その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2004.02.25 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Headline-Reader

Headline-Reader

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Headline-Reader
メーラ感覚でニュースやBlogを読める“Feedリーダー”
Windows XP/Me/2000/98  シェアウェア
Headline-Reader
  • RSS対応の記事をメーラと同様の感覚で購読できる

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • ビューア部は、タブブラウザとしても使える
  • 自動更新のタイミングや常駐の有無などを指定できる

  • WebサイトのニュースやBlog記事を電子メールソフトと同じような操作で閲覧できるソフト。RSS/Atom/OPMLの各形式に対応した記事を取り込んでヘッドライン形式で表示する。ユーザはその場で元のページにアクセスして、記事を読むことができる。

    「Headline-Reader」は、RSS(RDF Site Summary)、Atom(Atom Syndication Format)、OPML(Outline Processior Markup Language)に対応する“Feedリーダー”。メイン画面は、メーラに似た4ペイン構成。左側のフォルダツリーで、閲覧したいサイトの選択や購読指定を行う。あらかじめ代表的な対応サイトが登録されているが、もちろんユーザが自分で登録することも可能。フォルダによるサイトの分類もできる。

    基本的な操作の流れは、

    1. 画面左上のフォルダツリーから閲覧したいサイトを選択する
    2. 画面右上のヘッドラインリストに購読済みの記事のタイトルや更新日などが一覧表示される
    3. ヘッドラインリストから閲覧したい記事を選択する
    4. 画面右下のビューアにヘッドラインとサマリーが表示される
    といったもの。ヘッドラインリストでは、未読のものが太字で表示されるほか、特に注目した記事にユーザがマーキングしたり、既読/未読を任意に変更したりすることが可能。操作はメーラに近い感覚で行える。また、フォルダの切り替え、ヘッドラインリスト内の記事選択、フォルダツリーとヘッドライン間のフォーカス切り替えといった操作は、マウスだけでなくキーボードでも行える。

    ヘッドラインから元の記事を呼び出すには、

    • ヘッドラインリストをダブルクリックする
    • ヘッドラインリストでヘッドラインを選択した状態でスペースキーを押す
    • ビューア部に表示されているヘッドラインをクリックする
    などの方法がある。

    ビューア部はタブ切り替え式のWebブラウザになっており、「進む」「戻る」「更新」などのボタンやURL入力用のアドレスバーを持つ。「Headline-Reader」のウィンドウ全体をブラウザ表示にしてしまえば、普通のWebブラウザとしても使える。また、ツールバーには、ポータルサイト「Excite」の英日/日英翻訳機能や、各種サーチエンジンを利用するための検索バー、ページ内にある指定キーワードをマーキングして表示するためのボタンなどが用意されている。

    ユーザがニュースサイトなどを登録する場合、購読したいRSSなどが存在するURLをダイアログに直接入力する。現在、ブラウザで表示中のページに「XML」「RDF」などのアイコンがあれば、ダイアログへのドラッグ&ドロップで入力の手間が省ける。

    記事の検索を助ける機能としては、

    • 未読や注目の記事だけを表示する
    • 記事のタイムスタンプをもとに1週間以内/3日以内/24時間以内の3段階で絞り込む
    • フォルダツリーに検索キーワードを登録しておき、全記事の中からヒットしたものを抽出する
    • 購読(更新)時に特定の文字を含む記事だけを取得する
    といったものがある。

