その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2005.08.31 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > もこ窓

もこ窓

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
もこ窓
非アクティブのウィンドウを自動的に縮小表示してくれるデスクトップユーティリティ
Windows XP/2000  フリーソフト
もこ窓
  • 指定ウィンドウが非アクティブになると、自動的に縮小表示する

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • ルール編集画面(1)。キャプチャボタンで簡単に対象ウィンドウを指定できる
  • ルール編集画面(2)。縮小サイズや縮小方向、復元の方法などを指定できる

  • 指定ウィンドウのサイズを自動的に縮小する、タスクトレイ常駐型ユーティリティ。ウィンドウが非アクティブになると、自動的に縮小してくれる。

    「もこ窓」は、マルチウィンドウでの作業中に、デスクトップを有効活用できるようにしてくれるユーティリティ。ウィンドウが非アクティブ(最前面にない)になると、自動的に指定サイズに縮小され、占有面積が小さくなる。縮小指定を行っていないウィンドウは本来の大きさでそのまま表示される。作業に不要なウィンドウを縮小できるため、作業効率の向上を期待できる。

    縮小されたウィンドウは、アクティブにすることで再び元のサイズに戻る。また、非アクティブ状態のままでも、ウィンドウ上にマウスポインタを重ねれば元のサイズに戻り、ポインタがウィンドウから外れると、再び縮小表示になる。

    ウィンドウを縮小表示対象にするには「アプリケーション名」「(ウィンドウ)クラス名」「(ウィンドウ)タイトル」を指定すればよい。マッチングの条件は「完全一致」のほか、「ワイルドカード」「正規表現」から選択することが可能。指定は個別ウィンドウに対して行えるが、ワイルドカードを使用することも可能で、例えば同じアプリケーションのウィンドウでも、「通常は縮小するが、特定の文書を開いているときだけは縮小しない」といった使い方ができる。

    対象ウィンドウの指定は簡単だ。「キャプチャ」機能が用意されており、マウスの左ボタンを押したまま目的のウィンドウをポイントするだけで、指定できるようになっている。

    設定できるオプションは「縮小サイズ」「縮小方向」など多彩。対象ウィンドウごとに個別に設定できる。

    • 縮小サイズ:縮小時のウィンドウサイズを%またはピクセル単位で指定できる。幅に応じて高さを自動設定することも可能
    • 縮小方向:ウィンドウの四隅のどこを原点として縮小するかを指定する。「自動」の場合は、デスクトップの四隅に最も近い角を原点とする
    • 縮小中も描画する:モニタカメラの映像や動画など、常に描画しておきたい場合に便利。描画間隔も指定できる
    • 描画方法:速度優先または画質優先のいずれかを選べる
    • 復元方法:ウィンドウサイズの復元方法の指定。ポインタをウィンドウに重ねるだけで一時的に復元する「マウスオーバー」のほか、「左クリック」を指定できる
    • 常に手前に表示:縮小ウィンドウを常に前面に表示する
    • ウィンドウの枠を表示:縮小ウィンドウのサイズをドラッグで任意に変更できる。【Ctrl】キーを押しながらドラッグすることで、縦横比を保ったまま拡大・縮小できる
    そのほか、「もこ窓」をスタートアップに登録するオプションがある。
     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト「ToMoClip」
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    「ToMoClip」
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾「Excel便利機能ボタン集2」
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    「Excel便利機能ボタン集2」
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト「FileShelf Plus」
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト
    「FileShelf Plus」
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト「練馬」
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    「練馬」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    Windows XPの「デスクトップの表示」のようにウィンドウを全部隠してしまうのではなく、「任意のウィンドウだけ小さくしてしまおう」という発想がユニークだ。ウィンドウを一時的に縮小することで、背後に隠れていたウィンドウやデスクトップアイコンを操作できるというだけでもかなり便利だが、筆者としては、
    • 縮小中のウィンドウをマウスでポイントするだけで(一時的に)復元できる
    • 縮小したウィンドウを常に最前面に表示できる
    という点ににも注目したい。というのも、この二つを組み合わせることで、文書作成がグンと快適になるからだ。

    例えば、資料のウィンドウを参照しながら文書を作成する場合、普通ならばウィンドウを切り替えつつ作業しなければならないところだが、「もこ窓」を使えば、最前面に縮小したウィンドウを置いて、それを見ながら文書を編集できる(50%縮小程度なら内容もほぼわかるし、画質優先にすればさらにきれいになる)。資料を詳しく見たければ縮小ウィンドウをマウスでポイントするだけでいいし、ウィンドウを復元したまま編集を続けることだってできるのである。

