ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー 2005.12.03 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > Wiggle

Wiggle

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Wiggle
マウスを“ゆり動かす”ことで、メニューコマンドを実行できるユーティリティ
Mac OS X  シェアウェア
Wiggle
  • ジェスチャーで「N」を入力(【command】+【N】)し、テキストエディットで新規文書ウィンドを開く

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • AfterSaver EffectでのChaseTheMouseの実行時
  • 詳細な設定は、システム環境設定パネルで「Wiggle」を選び、この画面で行う

  • システム環境設定型のマウスユーティリティ。マウス位置を教えてくれたり、マウスを“ゆり動かす(wiggle)”ことでコマンドを実行したりできる。

    「Wiggle」は、マウスポインタの位置を簡単なアニメーションで知らせる「AfterSaver Effect」、マウスの軌跡によるアルファベットの入力などで、キーボードショートカットを実行できる「Wiggle Effect」の二つの機能を持つマウスユーティリティ。

    「AfterSaver Effect」では、一定時間マウス操作が停止したあと、再びマウスが動いた際に、簡単なアニメーションでマウスのある位置を知らせてくれるもの。停止時間は1分〜60分の範囲で指定できる。アニメーションは(将来の追加を想定して)プラグイン形式で提供される。(現在のバージョンでは)4種類のプラグインを利用できる。

    • default:マウスの周囲に虹色の円を表示
    • Attack:デスクトップ左右下隅に「銃」が現れ、マウスに向けて光線を発射
    • ChaseTheMouse:デスクトップ隅にスポットライトが現れ、マウスのある位置まで移動
    • MouseLocation:画面左下隅を起点(0,0)としたマウス位置の座標(横,縦)を表示
    ユーザは、これらからひとつを選択して利用できる。毎回ランダムに実行されるように設定することも可能だ。

    「Wiggle Effect」は、マウスを使ってひと筆書きの要領で英数字や記号を書き(ジェスチャー)、メニューコマンド(キーボードショートカット)を入力する機能。利用できるジェスチャーは、

    • アルファベットキー:【A】〜【Z】
    • 数値キー:【0】〜【9】
    • 記号キー:【?】/【+】/【−】
    • 矢印キー:【↑】/【↓】/【←】/【→】
    • 特殊キー:【shift】/【option】/【control】
    さらに、AfterSaver Effectを実行する4種類のジェスチャーがあり、計50種類を使えるようになっている。

    ジェスチャーが認識されると、書かれた文字のエコーバックが画面上に表示され、【command】+入力文字がアクティブウィンドウに送られる仕組み。例えば【Z】のジェスチャーを行うと、【command】+【z】が入力される(ただし、実行後にコマンドとして認識するかどうかは、アプリケーション次第となる)。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト「GeekUninstaller」
    不要なアプリケーションを跡形なく消去できる、使いやすいアンインストール支援ソフト
    「GeekUninstaller」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる「dINDEX.2」
    実際のフォルダ構造にかかわらずファイルをわかりやすく分類・管理し、すばやく参照できる
    「dINDEX.2」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン「Revo Uninstaller Free」
    64bit OSに完全対応。ハンターモードの改善なども図られた“強力”アンインストーラの新バージョン
    「Revo Uninstaller Free」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー「RE PLAYER」
    シンプルなデザイン、軽快な動作、カスタマイズ自由度の高さが特徴の高機能メディアプレイヤー
    「RE PLAYER」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト「出来事帳」
    日付ごとの出来事や予定などを“1行文章”でサッと書き込めるカレンダー+メモ帳ソフト
    「出来事帳」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    マウスポインタを、光線銃で照射(?)して位置を知らせるなど、Macらしい遊び心をもったユーティリティだ。

    ソフト名にもなっている「Wiggle」機能の、マウスをコマンド入力に使おうという発想もおもしろい。一部の文字については、ジェスチャーの字形が(一画で書けるように)簡略化、変形が行われており、スムーズに入力できるにはある程度の練習と慣れが必要だろう(PDAのPalmなどでコマンドや文字入力に採用されている手書き文字認識と似ている)。もっとも、認識させるボタンなどはなく、マウスの軌跡と動作/停止時間を判定して自動認識してくれるため、操作感はなかなか快適だ。

    ジェスチャーの認識率はなかなか優秀で、ちょっとコツをつかめばストレスなく使いこなせそうだ。こんなに使えるのであれば、例えば「モードを切り替えるなどして、テキスト入力にも使えるといいのにな」と思うのは欲張りすぎか。

