その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2003.10.29 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > XELPHI -Second Limit-

XELPHI -Second Limit-

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
XELPHI -Second Limit-
厳しくも美しい、多彩な立体コースが魅力の3Dレーシングゲーム
Windows XP/Me/2000/98  フリーソフト
XELPHI -Second Limit-
  • 次々に登場するコースは実に多彩。ライバル車を抜いて、4位以内でのゴールインを目指す

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 左横に見えるサプライクリスタルを集めてブーストを発動させる
  • リプレイでは、さまざまな視点からプレイヤーの走りを再生してくれる

  • 砂漠やクレバスの中、立体交差やジェットコースターのような縦のループなど、多彩で美しい立体コースの中を走り抜ける3Dレーシングゲーム。「ブースト」や「ドリフト」といったテクニックを駆使してテクニカルなコースを攻略し、他の車をかわしながら上位4位へのランキング入りを目指す。

    ゲームのポイントとなるドライビングテクニックは「ブースト」「ドリフト」の二つ。ブーストは、通常の走行では不可能な急加速と、最高速度を超えたスピードを出すことを可能にするテクニック。ブースト中に壁にぶつかっても減速しないという特徴がある。ブーストは、コース上に出現するサプライクリスタルを集めてブーストゲージをためることで使えるようになる。ドリフトは、通常の走行では減速が必要なカーブを高速で走り抜けることができるものだ。

    開始時点で走ることのできるコースは「Blue Surf And Wind」のみ。このコースを最下位でスタートし、4台の敵車を相手に5周のレースを行う。4位以内でゴールできればコースクリアとなり、次のコースに進める。ただし、完走した時点で5位(以下)であればゲームオーバー。4位以内にランクインできたときは、プレイヤーの走りをさまざまな視点から再生したリプレイが表示され、周回ごとのラップタイムやトータルタイムなども表示される。

    最下位からスタートし、4位以内でのゴールインを目指すのは全コース共通だが、周回数や敵車の台数はコースごとに変化する。一度クリアしたコースは自動的に記録され(「Auto Save」がONのとき)、次回からはクリアしたコースの次のコースまでの好きなコースを選んでゲームを開始できるようになる。

    操作はキーボード、ゲームパッドに対応する。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ「Textify」
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    「Textify」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ「窓フォト」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    「窓フォト」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト「FreeMove」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
    「FreeMove」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    砂漠の中やクレバスの間を走るコース、ミッドナイトコース、ガスでけむって先のよく見えないコース、垂直に切り立った壁を走るコースやジェットコースターのように縦にループしたコースなど、実に多彩なコースが登場する、手に汗握るレーシングゲームだ。コースデザインがとても美しく、目に楽しい。また、処理は軽めでスピード感があり、操作性も良好。車体の操作感も結構リアルだ。

    レースそのものも実に楽しい。カーブが多くて直線の少ないテクニカルなコースが比較的多く、しかも起伏に富んで先の状況が見えないコースが多いため、運転にはかなりの集中力が必要。油断をするとたちまち壁などにぶつかってしまい、大幅なタイムロスになってしまうため、レース中はほとんど気を抜くことができない。道幅の狭い部分や急カーブの多いコースも数多く登場する。

    レース相手となる敵車は手強い。4位以内になるのは比較的簡単で、3位にもそれほど苦労なくなれるのだが、それ以上のランキングにはなかなか入ることができない。とんでもない速度でカッ飛んでいく1位の車に周回遅れにされたときなどは、思わず頭に血が上ってしまった。実にエキサイティングだ。

    (秋山 俊)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    実は、前作がDirectX によるゲーム作成が初めてだったんですね。そのときには「どうすれば3Dのゲームが作れるか」「どうすれば3Dで動かせるか」──そんなことを考えるだけで精一杯で、プレイしてくれる人のことまで考える余裕なんて、まるでありませんでした。実際にできあがったものもひどく「おそまつ」な出来栄えで、制作者本人がまるで納得がいっていませんでした。

