その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2003.10.01 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Score Magazine

Score Magazine

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Score Magazine
MIDIファイルの楽譜入力や、画像・文字を使ったスコアブックの作成を行えるソフト
Windows XP/Me/2000/98  製品:試用可
Score Magazine
  • 画像や文字を使った楽しいスコアブックを簡単に作れる(画面は「Score Magazine」)

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 音符を五線の上に配置していくだけで使いやすい「Note Editor」
  • スコアブックには、タイトルやアーティスト名入りの表紙も付けられる

  • MIDIファイルの楽譜入力・編集に加え、複数のMIDIファイルをまとめたスコアブックの作成を行えるソフト。

    「Score Magazine」は、「Note Editor」「Score Magazine」の2本の独立したプログラムで構成される。「Note Editor」は、曲ファイルを作る楽譜入力ソフトで、「Score Magazine」は、スコアブックを作るためのソフトだ。スコアブックを作るには、(1)「Note Editor」で曲ファイルを作り、(2)そのファイルを「Score Magazine」でスコアブックにするという手順で行う。「Score Magazine」では、既存のMIDIファイルを開くことももちろん可能だ。

    「Note Editor」では、マウスで音符を五線の上に置いて入力する。64分音符まで対応し、最大99トラックを使った曲ファイルを作れる。画面は、左側にトラック番号や小節番号を表示する「しおり」、右側には五線の「ページ」を配置した構成。「しおり」のトラック/小節を選択すると、その部分が「ページ」に表示されるようになっている。

    楽譜の作成は、パレットから音符や記号を選択して、五線の上に置いていくだけの簡単操作。コピーや貼り付けといった編集機能に加え、各トラックに音色名を付けたり、歌詞を書き込んで表示させたりといった機能もある(音色名や歌詞を付けた場合は、MIDIファイルではなく独自形式のSMS(Score Magazine Sequence)ファイルに保存)。特定のトラックを非表示にすることが可能で、パート別の楽譜も簡単に作れるようになっている。

    「Score Magazine」は、「Note Editor」で作ったMIDI/SMSファイルや、既存のMIDIファイルをまとめて、ひとつのスコアブックにするソフト。スコアブックの演奏・印刷も可能で、同梱されている楽譜用TrueTypeフォントにより、ジャギー(ギザギザ)のない美しい印刷を実現できる。

    画面は「Note Editor」と同様、左側に「しおり」、右側に「ページ」が配置された構成。ページ部分の表示を「全体表示」「実際の大きさ」「幅に合わせる」から選択できるほか、ズームイン/ズームアウトが可能で、自由な倍率で表示させられる。指定範囲を拡大させる機能もある。

    スコアブックに表紙を付けたり、楽譜に装飾を付けたりといったこともできる。表紙には、収録されている曲の曲名のほか、画像や文字を使ってアーティスト名やタイトルを入れられる。楽譜の上下にも画像や文字列を入れることが可能。楽譜の修飾は1ページめと2ページめ以降を個別に指定できるようになっている。スコアブックへの曲の追加、順番の入れ替えは簡単にできる。

    作成したスコアブックは、独自形式のSMP(Score Magazine Project)ファイルに保存できる。SMPファイルは「Score Magazine」のほか、フリーソフトとして提供されている「Score Magazine Reader」での表示・演奏・印刷が可能だ。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    充実したバックアップ機能を搭載。データ保存を気にせず使える、リッチテキスト対応のメモソフト「メモ紙」
    充実したバックアップ機能を搭載。データ保存を気にせず使える、リッチテキスト対応のメモソフト
    「メモ紙」
    画像の先読みとOpenGL描画によって、たくさんの画像を快適に閲覧するための画像ビューア「QuickViewer」
    画像の先読みとOpenGL描画によって、たくさんの画像を快適に閲覧するための画像ビューア
    「QuickViewer」
    製品版から印章用フォントなどを割愛して手軽に利用できるようにした、高機能電子印鑑作成ソフトのフリー版「パパッと電子印鑑Free」
    製品版から印章用フォントなどを割愛して手軽に利用できるようにした、高機能電子印鑑作成ソフトのフリー版
    「パパッと電子印鑑Free」
    カレンダーでのスケジュール管理なども可能。GMailやiCloudなどと簡単に同期し、連携して使える高速電子メールソフト「eM Client」
    カレンダーでのスケジュール管理なども可能。GMailやiCloudなどと簡単に同期し、連携して使える高速電子メールソフト
    「eM Client」
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト「TresGrep」
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    「TresGrep」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    作曲をしてMIDIファイルを作るだけでなく、見た目にも楽しいスコアブックも作ってしまおうという、特徴のあるソフトだ。スコアブックには、トラック(パート)の名称や歌詞も入れることができるので、実用的な楽譜を作れるようになっている。スコアブックは基本的に印刷を念頭に置いたものになると思うのだが、その点も楽譜用のフォントが用意されているなど、配慮が行き届いている。

    「Note Editor」も「Score Magazine」も操作はシンプルで、使いやすくできていると感じた。特に「Note Editor」は音符を五線の上に置いていけばよく、誰にでも使うことができるはずだ。ただ、「Note Editor」で作ったSMSファイルやMIDIファイルを「Score Magazine」で最初に読むときのコマンドが「曲を追加」になるのは、ちょっとわかりにくいかもしれない。理屈としてはその通りなのだろうけれど、使う方の感覚としては「ファイルを開く」の方がしっくりくると筆者は思うのだが、どうだろうか。

