その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2004.01.31 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > ろと研プロ for WIN

ろと研プロ for WIN

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
ろと研プロ for WIN
さまざまな角度・理論で解析を行える“本格志向”のロト6/ミニロトデータ解析ソフト
Windows XP/Me/2000/98  製品:試用不可
ろと研プロ for WIN
  • 八つの分析理論を駆使した自動予想機能を備える

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 出現した数字の分布を視覚的に把握できる「出現分布」
  • 特定の数字に関するデータを表示する「出現履歴」

  • 強力な機能・理論を搭載した“本格志向”のロト6/ミニロトデータ解析ソフト。過去の抽選結果データをさまざまな角度から解析できる。予想に際してどの要素を重視するかは、ユーザが自分で決められる。

    「ろと研プロ」では、ロト6/ミニロトともに、解析・予想のもとになる過去のデータはインターネット経由で取り込める(もちろんユーザが手動で入力することも可能)。データは毎回の「結果一覧」や、数字の分布を視覚的に捉えられる「出現分布」として参照でき、購入記録をつけておけば、購入の内訳と合わせた「各回結果」として参照できる。

    解析のための基本機能として搭載するのは「出現回数分類」「出現履歴」「頻度単独」「頻度複合」の4種類。「出現回数分類」は、1〜43(ミニロトでは1〜31)の数字を出現回数でまとめたもの。「出現履歴」は、各数字ごとの出現履歴をまとめたもので、出現の傾向を見られる。同時に出現した“相性の良い数字”や、同時に出たことのない数字を抽出することも可能。「頻度単独」では、指定した数字が出現した抽選回の何回後にどの数字が多く出ているかといったことを調べられる。指定した抽選回に出た全数字について同様に調べられるのが「頻度複合」だ。これらの解析機能で絞り込んだ結果をもとに、最大500通りまでの数字予想を行えるようになっている。

    さらに「ろと研プロ」では、八つの分析理論によるシミュレーション機能を搭載。「出現平均差」「同月出現回数」「ボーナス数字連動性」「同一ボーナス数字」「ミニロト連動性(ミニロト予想では「ロト6連動性」)」「連続出現性」「頻度複合」「出現間隔」で、シミュレーションに際しては、各理論をどの程度反映させるかの係数──どの要素を重視するか──はユーザが設定できる。

    シミュレーションをもとにした自動予想機能もある。予想に含めたい数字がある場合は、「固定数字」として買い目に必ず含めるといったことが可能。予想結果は購入記録として保存できるほか、印刷したり、携帯電話などにメールとして送信したりすることもでき、購入の際の利便性にも配慮されている。

    そのほか、時間がないときなどに「ろと研プロ」におまかせしてしまう「クイックピック」機能などを搭載する。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト「ToMoClip」
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    「ToMoClip」
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾「Excel便利機能ボタン集2」
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    「Excel便利機能ボタン集2」
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト「FileShelf Plus」
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト
    「FileShelf Plus」
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト「練馬」
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    「練馬」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    ロト6予想ソフトの「ろと研6」、ミニロト予想ソフトの「ろと研ミニ」のプロフェッショナル版という位置づけのソフト。「ろと研」の機能にシミュレーション、自動予想といった高度な機能を加え、ロト6とミニロトの両方の予想に対応している。

    このソフトは八つの分析理論を備えているが、各分析理論ごとに係数を与えられること──つまり自分の意志を予想に反映させられることは、重要なことだと思う。これができないと、予想の楽しみも半減してしまうのではないかと思うのだ。ユーザの意志を反映させるのは競馬予想ソフトなどでは比較的やりやすいのだろうが、ロト予想でも実現できるのだと感心した。

    非常に細かな字がぎっしりと並ぶ画面を見ると、最初はちょっと引き気味になるが、実際に触ってみると操作自体はさほど難しいことはない。確定文字列のように見える部分が実は入力できるところだったり、あるいはプルダウンが開いたりといったことがあるが、これもできるだけ画面をすっきりさせようという工夫だろう。

    じっくり腰を据えて予想をする本格的ソフトであると同時に、おまかせの「クイックピック」機能などもあり、さまざまな使い方のできるソフトでもある。

    (土屋 佳彦)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    2003年3月に「ろと研6」を発売以来、これまでにない画期的な予想手法で、多くのみなさまよりご支持を得て、ご愛用いただいております。また、全国のユーザさまから「『ろと研6』を使ってロト6当選!」という喜びのお声をたくさん頂戴いたしまして、大変光栄に存じます。

    今回開発しました「ろと研プロ」では、多くのろと研6ユーザさまから寄せられましたご要望なども踏まえ、弊社で研究してまいりました分析理論を一挙公開し、PRONUM方式による分析係数理論採用により分析精度も格段に向上しました(「PRONUM」=Probability Based Random Number Selection)。シミュレーション、自動予想ともに係数による確率を使用した乱数選択方式を採用しています。したがって重要視する数字群から高確率で選択されるとともに、数字群に属さない数字からもランダムに選ばれます。単なる乱数による選択と異なり、分析結果中心に選択されます。このため、自動予想、シミュレーションとも結果は毎回同じにはなりません。

