その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2003.07.02 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > NewsGlue

NewsGlue

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
NewsGlue
簡単な操作でヘッドライン記事を収集・閲覧できるRSS対応のニュースリーダ
Windows XP/Me/2000/98  シェアウェア
NewsGlue
  • 登録済みのニュースサイトから簡単に記事を購読できる。ビューアペインには記事本文の表示も可能

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • キーワード抽出結果をフォルダ形式で選択・表示する
  • 購読元単位でリンク先記事をダウンロードできる

  • 「NewsGlue」は、ニュースサイトのヘッドライン記事を収集・閲覧するためのソフト。複数のニュースサイトからダウンロードした記事を、スペースキー操作だけで読み進んでいける。サイトの中から記事(とその日付)だけを的確に抜き出すためにRSSという規格に対応し、RSS対応のサイトからヘッドラインのみをダウンロードする。

    電子メールソフト風のメイン画面では、購読するサイトをフォルダツリーで管理する。あらかじめRSS対応のサイトが登録されているため、そこから購読したいものを選択するだけで、すぐに記事を読むことができる。記事の掲載元は「ITニュース」「新聞・ポータル」といったカテゴリーごとにフォルダで分類されている。

    もちろん、購読するサイトをユーザが新たに登録することも可能。Webブラウズ中にRSS対応のサイトを見つけた場合は、そのページ上の「RSS対応」を示すアイコンを「NewsGlue」のフォルダツリーにドラッグするだけで、購読元として設定される。サイト名やURLをもとに、RSS対応のページを自動検索する機能もある。

    ニュースの購読(更新)は一定時間ごとに自動的に行われる(初期設定では1時間)ほか、全購読先の一括更新や特定のフォルダ以下の更新を手動で行うことが可能。自動更新をOFFにして、手動更新のみにすることもできる。

    ダウンロードしたヘッドライン記事は購読元ごとに分類され、購読元を選択すると、そのサイトのヘッドライン一覧をリスト表示する。リストではスペースキーを押すことで次の記事へと読み進むことができる。一定時間表示したものは自動的に既読扱いになり、操作も電子メールソフトに似たものとなっている。

    記事本文を読みたいときは、ヘッドラインのリストをダブルクリックするか、ビューアペインに表示されているリンクをクリックすれば、ビューアに記事が読み込まれる。記事は、ビューアペインではなく、Webブラウザを開いて、そちらに表示させることもできる。

    読み込んだヘッドラインの中から、特に関心のある記事だけを探したい場合は、キーワードフィルタを利用できる。特定の単語を含む記事を「キーワード分類」フォルダに抽出・表示してくれる機能で、すべての購読元の記事を対象として検索を行い、その結果をひとつの購読元のようにまとめて表示する。キーワードフィルタは「キーワード分類」だけでなく、購読先カテゴリーのフォルダに追加することも可能。この場合は、そのフォルダに含まれる購読元だけを抽出対象に検索を行う。

    ヘッドラインリストでは、表示する記事を「すべて」「1日以内」「7日以内」から選択できるのに加え、未読のものと「後で読む」属性にマーキングしたものを表示したり、「後で読む」属性のものだけを表示したりできるようになっている。

    メイン画面のレイアウトは標準の3ペイン形式のほかに、2ペイン形式の「Web表示」モードを選択することも可能。「Web表示」モードではプレビューペインをなくし、ヘッドラインリストの代わりにリンク一覧を表示するため、Webブラウジングに近い形で操作できる。