    使わないウィンドウを小さくするという点では、タイトルバーのみを残してロールアップするようなタイプを好む人もあるだろうが、筆者の場合、オンラインソフトのドキュメントやソフトの資料を見ながら原稿を執筆するのが当たり前なので、タスクの切り替えが必要なく、しかもふだん邪魔にならないというはかなり理想に近い環境なのだ。

    「使わないウィンドウを小さくする」のではなくて、「小さくしたまま使える(読める)」ところがいいし、仮想スクリーンで広々と使えるのともまた違った別のよさがある。

    文章でくどくど説明するよりは、実際に使った方がすぐに理解できるタイプのソフトなので、デスクトップを有効に使いたい方はぜひ一度お試しいただきたい。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    あるときふと、ウィンドウを縮小するアイデアを思いついたのがこのソフトの開発をはじめたきっかけです。ウィンドウを縮小する方法で、一番はじめに思いついたのがウィンドウのサイズをそのまま縮小する方法でした。しかし、ウィンドウのサイズをそのまま小さくしたところで、結果的にはデスクトップ領域を多少増やしたに過ぎません。そこで、ウィンドウのサイズだけを縮小するのではなく、ウィンドウの画面そのものを縮小して、デスクトップ領域を増やしつつ、直感的にウィンドウを選択できるようにしました。これにより、デスクトップの作業効率が上がり、さらに美しいデスクトップを保ったまま作業ができるようになります。これが「もこ窓」の最大の特徴であると考えています。

    開発中に苦労した点
    「もこ窓」は、このソフト自体の機能から想像できるように、バックグラウンドでかなり複雑な処理をしています。その処理の中核となるのが「フック」と呼ばれるWindowsの機能を用いた部分です。通常、フックを用いたソフトの開発では、フックの処理をきわめて正確に行わないと大変なことになります。というのは、フックを下手に扱うとWindowsが完全に停止して、タスクマネージャを起動することも再起動をすることもできなくなり、最終的には物理的に電源を落とすしかなくなるのです。

    私自身、フックの処理をチューニング(最適化)しているときに何十回もこのような症状に陥り、そのたびに強制的に電源を落とし、いつパソコンが壊れるかヒヤヒヤしていました。幸いにも、フックのチューニングが終わったときにもパソコンは正常に動作してくれていましたが、いま思えばかなり荒い使い方をしていたように思います。フックさえ完成させれば、その後は特に問題なく開発することができました。

    どんなユーザにお勧めするか
    私は、エディタやエクスプローラをたくさん起動し、ぐちゃぐちゃになったデスクトップ上で(紛らわしさをこらえて)作業しているユーザに対して、特に「もこ窓」の使用をお勧めします。「もこ窓」を使用すれば、そのような環境から解放され、また、上手に使えば大幅な時間削減につながります。もちろん、Webサーフィンしかやらないという方にもお勧めします。ぜひ一度お試しください。

    (mocean)
    最近のレビュー記事
    Quick EyeQuick Eyenew!!Quick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン
    PDFelement 6 ProPDFelement 6 ProPDFelement 6 Pro
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    Iperius Backup FREEIperius Backup FREEIperius Backup FREE
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    Advanced SystemCare 11 PROAdvanced SystemCare 11 PROAdvanced SystemCare 11 PRO
    脆弱性の診断・修正もワンクリックで。システムの最適化や保護、スピードアップを手軽に行える“高速&快適化アプリ”
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年11月】

    窓フォト窓フォト
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    筆楽名人2018 for Win筆楽名人2018 for Win
    シンプルな操作画面ではじめてでも直感的に使える、“おしゃれ”な年賀状・はがき作成ソフト
    TextifyTextify
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    Driver Booster 5 PRODriver Booster 5 PRO
    アイドル時の自動インストールが可能に。100万以上のドライバーに対応する、簡単操作のドライバー更新ソフト
    FreeMoveFreeMove
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    「もこ窓」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧



    ● もこ窓 Ver.1.1.2
  • 作 者 : mocean さん
  • 対応OS : Windows XP/2000
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://tomo.panicode.com/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    もこ窓 1.2.3 ウィンドウを縮小することによって、デスクトップ領域を有効かつ快適にできるようにする (148K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.