    「ろと研プロ」のシミュレーション機能は、結果がわかっている時点からの過去データではありません。シミュレーション回ではそれ以降のデータを削除して、それ以前のデータのみで予想します。各時点でシミュレーションした結果は、その回の抽選数字とともにどのくらい当たっていたか、当選、当選金、全体での収支結果も表示します。シミュレーションの係数を決定し、次回の予想を行うために必須の機能です。「単にランダムで数字を選択するのとはここまで勝率が違うか」が実感できます! シミュレーションで1等当選の高確率条件を解明されたとの知らせもユーザさまより寄せられております(残念ながらその条件までは教えていただいておりませんが……)。

    「ろと研シリーズ」の開発背景としましては、弊社・ろと研開発担当者自身もロトの予想をする際に表計算ソフトや手書きで予想していましたが、せっかく高機能なデータベースソフトがあるのにそれを利用しない手はないと考え、「ろと研」を開発するに至りました。単なるデータベース機能だけでなく、予想に役立つ計算をすることができるソフトとして、従来のロト予想ソフトとは異なったジャンルを築くことができたものと自負しております。

    「ろと研プロ」も多種多様な予想をお試しいただけますが、基本的な予想方法としましては以下の通りです。

    1. シミュレーション画面で各理論係数設定を決めます
    2. 八つの理論の使用、不使用を決めます。八つの理論が信用できると判断されれば全部ご使用いただき、ご自身の考えと合致する理論だけを使用されたい場合は、その理論だけを選択します
    3. 条件が決まったらシミュレーション計算を行います
    4. 同じ設定条件で、何回かシミュレーション計算を試します。当たりが少ない場合、シミュレーション計算の条件を変更してみます。各理論の使用、不使用の再選択、各理論係数設定条件の再選択もしくは手動で任意の係数に変更します
    5. あとは上記1.〜4.を繰り返し、当選確率の高い条件(各理論の選択、理論係数の設定)を調べます
    6. 当選確率の高い条件が決まったら、その条件で自動予想を行います
    7. 自動予想した結果は「自動予想」画面、もしくは「数字予想」画面で表示されます
    8. さらなる絞り込みを行いたい場合は、数字予想画面の削除パターン機能を使用します
    9. さらに予想枚数を増やしたい場合は、上記6.〜8.を繰り返すか、クイックピック機能で追加します
    10. あとは本抽選を待つのみです! 夢の4億円ゲットなるか!?
    今後の開発計画としましては、便利な機能、新しい分析理論などを追加し、さらなる分析精度向上を図っていきたいと考えております。

    はじめて「ろと研プロ」をご利用になる方へ
    パソコンにファイアウォール機能が有効となっている常駐ソフトがインストールされていると、「ろと研」の抽選結果更新ができない場合があります。対処法としましては、「ろと研」ご使用の際、一時的にファイアウォール機能を無効に設定してください。設定に関する手順については、ソフトメーカーさまにお問い合わせください。データ更新が完了しましたら、またファイアウォール機能を有効設定に戻してください。

    ((有)ハローテクノ)
    最近のレビュー記事
    Recover Keys 2Recover Keys 2new!!Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン
    PDFelement 6 ProPDFelement 6 ProPDFelement 6 Pro
    充実した注釈機能や使いやすいプロテクト機能を搭載。ファイルの編集・変換・最適化を一本で行える高機能PDF編集ソフト
    Iperius Backup FREEIperius Backup FREEIperius Backup FREE
    シンプルな画面ではじめてでも直感的に使える、“軽快”バックアップソフトのエントリーエディション
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年11月】

    Advanced SystemCare 11 PROAdvanced SystemCare 11 PRO
    脆弱性の診断・修正もワンクリックで。システムの最適化や保護、スピードアップを手軽に行える“高速&快適化アプリ”
    窓フォト窓フォト
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    筆楽名人2018 for Win筆楽名人2018 for Win
    シンプルな操作画面ではじめてでも直感的に使える、“おしゃれ”な年賀状・はがき作成ソフト
    TextifyTextify
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    Driver Booster 5 PRODriver Booster 5 PRO
    アイドル時の自動インストールが可能に。100万以上のドライバーに対応する、簡単操作のドライバー更新ソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● ろと研プロ for WIN Ver.1.0.1b3
  • 作 者 : (有)ハローテクノ さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98
  • 種 別 : 製品:試用不可
  • 作者のホームページ : http://hellotechno.com/
  • 補 足 : Windows版のほかにMacintosh版もある


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品(13,440円)
    ろと研プロ for WIN 3.1.5 高額当選続出! 業界初のPRONUM理論搭載! 究極のロト6/ミニロトデータ解析ソフト! (24,233K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.