    初期設定状態ではヘッドライン記事のみをダウンロードするが、オプション設定により、リンク先のページ(記事本文)をダウンロードすることも可能。ダウンロード対象はサイトごとに指定することも、サイトを登録しているフォルダ単位で指定することもできる。なお、RSS対応サイトであれば、日記サイトなども購読元として登録することが可能だ。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    「Windows フォト ビューアー」の操作性を踏襲し、便利な機能を追加。多数のファイルも快適に閲覧できる、シンプルな画像ビューア「beautiful flower」
    「Windows フォト ビューアー」の操作性を踏襲し、便利な機能を追加。多数のファイルも快適に閲覧できる、シンプルな画像ビューア
    「beautiful flower」
    お家の内装・外装からお庭まで、3D画像を使った本格的なデザインが誰でも簡単にできるホームデザインソフト「DreamPlan」
    お家の内装・外装からお庭まで、3D画像を使った本格的なデザインが誰でも簡単にできるホームデザインソフト
    「DreamPlan」
    近日中の予定を「当日までの残日数」とともに確認できる、シンプルで使いやすい“リスト型”ToDo管理ソフト「インフォメーション」
    近日中の予定を「当日までの残日数」とともに確認できる、シンプルで使いやすい“リスト型”ToDo管理ソフト
    「インフォメーション」
    高速道路のSA/PAを経由したルート作成も可能に。安定・高品質なインストール型地図ソフトの新バージョン「スーパーマップル・デジタル18 DL」
    高速道路のSA/PAを経由したルート作成も可能に。安定・高品質なインストール型地図ソフトの新バージョン
    「スーパーマップル・デジタル18 DL」
    「単文字アシスト」「探索アシスト」の二つの機能が文字列入力を支援してくれる、タブ切り替え型のテキストエディタ「AsstEd」
    「単文字アシスト」「探索アシスト」の二つの機能が文字列入力を支援してくれる、タブ切り替え型のテキストエディタ
    「AsstEd」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    自動巡回ソフトを使ってニュース記事をダウンロードしようとやってみたが、興味のない分野や広告ページまでダウンロードしたり、思ったより処理に時間がかかったりで、面倒になってやめてしまったという人は意外に多いのではないだろうか。

    「NewsGlue」はそんな人にこそぴったりのソフトといえる。実のところ筆者もRSS(RDF Site Summary)という規格をよく知らなかったので、対応するニュースサイトがどれくらいあるのか最初は気になったが、「NewsGlue」標準リストを見ると、一般のニュース系ではYahooニュースのほか朝日/毎日/読売/産経の各新聞が登録済み。ITニュースでも有名どころの名前が見られる。また、これら以外のサイトでもBulknews(ニュース収集サイト)経由で読めるものがあるので、地方新聞の記事などを除けば、あらかじめ登録済みのサイトだけでほぼカバーできそうだ。

    購読設定はON/OFFをボタンまたはコンテキストメニューから切り替えるだけと、いたって簡単である。特に新聞の場合は、各紙の中でさらに政治・経済・社会といった分野が個別の購読元として登録されているので、そこから必要なものをONにするだけでよい。

    個々の記事の選別は、ヒットしたものだけダウンロードしてくるのではなく、とりあえずすべて取得しておいて、それをキーワードフィルタで振り分けるという形だ。こちらもよく使われそうなものはあらかじめ登録済みだから、設定方法などで悩まなくてすむ。また、あとからキーワードを追加すれば、それに該当する記事が即座に抽出されダウンロードをやり直す手間がいらないというのも、長く使う上ではメリットになるだろう。

    このように、購読に関するもろもろの手間をほとんど省いてしまったところが「NewsGlue」の大きな魅力だ。閲覧時の操作性については、筆者は特にいうべきことはない。ただ、スペースキーを押していくだけで順に読み進めるという、メールソフトには一般的な形だから誰でもすぐになじめるだろう。

    「ソフトの使い方を勉強している暇があったらニュースを探した方がまし」というほど切羽詰っている人にも安心して勧められる一本といえる。

    (福住 護)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    「NewsGlue」は「インターネットに流れる情報の中で自分の見たい情報だけをいかに効率よく集めてくるか」というのを突き詰めた結果として、開発に着手しました。

