃれ”な年賀状・はがき作成ソフト
    TextifyTextifyTextify
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    Driver Booster 5 PRODriver Booster 5 PRODriver Booster 5 PRO
    アイドル時の自動インストールが可能に。100万以上のドライバーに対応する、簡単操作のドライバー更新ソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年10月】

    FreeMoveFreeMove
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
    はがき作家 11 Professionalはがき作家 11 Professional
    住所録一覧の表示・印刷機能などを強化。戌年素材が豊富に収録された“簡単・高機能”はがき作成ソフトの新バージョン
    でかく見たいねんIIでかく見たいねんII
    最大1200%までの拡大に対応。ちらつき防止にも配慮された、ディスプレイの部分拡大表示ソフト
    ネットラジオレコーダー7ネットラジオレコーダー7
    キーワード予約機能を強化。録音済みファイル編集時のUndoにも対応したIPサイマルラジオ録音ソフト
    FileShelf PlusFileShelf Plus
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「ファイナルハードディスク診断2006」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧



    ● ファイナルハードディスク診断2006 Ver.1.5
  • 作 者 : AOSテクノロジーズ(株) さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://www.aostech.co.jp/
  • 補 足 : 体験版の試用期間は14日間


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    現在公開ファイルがありません


    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.