    (坂下 凡平)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    最近の液晶モニタが大型化し、スクリーンのドットピッチ狭くなっているせいでしょうか、作業中マウスを見失う機会が多くなりました。特に、スクリーンセーバから復帰したあとや、Photoshopで小さいブラシを選んでいるときなどに多く発生します。対策としてX Windowで有名な目玉ソフトを導入してみましたが、ウィンドウ操作の邪魔になることと、いまいち精度が低いのですぐにあきらめました。そうこうするうちに、このような場合に無意識のうちにマウスを左右に動かしている自分に気づき、これが開発のきっかけとなりました。

    開発中に苦労した点
    「Wiggle」を作るにあたり、次の二つの目標を設定しました。

    1. マウス座標を知らせる機能は、他のソフトの操作や表示を邪魔しないこと。そして、複数のお知らせ方法をサポートするためにプラグイン形式にすること
    2. マウスの移動を検出するジェスチャー判定機能は、複数のパターンをサポートし、キーボードショートカットが入力できるくらいの拡張性を持たせること
    これらの目標達成のために苦労したのは、とにかく参考資料が少ないことです。プラグインの実装や他のアプリケーションへのイベントの送信方法など、他のアプリケーションが使わない機能を実装しようとすると極端に参考資料が少なく、手探り状態での開発になってしまいました。

    ユーザにお勧めする使い方
    マウス位置のお知らせ機能は、Photoshopで小さなブラシをよく使う方や、作業中よく席を外しがちの人にお勧めします。キーボードショートカット機能は、作業中に右手にマウス、左手にコーヒーなどを持っていて、キーボードに手が回らない人にお勧めします。

    今後のバージョンアップ予定
    「Wiggle」ではプラグインの実装技術と、マウスのジェスチャー判定機能を基盤技術と位置づけています。今後はこの二つの基盤技術の上にユニークな機能を追加していきたいと考えています。Ver.1.1(仮称)では、Ver.1.0の表示上の不具合の対策とプラグインアプリケーション機能を実装する予定です。プラグインアプリケーションとは、ジェスチャーで起動し、ジェスチャで終了するプラグインタイプのユーティリティです(年内公開を目標に進めていますが、間に合うかどうか微妙なところです)。

    さらに次のバージョンでは、「Wiggle」に何らかの形でカスタマイズ機能を実装する予定です。そして、最終的にはアプリケーションをサポートする各種ユーティリティのプラットホームみたいなものにできればいいなと考えています。

    その他
    プラグインインタフェースはVer.1.1(仮称)開発後に公開を予定しています。ご希望の方はお問い合わせください。

    (Kazumi Koike)
    最近のレビュー記事
    InPixio Photo Clip 9 ProfessionalInPixio Photo Clip 9 Professional
    高度な写真加工を誰でも手軽に行えるオールインワン画像編集ソフト
    HD革命/CopyDrive Ver.8HD革命/CopyDrive Ver.8
    パソコンの環境をOSやデータを丸ごと別のハードディスクやSSDにコピー
    コリャ英和!一発翻訳 2020コリャ英和!一発翻訳 2020
    英語を「読む・書く・話す・調べる・学ぶ」がワンパッケージで実現できる英日・日英翻訳ソフト
    カメラでなんでもスキャン Proカメラでなんでもスキャン Pro
    スマートフォンやデジカメで撮影をした文書をスキャンデータのように補正し管理するソフト
    JRiver Media Center 25JRiver Media Center 25
    高音質で音楽再生を楽しめるハイレゾメディアプレーヤー
    AdGuard PremiumAdGuard Premium
    各種WebブラウザでWebサイトを閲覧する際に表示される広告を非表示にするソフト。Mac、Androidならアプリ内に表示される広告もブロック可能
    Nero Platinum 2019Nero Platinum 2019
    ディスク作成、動画編集、動画変換、再生・管理機能など、豊富な機能を搭載した総合マルチメディアソフト
    Cool Logo 3DCool Logo 3D
    シンプルな操作で誰でも簡単に立体的なテキストロゴが作成できるロゴ作成ソフト
    「Wiggle」と同じカテゴリーの他のレビュー

    新着ソフトレビュー 公開記事一覧



    ● Wiggle Ver.1.0.1
  • 作 者 : Kazumi Koike さん
  • 対応OS : Mac OS X
  • 種 別 : シェアウェア
  • 作者のホームページ : http://www013.upp.so-net.ne.jp/tanken/index.html
  • 補 足 : 試用期間は1ヵ月間


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    シェアウェアプロレジ・シェアレジ(972円(税込))
    Wiggle 1.2.1 マウスジェスチャによるコマンドショートカット入力機能とジェスチャによるプラグインの実行環境を提供 (2,734K)


    おすすめコンテンツ

    掲載内容に関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.