    特定の情報を探すには検索エンジンで十分ですが、ニュースや個人の日記などの流れてくる情報を効率よく読めるツールはほかにありません。RSSの普及にともない、米国製のRSSリーダがありますが、情報をフィルタする部分ではあまり強力なものはありませんでした。これを強化するとともに、日本語版のRSSリーダを提供したい、というのが開発動機です。最初のバージョンは海外製のものに負けている部分もありましたが、現在の1.1.1はほとんど追いついています。

    「NewsGlue」独自のキーワード分類を使っていると、Webを巡回する時間が減り、それでいながら読んでいる記事の数が自然に増えていると思います。また、Web表示機能も独自のもので、軽く読み流すには最適ですので、ぜひお試しください。

    現在のキーワード分類の仕組みは単純ですが、実現したいレベルにかなり近づけたと思っています。今後はさらに解析を進め、各個人専用の情報を収集するツールとして高めていきたいと思っています。RSSは、ニュース、日記/ブロッグ(Weblog)など、利用範囲が広いので、追加する機能も多く、その選定に頭を悩ませることが多くあります。「こういうところを改良してほしい」などのご意見がありましたら、弊社サポートページからお聞かせください。

    これまでに自社で開発したソフトの中では、自分で一番よく使う、お気に入りのソフトです。ぜひ、お試しください。

    (グルー ソフトウェア(株))
    最近のレビュー記事
    筆王 Ver.22 ダウンロード版筆王 Ver.22 ダウンロード版new!!筆王 Ver.22 ダウンロード版
    使いやすい「素材パレット」を搭載。顔に犬のパーツを合成できる「おもしろ顔スタンプ」が追加された「筆王」の新バージョン
    筆ぐるめ 25筆ぐるめ 25筆ぐるめ 25
    豊富な素材やフォント、自動配置される宛て名レイアウトなどで、簡単にきれいな年賀状を作成できる「筆ぐるめ」の新バージョン
    QuickViewerQuickViewerQuickViewer
    見開き表示にも対応。インストール不要で多数の画像をサクサク閲覧できる、シンプルな高速画像ビューア
    eM ClienteM ClienteM Client
    カレンダーでのスケジュール管理なども可能。GMailやiCloudなどと簡単に同期し、連携して使える高速電子メールソフト
    筆まめSelect2018筆まめSelect2018筆まめSelect2018
    “一年中使える”年賀状作成ソフトの新バージョン。今回のスペシャルデザインは日本三大友禅と葛飾北斎
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年8月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    メモ紙メモ紙
    充実したバックアップ機能を搭載。データ保存を気にせず使える、リッチテキスト対応のメモソフト
    パパッと電子印鑑Freeパパッと電子印鑑Free
    製品版から印章用フォントなどを割愛して手軽に利用できるようにした、高機能電子印鑑作成ソフトのフリー版
    PeopleLogOnPeopleLogOn
    携帯したスマホと連携し、パソコンをオートロック/ロック解除。手軽に使える強固なセキュリティ対策ソフト
    LightscreenLightscreen
    画像共有サイトへの自動アップロードにも対応。軽快に動作する、シンプルなスクリーンキャプチャソフト
    Parallels Desktop 13 for MacParallels Desktop 13 for Mac
    macOS、Windowsの最新版に対応。パフォーマンスもさらに向上した、再起動不要の“定番”仮想化ソフト
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● NewsGlue Ver.1.1.1
  • 作 者 : グルー ソフトウェア(株) さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98
  • 種 別 : シェアウェア
  • 作者のホームページ : http://www.gluesoft.co.jp/
  • 補 足 : 試用期間は14日間。これを経過すると一部機能に制限がかかる。動作にはMicrosoft .NET Frameworkランタイムが必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    シェアウェアプロレジ・シェアレジ(3,348円(税込))
    RSS ニュースリーダー NewsGlue 1.3.3 サイトからニュースや日記、メルマガを集めてきて分類しメールのように読めるRSS対応ニュースリーダー (1,411K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.