    いずれにせよ、作曲にスコアブック作りという新たな楽しみを付け加えてくれた、おもしろいソフトであることは間違いない。

    (土屋 佳彦)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    私たちは昔から楽譜入力ソフトを作ってきたのですが、いまだに初心者がマニュアルを見ずに簡単に操作できるソフトが少ない。「それならば自分たちで作ってやろう」というのが一つめの動機です。もちろん、いままでもそのつもりで作ってきたのですが、メーカーさん発売のパッケージソフトということもあり、一度作ったらなかなか改良が加えられないというのがジレンマでした。その点、今回は自社製品ですので、自分たちの気が済むまで使いやすさを追究していきたいと思います。

    二つめの動機は楽譜の電子化の流れです。昔はきれいに印刷できることだけを考えればよかったのですが、これからはインターネットやメールでの楽譜のやり取りを考える必要があります。例えば、MIDIファイルと、その曲の楽譜をPDF文書にして自分のホームページに発表されている方がいらっしゃいますが、この方法は一般の方にとっては敷居が高い。それならば、誰もが簡単に、PDF文書のように快適に閲覧でき、しかも演奏できる楽譜が作れるようなソフトをと考えました。

    開発中に苦労した点
    「Score Magazine」は、「Note Editor」と「Score Magazine」という二つのソフトに分かれています。「Note Editor」は、一般的にはMIDIシーケンサ(自動演奏)ソフトに付属している楽譜入力機能に相当し、演奏情報をスピーディに作成することが目的です。一方、「Score Magazine」は、一般的には印刷が主な目的の楽譜浄書ソフトに相当し、1ページの中に五線や歌詞などをレイアウトすることが目的です。本来、目的の違う二つのソフトが一つになるわけですから、音符や歌詞などをスピーディに入力できて、それがそのままきれいな楽譜としてレイアウトされていなければなりません。その整合性には苦労しました。

    ユーザにお勧めする使い方
    まずは、気軽に音符を入力していっていただきたいと思います。書店にはソングブック、楽譜付きのギター雑誌、バンドスコアなどが売っていますが、気に入っている曲があればその中からでもいいと思います。「Score Magazine」は、オーケストラなどの複雑な楽譜ではなく、そのような楽譜に特化して設計している分、操作は驚くほど簡単です。

    あとは、何曲かMIDIファイルをお持ちなら、それらをまとめて楽譜の本にしてはいかがでしょうか。具体的には、まず曲の数だけ「ファイル」メニューの「曲を追加」を実行します。これだけで、きれいに印刷できる楽譜集になります。次に「設定」メニューの「五線以外のレイアウト」を選択します。そして、「表紙」タブで表紙を「あり」に設定してみてください。自動的にファイル名付きの表紙ができます。最後に、書店にあるソングブックのように楽譜に装飾してみましょう。まず、「五線以外のレイアウト」の「曲のレイアウト」タブを選んで、「最初のページ」にチェックが付いていることと、「画像上」タブが選択されていることを、それぞれ確認します。あとは、「読み込み」で絵やデジカメで撮った写真などを読み込んでください。絵や写真のサイズに合わせて「ページ上部の余白」の「小」〜「大」のいずれかをチェックします。先の表紙にも絵や写真を読み込めば、見た目にも楽しいMIDI楽譜集ができあがります。

    「Score Magazine」で保存したファイルは、無料の閲覧ソフト「Score Magazine Reader」で演奏や印刷ができますので、作ったファイルはみんなに見てもらえます。「Score Magazine Reader」は、弊社Web サイト(http://homepage2.nifty.com/scoremag/reader.htm)でダウンロードできます。

    今後のバージョンアップ予定
    使いやすくするための改良を重ねていきたいと思います。一方では、高度なMIDI編集機能をご希望のお客さまもいらっしゃいますので、そちらの方は上級者バージョンの「Score Magazine Pro」に追加していく予定です。新しいバージョンの情報は弊社Webサイト(http://homepage2.nifty.com/scoremag/index.htm)にて公開してまいります。

    ((有)シーエスティー)
    最近のレビュー記事
    筆楽名人2018 for Win筆楽名人2018 for Winnew!!筆楽名人2018 for Win
    シンプルな操作画面ではじめてでも直感的に使える、“おしゃれ”な年賀状・はがき作成ソフト
    TextifyTextifyTextify
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    Driver Booster 5 PRODriver Booster 5 PRODriver Booster 5 PRO
    アイドル時の自動インストールが可能に。100万以上のドライバーに対応する、簡単操作のドライバー更新ソフト
    FreeMoveFreeMoveFreeMove
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
    はがき作家 11 Professionalはがき作家 11 Professionalはがき作家 11 Professional
    住所録一覧の表示・印刷機能などを強化。戌年素材が豊富に収録された“簡単・高機能”はがき作成ソフトの新バージョン
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年10月】

    でかく見たいねんIIでかく見たいねんII
    最大1200%までの拡大に対応。ちらつき防止にも配慮された、ディスプレイの部分拡大表示ソフト
    ネットラジオレコーダー7ネットラジオレコーダー7
    キーワード予約機能を強化。録音済みファイル編集時のUndoにも対応したIPサイマルラジオ録音ソフト
    FileShelf PlusFileShelf Plus
    マクロによる作業の自動化にも対応した、カスタマイズ自由度の高い多機能ファイル管理ソフト
    Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2
    暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● Score Magazine Ver.1.32
  • 作 者 : (有)シーエスティー さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://homepage2.nifty.com/scoremag/
  • 補 足 : 試用期間は2週間。本格的MIDIシーケンサを装備した高機能版「Score Magazine Pro」もある。作者のホームページでは、表示・演奏・印刷機能のみの「Score Magazine Reader」をダウンロードできる


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品プロレジ・シェアレジ(1,080円(税込))
    Score Magazine 1.80.4 初心者でも「パソコンで音楽」が楽しめるMIDI楽譜作成ソフト 移調や楽譜画像データ保存など機能満載 (4,233K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.