    更新は、自動/手動/起動時などの指定が可能。そのほか、JavaScriptやActiveXなどの動作を停止できるセキュリティ機能、ビューア部の検索バーにボタンなどを追加できるカスタマイズ機能などがある。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    起動して、サッとメモを書いたら、それで完了。余計な操作は不要の、シンプルなメモソフト「CubeNote」
    起動して、サッとメモを書いたら、それで完了。余計な操作は不要の、シンプルなメモソフト
    「CubeNote」
    Office/PDFファイルなどの検索も可能。エクスプローラのコンテキストメニューからも利用できる、軽快なGrepソフト「MiGrep2」
    Office/PDFファイルなどの検索も可能。エクスプローラのコンテキストメニューからも利用できる、軽快なGrepソフト
    「MiGrep2」
    ツリー形式または詳細なリスト形式での出力が可能。簡単・手軽に使えるフォルダ/ファイルリストの作成ソフト「FolderFileList」
    ツリー形式または詳細なリスト形式での出力が可能。簡単・手軽に使えるフォルダ/ファイルリストの作成ソフト
    「FolderFileList」
    無償で公開されている基盤地図情報などを利用して、高精度なDXF形式地図を作成できるソフト「VectorMapMaker」
    無償で公開されている基盤地図情報などを利用して、高精度なDXF形式地図を作成できるソフト
    「VectorMapMaker」
    シンプルなインタフェースで使いやすい。275以上の拡張子に対応したファイルサイズ削減ソフト「FileOptimizer」
    シンプルなインタフェースで使いやすい。275以上の拡張子に対応したファイルサイズ削減ソフト
    「FileOptimizer」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    RSSとはRDF Site Summaryの略で、Webサイトの内容を見出しや要約といった一定の書式で記述したもの。その特徴からニュース系のサイトでもよく使われているが、決してニュース専用のフォーマットというわけではない。「Headline-Reader」に初期状態で登録されている購読先には「ニュースサイト」という分類もあるが、実はそこには新聞社系のサイトはなく、コンピュータをはじめとする専門分野関連のものが多数を占めている。また、最近注目を集めているBlogではRSSを自動生成してくれるものも多いため、購読対象となり得るサイトは無数にあるといってよい。

    そんなわけで、「Headline-Reader」が本領を発揮するには、RSSとはどういうものかをユーザ自身がある程度把握し、RSSを提供しているサイトを意識して探すくらいの積極性は求められる。逆に、大手通信社のニュースを手軽に読みたいという人から見ると、初期状態のままでは「使えないソフト」という評価にもなりかねないが、それでは非常にもったいない。

    もちろん技術的な意味でRSSを深く知っている必要はないし、使い方が難しいわけでもない。購読先の登録やフィルタ機能などの使い勝手はなかなかよく、ふだんはタブブラウザとして使いながら必要に応じてFeedリーダにもなるところはとても便利で、実は「Headline-Reader」をメインのブラウザにしてもいいかなと、個人的には思っているほどだ。

    さまざまなサイトの記事をまとめて読める手軽さや、検索の便利さといった特徴とは別に、大メディアが発信する記事も、個人の意見もある意味で「同じレベルにまとめられてしまう」ところにこの種のソフトのおもしろさがある。例えば、評論家やコラムニストがニュースについてコメントしているようなBlogがあるとすると、「Headline-Reader」を使うことで、元のニュース記事とそれに対するコメントをひとつの画面で読み比べるといったことも可能になる。これは単なる「ニュースリーダ」とはひと味違った楽しみといえるだろう。

    仕事でニュース記事をチェックする人だけでなく、いろいろなBlogを読みたい人、また逆に自分のBlogに記事を書くために情報をしたい人にも役立つソフトだ。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    ブラウザやメーラ主体のニュースや新着情報などの入手方法に疑問を感じ、いろいろと模索していたところ、RSS(RDF Site SummaryまたはRich Site Summary)というシンプルで理想的なデータに出合い、とても感激しました。海外製でも、RSSを扱う歴史のあるソフトウェアは多く存在しますが、「Headline-Reader」は、シンプルなデータをシンプルに処理し、“すばやく快適に閲覧”をモットーに開発致しました。

    開発中に苦労した点
    国内のRSSを配信されているサイトの多くは非常に優秀で、とても感謝しておりますが、海外のサイトなどにアクセスすると、ビックリするような異種、亜種形式のものに出くわしたりし、思わず唸ってしまうことがあります。「Headline-Reader」は、国内外を問わずに、多くのニュースサイトやBlogサイトで動作検証を行ってまいりましたが、今後も検証作業を精力的に続けていきたいと思います。

