その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2004.07.17 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > mifi Carbon

mifi Carbon

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
mifi Carbon
画像に自然な動きを加え、SWFとして出力できるアニメーション作成ソフト
Mac OS X  製品:試用可
mifi Carbon
  • 設定画面。エフェクトをトランジション、ズームに絞り、わかりやすい

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 「mifi」が出力したHTMLファイル。中央の写真がズームアップしている
  • ソースファイル。他のHTMLで利用する場合は、青色部分をコピーすればよい

  • マウスクリックなどで、元画像に別画像がフェードインなどをしてくるアニメーションを作成できるソフト。画像を「リンクボタン」にすることも可能。

    「mifi Carbon」は、わかりやすいインタフェースで直感的に操作できるアニメーション作成ソフト。画像の指定位置に「マウスアップ」「マウスオーバー」「マウスクリック」が行われた際に、別画像が「フェードイン」「スライドイン」および「ズームイン/アウト」するアニメーションを簡単に作れる。出力されたSWFなどを組み込むことで、ダイナミックかつインタラクティブなWebページを実現できる。独自の「Motion Express Engine」を搭載し、アニメーションで自然な動きを再現する。

    対応する画像形式は、JPEG/GIF/PNG/PICT/BMP/TIFF。アニメーションの作成は、

    1. 画像を読み込む
    2. 配置と画像ごとのエフェクトを設定して保存する
    というのが基本的な流れ。これで、HTML/SWFファイルのほか、設定が保存されたMIFIファイル、さらには「mifi Carbon」で使用する画像がサブフォルダ内に出力される。必要に応じてHTMLファイルを編集し、自分のWebページに組み込めばよい。

    ひとつのステージ(表示エリア)内には、複数の画像を縦一列または横一列に配置することが可能。各画像は、「マウスアップ」などのイベントが発生した際に、別の画像に「フェードイン」などで切り替わるよう指定できる。フェードインに要する秒数やスライドインの方向、さらには、画像の大きさが変化する際の激しさを表す「バネ具合」などを細かく指定することが可能で、ゆっくりと切り替えたり、点滅させたりといった動きを再現する。

    配置した画像にリンクを張り、画像をクリックしたときに任意のHTMLファイルをオープンさせることも可能だ。画像ごとに、リンク先のURL、ターゲット(フレームがある場合)を指定するだけで、動きのあるリンクボタンを簡単に作れる。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    FlashやJavaScriptなどの知識がなくても、簡単な設定だけで、ある程度動きのある画面を作れる点が一番のウリである。エフェクトの動きには、ニュートン力学(物理法則)が取り入られているという。「Motion Express Engine」と呼ばれるライブラリを利用したもので、「弾む」「伸びる」「揺れる」など、単純ながら現実世界でも体験する、一般的になじみ深い動きだ。確かに、例えばGIFアニメのカクカクした表示とは異なる、自然なエフェクトになっている。

    画面構成は、一つのパネルに「ステージ設定」「並び方とエフェクト」「画像設定」などの項目がコンパクトに配置されており、このパネル上で、作成するステージのサイズと背景色、画像の配置(縦/横並び、画像の間隔、上/左または中央揃え)、使用する画像の選択、エフェクトの種類、さらにURLへのリンクまで、すべての設定が行える。また、画像の読み込みではドラッグ&ドロップに対応しているなど、全体として初心者にもわかりやすいインタフェースに好感が持てる。

    なお、画像配置では、並べる向きと揃え位置を指定することができるが、1ステージ上での配置は1行または1列に限られるので、たくさんの画像を並べるときなど、2行(2列)以上にするには、1列ずつ作成して、HTMLファイル上で合成する必要がある。

    (坂下 凡平)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    なぜこのソフトを開発したのか
    世の中の「動きのあるWebページ作成ソフトは高価で難しい」というのが、このソフトの開発動機です。世の中にはFlashやJavaScriptを使った「動いたり」「インタラクティブな」Webページがたくさんあります。しかし、それを作るには専用の高価なソフトや高度な技術が必要だったりします。「mifi」では、動きを「スライドイン」と「フェードイン」と「ズーム」に特化して、簡単に、動いてインタラクティブなWebページを作れるようにしました。また、その動きに、伸びたり、落ちたり、弾んだりといった、いわゆる「物理法則」を埋め込み、より自然な動きを再現するようにしました。

    ユーザにお勧めする使い方
    一般的には「Webページ内のメニュー」という使い方が思いつきます。「mifi」の開発当初もそうシた使い方を想定していろいろな機能を付加してきました。ただ、実際にソフトウェアができあがってみると、単にメニューを作るだけのものにとどまらないことがわかってきました。マウスに反応するロゴマーク、マウスアクションから引き出されるアイキャッチ、サムネイルから浮かび上がる写真ページなど、さまざまな可能性をお試しください。また、「mifi」にはホームページがあります(http://www.motionExpress.net/)。ここにさまざまな「mifi」の使用サンプルを置いています。ぜひ、そちらもご覧いただき、さまざまな使用方法をご創造ください。

    開発中に悩んだこと
    「mifi」は保存ファイルをFlash(SWF)ファイルとして書き出します。また、それに付随させて、設定ファイル、使用画像などを別ファイルとして保存しています。この保存スタイルは、開発の容易性や、保存内容をファイル自体から解析(どんな画像を使ったかなど)することの容易性がありますが、逆に保存ファイルが多くなる傾向があります。Flashは外部画像としてはプログレッシブなしのJPEGしか読み込むことができません。したがって、透過GIFのようなものを効果的に使うことができません。今後「mifi」の保存スタイルをどのようにするか……ユーザフィードバックなどをもとに柔軟に対応していきたいと考えております。

    今後のバージョンアップ予定
    まず、動きのバリエーションとして「回転」を加えようと考えています。それによってさらに動きの幅が広がると思います。これは、できるだけ早く実現させたいと考えています。また、もともとの開発意図が「Webページ内のメニュー」であるので、「階層化」することも考えています。つまり、画像上にマウスを持ってくることで別の画像が表示される機能を付加しようと考えています。これはVer.2で実現させたいと考えていますが、ユーザフィードバックを鑑みて……時期を考えます。

    (財団法人国際メディア研究財団)
    最近のレビュー記事
    Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2new!!Ashampoo ZIP Pro 2
    暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    ToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● mifi Carbon Ver.1.2
  • 作 者 : 財団法人国際メディア研究財団 さん
  • 対応OS : Mac OS X
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://www.motionExpress.net/
  • 補 足 : 試用期間は15日間。試用期間中はリンク先URLが固定される。Mac OS X版のほか、「mifi Classic」「mifi Windows版」がある


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品プロレジ・シェアレジ(2,160円(税込))
    mifi Carbon 1.2.1 画像を簡単にリンクボタンにでき,またフェードインなどの効果を簡単につけられるウェブページ作成ソフト (2,053K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.