    前作を作り終えた段階で、プレイしてくれる人のことも少しだけ考えられる余裕も出てきましたし、技術的な面での知識も多少増えました。作り方の「流れ」のようなことも以前よりはわかりましたし、まだまだ表現したいこともありました。特に、一つの作品(前作)を作り終えるまでの過程で得られたことが多岐に渡り、多くの面で前作を超えられるものを作れそうだ、との判断に至り、続編の作成を決心しました。

    開発中に苦労した点
    前作との比較、に重点を置いていたことが、「気苦労」としてあったのが一つでしょうか。「続編」として作るからには、あらゆる点で前作を超えたい、と考えていましたので、前作を作る中で表現しきれなかったこと、技術が足らずに断念したアイデア等、それらをできるだけ盛り込んでいけるように、と作ろうとしたことが大変だったように思います。爽快で、スピード感があり、長く遊べる──そんな風に思ってもらえるようにと、いろいろと手をかけました。

    ゲームのあまり得意でない人にもやってもらえるように、難易度の調整をしたことも一つありますし、ゲームのうまい方にも遊んでもらえるように、隠し要素等を盛り込んでいったことも苦労した点でしたね。より多くの人に、より面白い、と思ってもらえるように力を入れたことが一番だったかもしれません。

    それとは別次元の話では、苦手な数学の勉強が必要になったことも一つありますね(笑)。

    ユーザにお勧めする使い方
    最初はクリアするまでを楽しんでもらえたらな、と思っています。飽きないように、コースごとに背景等に特色を出したつもりですので、見て楽しんでもらえたらうれしいと思います。いろいろなテクニック等がありますが、それらを使わずにクリアすることも可能ですので、ゲームのあまり得意でない方にも楽しんでいただけたら、と思います。

    クリアしてしまった方は、隠しコースが五つ用意してありますので、探していただいてもおもしろいかもしれませんし、隠しテクニック等もありますので、それらを駆使して最速タイムを目指すのも、一つの楽しみ方だと思います。ブースト全開でストレス解消するのにもいいかもしれませんね(笑)。

    今後のバージョンアップ予定
    Ver.1.2→1.3に際して、かなり大々的に修正を行いまして、難易度の調整を行い、かなりやさしくなったのではないかと思います。現在作者が確認しているバグがほとんどない状況ですので、今後のバージョンアップに関しては、いまのところ未定としています。

    現在さらに続編の作成に取りかかっておりますが、まだまだ何もできていないような状態ですので、続編の完成までには多大な時間を要すると思います。ですので、「XELPHI -Second Limit-」のバージョンアップよりも、そちらの作成に労力を費やしたいと考えています。

    (Senu)
    最近のレビュー記事
    7+ Taskbar Tweaker7+ Taskbar Tweakernew!!7+ Taskbar Tweaker
    タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
    ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14
    シンプルなインタフェースに多彩な機能を搭載。安定した動作やカスタマイズ自由度の高さなどが特徴のメディアプレイヤー
    SterJo Startup PatrolSterJo Startup PatrolSterJo Startup Patrol
    新規アイテムの追加監視機能を備えた、シンプルなスタートアップ管理ソフト
    やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0
    OCRエンジン、画像補正エンジンを改善し、さらに精度を向上させた簡単・高機能な名刺管理ソフト
    わが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Mini
    v4でグラフ機能を追加。強力な入力支援機能で快適に使える、シンプルな家計簿ソフト
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年12月】

    Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16
    最高4Kまでの高解像度スライドショーの作成にも対応。スマートなインタフェースで使いやすい、高速表示の画像管理・編集ソフト
    DaigoDaigo
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    Recover Keys 2Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン


    レビュー記事一覧



    ● XELPHI -Second Limit- Ver.1.3
  • 作 者 : Senu さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://members.at.infoseek.co.jp/senusenusenu/
  • 補 足 : 動作にはDirectX 8.0以降が必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    XELPHI -Second Limit- 1.5 進化を遂げた Direct X 8.1 使用の3Dレースゲームの続編 (4,124K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.