    オンラインソフトウェアというジャンルに甘えないように、リリース前からソフトウェアの品質と同時に、オンラインマニュアルの充実を考え、多くの操作方法や事例を紹介できるようにも心がけ、今後もユーザ様が操作方法で困らないように努力していきます。

    ユーザにお勧めする使い方
    国内でもRSSを配信するサイトがドンドン増えてきました。インターネットをはじめたころはとても新鮮で、ブラウザの「お気に入り」が「お気に入り」とはいえないくらいに膨れあがってしまった記憶があります。皆さんも同じような経験はあると思いますが、いかかでしょうか? 「Headline-Reader」は“すばやく快適に閲覧”がモットーですが、配信されたデータをため込むのは禁物です。

    リリース当初からとても好評だった高度な「検索項目」を使用して、受信したデータから好みのキーワードが含まれる記事を抽出する方法もありますが、好みでない記事が「Headline-Reader」上に残ってしまうのが面倒です。

    そこでお勧めするのがVer.1.1から導入したフィルタ機能です。「検索項目」同様にワイルドカードを使用して好みのキーワードに合致する記事だけを受信し、不要な記事は破棄されます。趣味ならば「テニス」や「ドライブ」とか、女性の方なら服や化粧品のブランド名とか「育児」や「子育て」など、何でもOKです。日本国中のBlogサイトのデータを集約しているPingサイトと呼ばれるものを使用すると、これらのキーワードに合致する、非常にリアルタイムで新鮮な声に出合うことができ、驚かれること間違いなしですよ。

    今後のバージョンアップ予定
    RSSだけではなく、RSSに続くフォーマットであるAtomに関しての噂が、国内のBlogサイトやニュースサイトでも飛び交っています。国内での活動の動きが感じられずに心配されている方もおられるでしょうが、「Headline-Reader」でも、この記事が公開されるころにはAtomフィード対応バージョンをリリースする予定です(編集部注:Ver.1.11でAtomに対応しています)。

    「Headline-Reader」をどうぞよろしくお願いします。

    (InfoMaker)
    最近のレビュー記事
    OyaziViewerOyaziViewernew!!OyaziViewer
    表示スタイルのカスタマイズ自由度が高い。同梱プログラムとの連携で青空文庫公開作品を快適に読めるテキストビューア
    モニカモニカモニカ
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    PhotoZoom Pro 7PhotoZoom Pro 7PhotoZoom Pro 7
    独自のアルゴリズムで高精細な画像拡大を実現。拡大後もシャープで自然な画質を保つ高機能画像処理ソフト
    漢字博士 漢太郎漢字博士 漢太郎漢字博士 漢太郎
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    ALiSALiSALiS
    指定したタイミングでアプリやファイル、システムタスクなどを開ける。手軽に使えるスケジュール型ランチャ
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年7月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!
    セパレータ
    /セパレータ
    CurioSoundCurioSound
    設定項目をしぼり込み、誰でも簡単に操作することが可能。手持ちのCDなどもハイレゾ相当の高音質で楽しめる純国産のサウンドプレイヤー
    Weather TypingWeather Typing
    ネットワーク対戦やCPU対戦も楽しめる、カスタマイズ自由度の高い多機能タイピング練習ソフト
    FileCapsule Deluxe PortableFileCapsule Deluxe Portable
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    目に優しい画面目に優しい画面
    ディスプレイの色温度と輝度を目に優しい設定に変更。インストールするだけで“即”使える“ブルーライトカット専用ソフト”
    Windows System CheckerWindows System Checker
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● Headline-Reader Ver.1.11
  • 作 者 : InfoMaker さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98
  • 種 別 : シェアウェア
  • 作者のホームページ : http://www.infomaker.jp/
  • 補 足 : 試用期間は30日間。動作にはIE 5.01以降(5.5以降推奨)が必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    シェアウェアプロレジ・シェアレジ(1,728円(税込))
    RSSリーダー Headline-Reader 2.18 ニュースやウェブログの閲覧に便利な快速で快適なRSS/Atom対応のFeedリーダー (751K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.