その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2003.10.11 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > 物質作成 〜分子ができるよ〜

物質作成 〜分子ができるよ〜

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
物質作成 〜分子ができるよ〜
分子構造を考えながら化学反応を起こしてゆく、化学実験のようなパズルゲーム
Windows XP/Me/2000/98/95  フリーソフト
物質作成 〜分子ができるよ〜
  • 落ちてくる原子を操作して分子を作る。指令を達成すればボーナス点が入る

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 設定画面では発生させる物質を自由に選択できる
  • 得点やゲームの状況によって称号がもらえる。危険度といった項目がおもしろい

  • ビーカー内に落ちてくる原子を操作し、さまざまな分子を作成するパズルゲーム。

    ゲームをスタートすると、画面上部から「H(水素)」「O(酸素)」「C(炭素)」といった「原子」が落ちてくる。原子をうまく並べて、「HH(水素)」「CO(一酸化炭素)」のような「分子」の配列に並べると消去できる。分子にできなかった原子はビーカー内にたまり、溢れてしまうとゲームオーバーとなる。

    二つの原子で構成される分子だけでなく、「OCO(二酸化炭素)」「HONO(亜硝酸)」といった三つ以上の原子で構成される分子も作成できる。原子を縦か横の一列に並べると分子を作成できるが、「HOH(水)」のような折れ線構造の分子であれば、「HO」の上に「H」を置く変則的な配置も可能だ。4個以上の原子を組み合わせる複雑な分子構造は、できるだけ構造式に近い形にするのが基本。特殊な反応として、水素を正方形またはT字型に4個集めると「水素核融合」が発生するというものもある。

    画面右側には、次に落下してくる原子や指令などが表示される。指令は「●●を発生させる」「8連鎖させる」といったランダムなミッションで、成功させるとボーナス得点が入る。

    ゲームで重要になるのが「落下抑制度」と「エネルギー操作」。落下抑制度は原子の落下を抑制する度合いで、数値が高いほどゆっくりと落下し、次の手が考えやすい。通常「1000」から始まり、分子を作成するごとに徐々に減少する。連鎖を成功させると抑制度を上げられる。

    エネルギー操作では、5連鎖以上するか水素核融合を起こすと、「エネルギー」をためることができる。エネルギーを一定以上ためると、炭素を窒素に変換したり、ダイヤモンドを炭素に変更するといった操作が可能になる。エネルギーを得点に変換したり、落下抑制度を一定量だけ回復させたりできる。

    ゲームモードは、「通常モード」と「ノルマモード」の2種類。ノルマモードは、作成する分子が最初から決まっているミッション形式のゲームで、作成しなければならない分子のヒントと、落ちてくる原子の種類や数が最初に表示され、正解の分子を作成するとステージクリアとなる。ノルマモード全30ステージをクリアすると、好みのステージを自作できる「ステージエディタ」を使えるようになる。通常は、ゲームオーバーになるまで無制限に分子を作るが、1分間の時間制限がある「タイムマッチ」でプレイすることも可能だ。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    科学の授業を思い出させる、少し変わったパズルゲーム。作成できる分子の種類が豊富なので、適当に原子を配置するだけでも二原子分子(二つの原子で構成される分子)は簡単に作成できる。「指令に出てくる分子を作る」「三原子分子以上の作成」「多くの連鎖を狙う」ということになると、それなりの知識が必要となる。たまたま並んだ原子が消えて、「あぁ、こんな分子になるんだ」と思うことも少なからずあった。得点やゲームの状況によって終了時に称号がもらえるのだが、「最高連鎖数」や「発生物質数」といった基本的なものに加えて、「危険度」(危険物質を生成した度合い?)や「マニア度」(レアな分子の数だろうか?)など、一風変わった結果が用意されているのも楽しめた。

    オプション設定で、発生する分子の種類を選択できるのもおもしろい。中学で習った分子のみを発生させる「中学生用」や、原子が「三つ以上」必要な分子しか発生させないといった設定を選択できる。二原子分子を発生させないことで、不用意な分子発生を抑えて連鎖を出しやすくするなど、難易度を変更することができるのが親切。「自分が覚えている分子だけ発生させる」ことも可能なので、徐々に覚えていったり、思い出したりすることもできる。

    この手の落ちものパズルは、上から落ちてくるアイテムを組み合わせるだけの受動的なルールが多いが、「物質作成」では原子を変換できるなどのように、能動的にゲームを進めていける点がより楽しめる要因となっている。ステージエディタにたどりつくためにはノルマモードを制覇しなければならないなど、ある程度の目標が用意されているのも「やるぞ!」という気にさせてくれる。ひと通り終わったころには化学反応式が得意になっている、かもしれない。

    (倉本 春)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    高校のコンピュータ部で文化祭に作品として出すゲームを考案中に、掛け持ちしていた化学系の部活の人たちと一緒に下校している途中、「原子が落ちてきて分子ができるようなゲームはおもしろそうじゃない?」という話になり、文化祭に出すものもまだ決まっていないし、作ってみるかということで作ってみました(私は現在、大学生です)。

    開発中に苦労した点
    はじめに苦労したのは、判定する部分です。同じものを揃えて消すとか、一列に並べて消すとかではなく、分子ができたら消えるという形なので、多原子分子ほど苦労しました。二原子分子でも、当時は左右上下を入れ替えたものを別々に判定するというルーチンだったので、ソースが非常に長くなり、バグを見つけても修正するのが大変でした。例えば塩化水素の場合、「HCl」と並べた場合と、「ClH」と並べた場合は別々に判定していました。現在は改良を重ね、どちらでも同じように認識できるよなルーチンになっています。

    あとは、ゲームバランスです。すべての原子を等確率で出すと、二原子分子がひたすらたまってしまうことに気づき、得点が進むにつれて黒鉛やダイヤモンドという邪魔者を落とすようにしました。そうすると今度は、ダイヤモンドに埋もれてしまうため、エネルギーという概念を導入し、炭素や黒鉛やダイヤモンドを窒素に変化させることで、たまりすぎることの回避を目指しました。

    ユーザにお勧めする使い方
    ノルマモードは、ゲームになれてもらおうという意味が若干込めらているので、そちらを先にやった方がいいかもしれません。ヘルプは、このページから別途ダウンロードしてください。展開(解凍)すると44MBにもなるので、注意が必要です。毒ガスを発生させると次第に落下速度が速くなるのにも、注意が必要です(というより、ほとんどが害のある物質なのでどうしようもないですが……)。通常版をやるときは、水素核融合をさせてエネルギーをため、ダイヤモンドがたまったら【F5】キーで窒素に変化すると、大連鎖の可能性ありです。

    今後のバージョンアップ予定
    大学が忙しいので、いまのところの予定はありませんが、デバッグ等はやっていく予定です。気が向けばそのうちVer.4の制作を開始するかもしれません。

    最後に
    ゲームの感想をください。ホームページに掲示板があるので、そこに書いていただいてもいいですし、メールでもいいです。Si_Densetsu氏がiアプリ版を制作してくれました。ここにあります。

    (えいちつ〜お〜)
    最近のレビュー記事
    Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2new!!Ashampoo ZIP Pro 2
    暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    ToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● 物質作成 〜分子ができるよ〜 Ver.π
  • 作 者 : えいちつ〜お〜 さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/95
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://h2o-l.hp.infoseek.co.jp/
  • 補 足 : 動作にはVB 6.0ランタイムが必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    物質作成 〜分子ができるよ〜 3.25 上から落ちてくる原子を並べて分子を作ろうという趣旨のゲーム (73K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.