その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2004.07.28 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Laplace検索

Laplace検索

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Laplace検索
コンテキストメニューから好きなサービスを選び、キーワード検索を行えるソフト
Windows XP/2000  フリーソフト
Laplace検索
  • 右クリックでウィンドウを表示し、好きな検索サービスでキーワード検索を行う(画面は合成)

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 検索サービスの入力フォームや検索ボタンから簡単に定義ファイルを作成できる(画面は合成)
  • 利用したい定義ファイルを登録する。翻訳サイトやイントラネットも利用できる(画面は合成)

  • Internet Explorerのコンテキスト(右クリック)メニューからキーワード検索を行えるようにしてくれるソフト。ユーザが自由に検索サービスを登録し、検索時に選択できる。検索サービスだけでなく、翻訳サービスなど、さまざまな情報サイトを登録することが可能。IEコンポーネントを利用したタブブラウザなどでも利用できる。

    「Laplace検索」は、IEのコンテキストメニューからキーワード検索を行えるようにする検索支援ソフト。あらかじめ任意の検索サービスを登録しておき、利用したいサービスを一覧から選択して検索を行う。実際に検索を行う際は、

    1. IE上で文字列を範囲選択し、マウスを右クリックして表示されるコンテキストメニューから「Laplace検索」を選ぶ
    2. 選択文字列が入力された状態で、小さな検索ウィンドウが開く
    3. 利用したい検索サービスを選んで実行すると、検索結果がブラウザに表示される
    という流れで行う。

    「Laplace検索」を利用するには、あらかじめ「検索サービスの定義ファイルの作成」「設定ウィンドウへの登録」を行う必要がある。定義ファイルを作成するには、検索サービスのページでキーワード入力欄か検索ボタンを右クリックして、メニューから「FormMaker」を選択する。必要な情報が取得された状態で設定ウィンドウが開くので、ほとんどの場合はそのまま「OK」ボタンを押すだけと簡単だ。一般的なWeb検索サービスだけでなく、ニュースサイトのサイト内検索や、社内イントラネットの検索を定義することも可能。定義ファイルは「UTF-8」で記述されているため、他言語での検索にも対応する。XMLの知識があれば定義ファイルを直接編集することも可能だ。

    定義ファイル作成作業が終わったら、「Laplace検索」のショートカットをダブルクリックして「laplaceRCS」ウィンドウを起動し、定義ファイルを一つひとつ任意のグループに登録してゆく。初期状態では「web検索」「辞書検索」「ニュース」のグループが用意されているが、好きなグループを追加したり、削除したりすることもできる。ただし、各グループに一つ以上の定義ファイルを登録しないと、結果を保存することができない。

    「Laplace検索」には著名な検索サービス用定義ファイルがあらかじめ用意されており、この中から選ぶだけで新たに定義ファイルを作成しなくても使いはじめられる。定義ファイルは「web」「辞書」「ニュース」のほか、「PC」「TV」「買い物」など、計8ジャンル57種類が用意されている(Ver.2.11時点)。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    コンテキストメニューを利用することで、検索サイトにアクセスしなくてもキーワード検索が行えるというのは実に便利だ。検索サービスごとにツールバーを追加する必要もなくなる。

    「Laplace検索」が優れているのは、検索定義ファイルを容易に作成できる点にある。(1)検索サービスのサイトを開いて、(2)キーワード入力欄か検索ボタンの上で右クリックし、(3)「FormMaker」を選択するだけで定義ファイルを作れてしまう。一般的な検索サービス以外にも、例えばベクターのサイト内検索も利用することができるし、社内のイントラネット上の「Namazu」などを利用した検索機能でも使えるので、活用シーンは広い。あらかじめ豊富な定義ファイルが同梱されているのもうれしい配慮だ。

    作者は「近くの図書館の蔵書検索サービスなど、マイナーなサービスにも対応することができます」「将来的にはこの技術を応用することで、サイドバーからの検索機能やMozillaの検索タブで使われるSherlockファイル作成機能も実装したいと思います」と述べており、ここからも応用性の高さが伺える。

    検索ウィンドウへの登録で「web検索」「辞書検索」など、自由にグループ分けできるのも便利だ。検索定義ファイルを登録しないとならないという点は、いきなり使いたいという人には若干面倒に思うかもしれないが、いったん登録してしまえば、非常に便利で有用なツールとなるのは間違いない。登録修正削除を繰り返して、自分好みの「お気に入り」検索システムを作り上げていこう。

    (川越 裕之)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    私自身、昔からIEのコンテキスト(右クリック)メニューを利用した検索支援ソフトを使っていたのですが、既存のソフトには検索エンジンの追加ができない、もしくは手間がかかるという点が不満だったので、なるべく楽にエンジンの追加を行えるソフト、というのを目標に自分で制作しました。

    開発中に苦労した点
    このソフトには「検索結果を新しい窓で開く」というオプションがあるのですが、タブブラウザの「新しいタブで開く」という機能での実装に手間取りました。まぁ、そのおかげでタブブラウザとの親和性はかなり高いものだと自負しています。

    ユーザにお勧めする使い方
    やはり最大の特徴である「検索エンジンを簡単に追加できる」という点を活用して、検索作業でより楽をしていただきたいです。また、繰り返しになりますが、タブブラウザとの併用もよく考えた設計となっていますので、ぜひ一度この機能も試してもらいたいと思います。

    今後のバージョンアップ予定
    現在はIEのコンテキストメニューを利用した検索窓からしか検索できませんが、IEのアドレスバーや、タブブラウザなどの検索バーなどからでも検索できるように機能の拡張を図っていこうと思います。

    (佐野洋二)
    最近のレビュー記事
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーnew!!ホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    ToMoClipToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    筆王 Ver.22 ダウンロード版筆王 Ver.22 ダウンロード版
    使いやすい「素材パレット」を搭載。顔に犬のパーツを合成できる「おもしろ顔スタンプ」が追加された「筆王」の新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● Laplace検索 Ver.2.11
  • 作 者 : 佐野洋二 さん
  • 対応OS : Windows XP/2000
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://www1.0038.net/~laplace/index.htm
  • 補 足 : 動作にはIE 6.0以降、Comdlg32.ocxが必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    laplaceSearch 3.00 検索エンジンを自分で簡単に追加でき、アラビア語など他言語のエンジンにも対応した検索支援ツール (567K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.