その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2002.10.23 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > MyBackup

MyBackup

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
MyBackup
多彩な条件でバックアップを作成できるスケジュール対応のバックアップソフト
Windows 2000/98/95/NT  フリーソフト
MyBackup
  • プロジェクト単位にバックアップ内容やスケジュールを設定可能

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • プロジェクトごとに設定できるスケジュールでは、毎月・毎週・毎日といった細かい設定まで可能
  • バックアップフォルダの名称の変更や圧縮バックアップの設定も行える

  • 指定したファイルやフォルダを、詳細な条件やスケジュールに応じてバックアップできるソフト。

    「MyBackup」は、ウィンドウへのドラッグ&ドロップ操作で簡単にファイルやフォルダを指定できるバックアップソフト。スケジュールを設定してバックアップを実行できるほか、世代別バックアップの保存先を二つのディレクトリに分けて行うことができる。LZHほかの形式による圧縮バックアップも可能だ。

    バックアップは「プロジェクト」と呼ばれる単位で行う。プロジェクトごとにバックアップ対象/除外ファイル(またはフォルダ)や、バックアップ条件、スケジュールを設定することができる。個別に設定したバックアップ条件をほかのプロジェクトへ適用することも可能。メイン画面では、アクティブなプロジェクトのバックアップアイテム(ファイル/フォルダ)、バックアップ先、動作状況をひと目で確認できる。プロジェクトへのバックアップアイテムの追加/削除も簡単で、アイテムの追加はドラッグ&ドロップで行うことができる。

    大きな特徴のひとつが、バックアップ先として「第1ディレクトリ」「第2ディレクトリ」の二つのディレクトリを設定できること。指定した世代数を超えて第1ディレクトリにバックアップが作成された場合、旧世代のバックアップを自動的に第2ディレクトリに移動してくれる。

    プロジェクトのスケジュール設定にも対応している。タスクトレイの「MyBackup」アイコンを右クリックすることで呼び出せる「スケジュール実行設定」画面で、毎月/週/日、開始時間の設定、起動時にバックアップを行うかどうかを設定できる。

    そのほか、必要なDLLをインストールすることで利用できる圧縮バックアップ(LZH/ZIP/CAB形式に対応)や、コマンドラインからの実行、擬似ミラーリングにも対応する。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ「Textify」
    ダイアログ内のテキストなど、通常はコピーできない文字列もコピー可能にするミニユーティリティ
    「Textify」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ「窓フォト」
    “見たまま”を画像として取り込める。キャプチャ画像の編集・加工やGIFアニメの作成も可能な多機能スクリーンキャプチャ
    「窓フォト」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト「FreeMove」
    別ドライブへの移動にも対応。プログラムのインストールフォルダを、リンクを壊さずに移動できるソフト
    「FreeMove」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト「FolderDiff」
    保存済みデータとの比較も可能な、結果を把握しやすいファイル比較ソフト
    「FolderDiff」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト「SSDブースター」
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    「SSDブースター」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    ハードディスククラッシュなど憂慮すべき事態に遭遇しても、OSやアプリケーションは再セットアップすれば復旧できる。困るのは、アプリケーションで作成したデータやメールのログ、プログラムの環境設定ファイルなど、元に戻せないファイルである。

    「MyBackup」は、複数の「プロジェクト」を用意し、必要なものだけ選択してバックアップできるツール。

    データやメールのログを保存したフォルダごとにプロジェクトを用意し、好きなタイミングでバックアップを行うように設定しておけば、万一のときにも安心だ。

    例えば、アプリケーションで作成したデータをすべて「マイドキュメント」フォルダに保存するようにしているなら、「マイドキュメント」フォルダをバックアップ対象フォルダに指定したプロジェクトを作成し、「サブフォルダも含む」「更新ファイルのみバックアップ」という指定を行ってバックアップをとればよい。

    筆者はBMP/AVI/WAVファイルといったサイズの大きなファイルを扱うことが多いが、これらをバックアップ除外ファイルに指定することで、バックアップ時間を短縮することができるのもうれしい。バックアップファイル保存先に、第1ディレクトリ(フォルダ)に加え、第2ディレクトリ(フォルダ)を指定できるのもおもしろい。

    バックアップは、「ツール」メニューやツールバーのボタンを利用して手動で行ってもよいし、スケジューラによる自動でも実行できる。好みに応じた運用方法に対応できる設計になっているわけだ。 パーソナルなバックアップツールとしては、十分な機能を備えているといえよう。

    要望もいくつかある。市販バックアップソフトが備える、スケジュールで指定した日時にパソコンの電源が入っていない場合の対応機能を考えてほしい。今後のバージョンアップで対応するということなので期待したい。

    また、擬似ミラーリング機能により、バックアップ元の内容が指定フォルダに同期されるが、バックアップ元のファイルやフォルダの削除は反映されないので、完全な同期機能サポートを望みたい。そのほか「圧縮バックアップ機能」「第2ディレクトリ機能」にも「擬似ミラーリング機能」を対応させてほしい。

