その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2005.10.01 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Smash Shuttle

Smash Shuttle

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Smash Shuttle
主人公を育てて全国大会を目指すバドミントンシミュレーションゲーム
Windows XP/Me/2000/98  フリーソフト
Smash Shuttle
  • ほとんどのスポーツを「極めた」という主人公は、なぜかバドミントン部に入ることに

  • バドミントンをテーマにしたシミュレーションゲーム。シミュレーションパートでステータスを強化し、アクションパートで試合に挑む。

    「Smash Shuttle」は、入学したばかりの高校生の視点からはじまるスポーツシミュレーションゲーム。主人公・水瀬宏樹は、あらゆるスポーツで好成績を叩き出す、運動神経抜群の男子高校生。しかし、あまりにも簡単に各種競技をマスターできるため、高校では「やりがいのあるスポーツ種目」への入部を求めていた。

    そんな主人公の前に現れたのがバドミントン部の先輩・村田。「バドミントンはスポーツではなくお遊び」と断言する主人公に対し、村田は「(村田が水瀬に)勝ったら、入部すること」という条件でバドミントンの試合を申し込む。結果は、村田の圧倒的な勝利。勝負に負けた主人公は、悔しさをバネに高校生活の3年間をバドミントンに賭けることになる。

    ゲームの基本は、主人公の素早さやバドミントンテクニックなどのステータスを強化するシミュレーションパート。そのほかには、主人公や主人公の友人、気になる女友達、バドミントンのライバルたちなどと繰り広げられる学園ドラマ風のアドベンチャーパートや、実際にバドミントンの試合を行うアクションパートが用意されている。

    ゲームの中心であるシミュレーションパートは、1週間単位で進行する。シミュレーションパートでは、主人公の体力と引き換えに「攻撃」「守備」「素早さ」といった、バドミントンを行う上で重要となる五つのステータスを強化できる。

    ステータスを強化するには通常、「トレーニング」メニューで選択できる「筋力トレ」「基礎打ち」などの練習を行う。練習項目は全部で6種類。例えば、筋力トレを選択すると攻撃力や闘争心がアップし、基礎打ちならば守備やテクニックステータスを強化できる。反面、筋力トレでは守備やテクニックが若干落ち、基礎打ちでは攻撃力や素早さが落ちるなど、選択したトレーニングに応じて下がるステータスがある。このため、特定のステータスだけを上げようとすると、バランスの悪い選手に育ってしまう。

    ステータスを下げることなく、全体のステータスをアップできる訓練も存在する。「実践練習」だ。ただし、実践練習は他のトレーニングよりも大幅に体力を消費する。体力を回復するには、通常「休養」コマンドを使う必要があるが、実行すると、1週間は何もできなくなるので注意が必要。

    また、育成の強い味方となるのが「アイテム」だ。アイテムには、休養なしで体力を回復できる「スポーツ飲料」や「汗拭きタオル」、攻撃力やスピード力をアップさせるラケット/シューズなどが用意されている。これらの要素をうまく活用して、できるだけステータスを強化しておきたい。

    先輩や仲間との練習やバドミントン大会など、特定のスケジュール日程になると試合イベントが発生する。試合はアクションゲーム形式の1セット15点、3セットマッチで行われる。先に2セットを先取した方の勝ち。画面左にいる主人公は【←】/【→】キーで移動、【↑】キーでジャンプ、ショットキーでボールを打ち返す。

    使えるショット方法は4種類。一般的なショートショット(【X】キー)や、遠くまで打てるクリアショット(【Z】キー)、ボールをネット下に打ち下ろすプッシュショット(【C】キー)を自由に使い分けられる。また、打ち合いをすることでたまる「スマッシュゲージ」が一定以上になると、より攻撃力の高いスマッシュ(【Shift】キー)を打てるようになる。

    ショットキーを押すと表示されるパワーゲージも重要だ。ショットキーを押し続けるとゲージのポイントが増加し、キーを放すと、放した瞬間のゲージの強さで主人公がシャトル(ボール)を打つ。ボールを打つ強さもプレイヤーが自由にコントロールできるようになっている。

    試合では、育成パートで強化したステータスがポイントになる。特定のステータスが低いと、移動速度が遅くなったり、相手ショットを打ち返すための当たり判定エリアが狭くなったりする。試合を有利に進めるためには、シミュレーションパートでのステータス強化が必要不可欠だ。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    「Smash Shuttle」では、絶妙なバランスのシミュレーションと、戦略性が必要となるアクションの両方を同時に楽しめる。ゲームの合間に展開されるアドベンチャーパートも秀逸だ。最初は最下級生だった主人公がどんどんと成長し、後輩を指導するようになるなど、高校3年間の時間の推移をうまくドラマに仕上げている。

    アドベンチャーパートでは他校のライバルや気になる幼なじみの女の子など、さまざまなイベントを見ることができる。ただし、一部のイベントは特定の条件を満たさないと見られない。イベントで選択した行動や、試合の勝敗などによってエンディングが異なるマルチエンディング方式が採用されている。

    (倉本 春)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    世間一般では、それほどメジャーでないバドミントンをテーマとしたゲームなのですが、多くの人にバドミントンを知ってもらい、楽しんでもらおう! と思ったのが一番の理由です。あとは、今の自分の技術でどれほどのものを作れるかに挑戦してみたいという気持ちもありましたね。

    開発中に苦労した点
    苦労した点は、多々ありますが……、やはりバドミントンのアクションですね。どうすれば、本物らしい動きになるか、実際にバドミントンをやりながら開発していました(笑)。

    ユーザにお勧めする遊び方
    キャラクタの育て方や、バドミントンでの勝敗によってエンディングが変わります。自分の好きなように、キャラクタを育ててみてください。

    最後に
    今回のゲーム制作では、チームで開発する大変さをかなり実感させられました。ともに制作していただいたスタッフには迷惑ばかりかけてしまったのですが、最後までありがとうございます。そして、このゲームを手にとっていただいた皆さん、ありがとうございます。楽しんでいただければ幸いです。

    (ボコ)
    最近のレビュー記事
    Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2new!!Ashampoo ZIP Pro 2
    暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    ToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「Smash Shuttle」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧



    ● Smash Shuttle Ver.1.03
  • 作 者 : ボコ さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://maron.dw.land.to/
  • 補 足 : 動作にはDirectX 8.1以降が必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    Smash Shuttle 1.10 バドミントンを題材としたシュミレーションゲーム キャラクターを育てて全国大会を目指せ! (20,672K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.