その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2004.11.17 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > K2Editor

K2Editor

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
K2Editor
正規表現を利用できるキーワード強調表示など、多彩な機能を備えたテキストエディタ
Windows XP/2000/98  フリーソフト
K2Editor
  • キーワードの強調表示やキー操作など、充実したカスタマイズ機能を持つ

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • キーワードの強調表示でも正規表現によるパターンマッチングを使える
  • コメント行や箇条書きなどを判断して整形処理を行ってくれる

  • キーワード強調表示やGREP検索など、多彩な機能を備えたSDI形式のテキストエディタ。

    「K2Editor」は、正規表現を利用できるキーワード強調表示、自動実行も可能なテキスト整形、マクロといった多彩な機能を備え、さまざまな用途の文書編集に対応するテキストエディタ。SDI(シングルドキュメント)形式で、同時に複数のウィンドウを開くことが可能。いくつもの文書を並行して編集できる。ウィンドウを分割し、同一ファイル内の別の2ヵ所を参照しながら編集することも可能だ。

    編集機能では、一般的な切り取り/コピー/貼り付けに加え、引用記号付きのコピーや貼り付けも可能。インデントやセンタリングといった整形、テキスト中へのタイムスタンプの挿入、大文字⇔小文字/タブ⇔スペースの相互変換などを行える。文字コードの変換も可能。Shift JISやEUCのほか、JIS(ROMANエンコード)/JIS(ASCIIエンコード)、Unicode(LE)/Unicode(BE)、UTF-7/8/8Nなどに幅広く対応する。既存ファイルは自動的に文字コードを認識して開き、異なるコードで保存できる。

    検索関連機能では、正規表現やあいまい検索を行えるほか、行番号指定によるジャンプ、対応カッコを検索しての移動、マーク行へのジャンプなどが可能。行単位で設定し、上または下方向へ順次検索していく通常のマークに加え、最大10ヵ所のマーク位置に直接移動できる「番号付きマーク」を利用できる。また、複数ファイルを対象に文字列を検索するGREP検索機能や、外部の比較用アプリケーションを呼び出して二つの文書の差異を調べる機能も用意されている(比較用アプリケーションは別途入手する必要がある)。

    動作のカスタマイズには、ソフト全体に関するものと、文書の拡張子ごとに設定できる「ファイルタイプ別の設定」の2種類がある。ソフト全体に関するものでは、タスクトレイへの常駐やUndoの上限、禁則処理の方法と対象文字を指定できるほか、マクロの割り当て、キーボードショートカットやツールバーのカスタマイズなどが可能。

    ファイルタイプ別の設定では、フォントや文字サイズをはじめ、文字間/行間や改行桁数、自動整形のON/OFF、表示色などを変更できる。さらに、色分け表示の対象となるキーワードや、拡張子の関連付けの設定を行うことも可能で、編集する文書の種類に応じて好みのスタイルを選べるようになっている。強調表示のキーワードでは、あいまい検索や正規表現も使える。ファイルタイプ別の設定はHTMLやC、JavaScriptなどの言語に応じて12タイプがあらかじめ設定済み。もちろんユーザが追加登録することもできる。

    定型的な操作を自動実行するマクロ機能は、操作手順をその場で記録する方法と、コマンドを記述したマクロファイルを直接作成する方法とがある。実行方法は、

    1. マクロファイルを呼び出して、その場で実行する
    2. いったんマクロファイルを読み込んで、再生コマンドで実行する
    3. 最大20個のマクロを好みのキーに割り付けて、ワンタッチで実行する
    などから選べる。

    印刷関連機能では、フォントや文字サイズを指定できるのはもちろん、3段までの段組および段間隔の指定などが可能だ。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ「Textify」
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    「Textify」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ「窓フォト」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    「窓フォト」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト「FreeMove」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
    「FreeMove」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    豊富なカスタマイズ機能や正規表現の積極的な利用など、自由度の高さや柔軟性、さまざまなプログラム言語に対応する汎用性といった部分が重視されていることを感じさせる。

    なかでも目立っているのは、やはり文字列の強調表示に代表される色分け機能だ。単に「色分け」と呼ばれてはいるが、実際には斜線や下線などの装飾に加えて文字色・背景色の設定、透過オプションなどが組み合わさったもので、文書の内容と設定によってはかなりにぎやかになりそうである。また、文字列の検索・置換だけでなく、キーワードの色分け表示にも積極的に正規表現を利用しているのは興味深い。

    筆者もテキストエディタを愛用しているとはいえ、ふだんはせいぜい雑誌の記事を執筆する程度なので、これほどきめ細かく色分けしたいという要望はないのだが、本格的なプログラマやWebページのデザイナーともなると、これらの機能が活きてくるのだろう。そういう意味ではかなり通好みといってよさそうである。

    そのほかではテキストの改行位置を揃えたり、箇条書きを判断して自動的に2行目以降を字下げするといった整形機能も充実しているので、ちょっとしたテキスト整理に使いたい人やメールソフトと組み合わせて使う外部エディタを探している人などにもお勧めできそうだ。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    「K2Editor」を開発してから、はや6年が経過しました。いまでは定番エディタとして紹介されることも多いので、よく知られたソフトの一つになっていると思います。

    2002年に行った1.4系へのバージョンアップが大きなバージョンアップとしては最後になりますが、定評のあった正規表現色分け機能をさらにパワーアップさせました。ユーザがカスタマイズして色付けできるエディタとしては、このエディタを超えるエディタはないと、現在においても自負しております。

    今後の方針としては、タブ型のエディタを作りたいという野望はいまだ持ち続けていますが、現在のところ既存のソフトのメンテナンスだけで精一杯のこともあり、予定は未定となっております。

    基本機能が押さえられた定番エディタとして、今後もみなさまのお役に立てればいいなあと願っております。

    (K2)
    最近のレビュー記事
    SterJo Startup PatrolSterJo Startup Patrolnew!!SterJo Startup Patrol
    新規アイテムの追加監視機能を備えた、シンプルなスタートアップ管理ソフト
    やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0
    OCRエンジン、画像補正エンジンを改善し、さらに精度を向上させた簡単・高機能な名刺管理ソフト
    わが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Mini
    v4でグラフ機能を追加。強力な入力支援機能で快適に使える、シンプルな家計簿ソフト
    Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16
    最高4Kまでの高解像度スライドショーの作成にも対応。スマートなインタフェースで使いやすい、高速表示の画像管理・編集ソフト
    DaigoDaigoDaigo
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年12月】

    Recover Keys 2Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン
    PDFelement 6 ProPDFelement 6 Pro
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    Iperius Backup FREEIperius Backup FREE
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● K2Editor r.1.4.28
  • 作 者 : K2 さん
  • 対応OS : Windows XP/2000/98
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://k2top.jpn.org/k2soft/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    K2Editor 1.5.9 正規表現カラー強調語や整形など多彩な機能が搭載されたフリーの日本語エディタ (1,042K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.