その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2004.11.10 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > CopitX

CopitX

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
CopitX
メインメニューなどで使われている文字列データを取得し、テキスト保存できるソフト
Windows XP/Me/2000/98/NT  フリーソフト(寄付歓迎)
CopitX
  • メイン画面には起動中のアプリケーションとコントロールが一覧表示される

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 出力形式を選択した後の「Menu」ダイアログボックスでは各種の編集が可能
  • プレビュー画面では出力データの確認だけでなく直接編集することもできる

  • アプリケーションのメインメニューやリストボックスなどに使われている文字列データを取得し、テキスト形式で出力・保存できるユーティリティ。通常ではコピーできないウィンドウ上の文字列をコピーできる「Copit!(コピット!)」の姉妹ソフト。

    「CopitX」は、起動中のアプリケーション(ウィンドウ)で使われている、

    • メインメニュー
    • リストボックス
    • リストビュー
    • コンボボックス
    • ツリービュー
    の各Windowsコントロールを検知し、文字列データとして取得できるソフト。取得したデータはTXT/CSV/XML/HTMLの各形式で出力・保存することが可能。保存前にデータの整形を行うこともできる。

    「CopitX」を起動すると、起動中のアプリケーションとWindowsコントロールを示すアイコンがメイン画面にツリー形式で表示される。データの保存は、

    1. 文字列データを取得したいコントロールを選択する
    2. 出力形式を選択する
    3. 「Menu」ダイアログボックスが表示され、必要に応じてフィールド編集を行う
    4. ファイル名を付けて保存する
    という手順で行う。フィールド編集では出力するフィールド(項目)の選択やフィールド名の編集を行える。リストビューは、すべての出力形式で編集することが可能。その他のコントロールは、出力形式にCSV/XMLを選択した場合に編集できるようになっている。出力前にプレビュー表示を行うことも可能で、プレビュー画面で編集作業を行ってから保存することもできる。

    対象となるアプリケーションは、「CopitX」がアクティブになるたびに自動的に検知され、ツリー表示が更新される。自動検知をOFFにして、【F5】キーで手動で検知させることも可能。標準設定ではタスクバーに表示されているウィンドウが検索対象となるが、画面上に表示されていないウィンドウや、隠れているタブ内のデータも対象にできる。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ「Textify」
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    「Textify」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ「窓フォト」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    「窓フォト」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト「FreeMove」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
    「FreeMove」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    「CopitX」は、「Copit!(コピット!)」と同じ作者による姉妹ソフトとして作成されている。通常ではコピーできない文字列データを取得して、テキスト化できるという点は同じだが、取得対象が異なるのがポイントだ。

    「Copit!(コピット!)」は、ダイアログボックスやエラーメッセージの文字列などを取得することができるが、メインメニューの文字列取得はトップレベルのみ、リストビューは表示されている部分のみという制限がある。コントロール関連は「CopitX」、その他のデータは「Copit!(コピット!)」と、利用目的に応じて使い分けるとよい。

    単なるTXT形式だけでなく、CSVやXML、HTML形式で出力できるのも魅力だ。フィールド編集やプレビュー編集を行い、ユーザの好みの形で保存できるのもうれしい。アプリケーション操作マニュアルの作成時などに、特に大幅な省力化が期待できる。

    使い方はユーザによって異なると思うが、テクニカルライターにとっては、非常に便利な機能を備えたツールである。「『Copit!(コピット!)』で取得できなかったデータがほしい」「ドキュメントなどを手軽に作成したい」など、Windowsコントロールに使われている文字列を利用したいたユーザには必携のツールといえる。

    (川越 裕之)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    出発点は、拙作「コピット!(Copit!)」です。「コピット!(Copit!)」もメニューやリストビュー、ツリービューなどの文字列を取得できますが、対象ウィンドウから取得できる限りの文字データを取得し、シンプルなテキスト形式で列挙表示することを旨としているため、データ量の多いデータ・レコード型コントロールについては制限的表示にせざるを得ない事情がありました。

    しかしユーザの方から「メニュー全体を表示してほしい」「リストビュー等を一定のフォーマットで保存できるようにしてほしい」という強い要望があり、それに応えて生まれたのが「CopitX」です。

    メニュー、リストビューなどのデータ・レコード型コントロールを一定のフォーマットで保存するには「CopitX」、ダイアログやエラーメッセージ等のコピーには「コピット!(Copit!)」と、使い分けていただければ幸いです。

    ユーザにお勧めする使い方
    「CopitX」の自慢はデータをさまざまなフォーマットに編集・整形できる点で、CSV/XML/HTML/(Plain)TEXTの四つのフォーマットに対応しています。CSVもXMLもHTMLもよくわからない、という人は(Plain)TEXT形式で試してみてください。

    データを保存する前に細かな編集ができるのも、このソフトの強みです。例えばリストビューには、ヘッダ名がきちんと設定されていないものがあります。このような場合、「CopitX」のデータ・フィールド編集ダイアログで任意のフィールド名を付けて保存することが可能です。メールソフトの受信・送信メール一覧のようにフィールド配列がアイコン用に使われ、文字列データが空欄のものがありますが、これはチェックを外して保存データから削除することができます。

    メニューやツリービューのようなツリー構造のデータも、文字列データに還元すると単なる1次元配列になってしまいますが、「CopitX」にはノードレベルや親ノードを参照する機能があり、ツリー構造の情報を保持する形でデータを保存します。

    今後のバージョンアップ予定
    「CopitX」の強みは、そのカスタマイズ性にありますが、まだ開発をはじめて日が浅いため、十分でないところもあります。「こんな機能を取り入れてほしい」というご要望があれば、今後のバージョンアップの参考としますので、どしどしお寄せください。

    (梅村 博一)
    最近のレビュー記事
    7+ Taskbar Tweaker7+ Taskbar Tweakernew!!7+ Taskbar Tweaker
    タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
    ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14
    シンプルなインタフェースに多彩な機能を搭載。安定した動作やカスタマイズ自由度の高さなどが特徴のメディアプレイヤー
    SterJo Startup PatrolSterJo Startup PatrolSterJo Startup Patrol
    新規アイテムの追加監視機能を備えた、シンプルなスタートアップ管理ソフト
    やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0
    OCRエンジン、画像補正エンジンを改善し、さらに精度を向上させた簡単・高機能な名刺管理ソフト
    わが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Mini
    v4でグラフ機能を追加。強力な入力支援機能で快適に使える、シンプルな家計簿ソフト
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年12月】

    Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16
    最高4Kまでの高解像度スライドショーの作成にも対応。スマートなインタフェースで使いやすい、高速表示の画像管理・編集ソフト
    DaigoDaigo
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    Recover Keys 2Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン


    レビュー記事一覧



    ● CopitX Ver.0.7
  • 作 者 : 梅村 博一 さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/NT
  • 種 別 : フリーソフト(寄付歓迎)
  • 作者のホームページ : http://www.umechando.com/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    CopitX 0.8 メニュー、リストビュー、ツリービュー等のデータを指定のテキストファイルに生成 (444K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.