    いろいろ述べたが、「MyBackup」は非常に使いやすいバックアップソフトである。データ中心のバックアップ用途には強くお勧めしたい。

    (永浜 裕之)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    開発動機
    「MyBackup」作成のきっかけは、私がハードディスクのクラッシュ! という悲惨な事故を経験したことにあります。当時、プログラミング開発を行いながら、定期的にバックアップを取っていたのですが、そのバックアップを取っているハードディスクが壊れてしまい、日ごろのバックアップがまったく意味のないものになってしまいました。

    「では、バックアップを保存する安全な場所は?」と考えていたら、「サーバがあるじゃないか!」と思いついたわけです。でも、サーバのディスク容量を圧迫すると管理者に怒られそうなので、超最新版をいくつかサーバに残して古いものを自分のマシンに移動させることを考えました。

    つまり、超最新と少し前を二つのバックアップフォルダで管理させたいと思ったのです。しかし、こんな変な要求を満たすバックアップツール……探しましたが、どこにもありません。というわけで、それなら自分で作ってみようと思い、開発をはじめました。

    開発中に苦労した点
    苦労した点は特にありません。もともと個人的に使用するための便利ツールを作るつもりで作ってみたら、意外とおもしろくて、調子に乗ってどんどん機能が増えていったという感じです。しいて挙げれば、人に「MyBackup」を勧めるにあたって、どのような機能があれば使ってもらえるかとか、どんな画面だったら使いやすいかなど、初心者でも簡単に扱えるようにすることに苦労しました。

    ユーザにお勧めする使い方
    「MyBackup」はバックアップに関する設定が簡単にできるように、いろいろと使い勝手がよくなるための機能を盛り込んでいますので、日ごろのバックアップ作業に役立てていただきたいと思います。

    特に、プロジェクトごとにバックアップ項目を管理し、そのプロジェクトをデスクトップにショートカット作成する機能(MyBackupオリジナル機能)や、タスクバーに常駐して定期的に実行する機能など、かなり便利かと思います。

    また、これも「MyBackup」オリジナルの機能ですが、第2バックアップフォルダ機能というものもあります。前に書いた「超最新と少し前のバックアップを二つのフォルダで管理する」というものです。普通のバックアップ作業では、あまり使うことがないかもしれませんが、私のような悲惨なクラッシュ事故を体験したことのある方には、重宝する機能であると思います。

    「MyBackup」は、たくさんのユーザからバグ報告や機能改善提案など、貴重な意見をいただきながら、少しずつ少しずつ成長してきたツールです。今後も「MyBackup」ユーザの意見をどんどん反映して、機能アップを図っていこうと思っていますので、多くの方に「MyBackup」を有効活用していただきたいと思っています。

    今後のバージョンアップ予定
    今のところ、次のような機能改善を考えています。

    • スケジュール機能のパワーアップ:予定していたバックアップがマシン停止で、行われなかった場合の次回起動時における自動実行
    • 対応アーカイブ形式を増やす:現在、LHA/ZIP/CABに対応していますが、ほかのアーカイブ形式でもバックアップできるようにしたい
    • 圧縮ファイルの展開(解凍)機能:圧縮バックアップされたファイルを展開する機能
    など。みなさまからいただいたアイデアはなるべく取り入れるようにしていますので、使い勝手がよくなるようなアイデアなどありましたら、どしどしメールしていただければ幸いです。
    (SAKASE)
    最近のレビュー記事
    7+ Taskbar Tweaker7+ Taskbar Tweakernew!!7+ Taskbar Tweaker
    タスクバーの動作・表示をマスクスリックだけで簡単に“微調整”し、自分好みにカスタマイズできるソフト
    ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14ZOOM PLAYER MAX 14
    シンプルなインタフェースに多彩な機能を搭載。安定した動作やカスタマイズ自由度の高さなどが特徴のメディアプレイヤー
    SterJo Startup PatrolSterJo Startup PatrolSterJo Startup Patrol
    新規アイテムの追加監視機能を備えた、シンプルなスタートアップ管理ソフト
    やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0やさしく名刺ファイリング PRO v.15.0
    OCRエンジン、画像補正エンジンを改善し、さらに精度を向上させた簡単・高機能な名刺管理ソフト
    わが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Miniわが家の家計簿 がまぐち君v4 Mini
    v4でグラフ機能を追加。強力な入力支援機能で快適に使える、シンプルな家計簿ソフト
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年12月】

    Ashampoo Photo Commander 16Ashampoo Photo Commander 16
    最高4Kまでの高解像度スライドショーの作成にも対応。スマートなインタフェースで使いやすい、高速表示の画像管理・編集ソフト
    DaigoDaigo
    ペアで登録した「トリガー」の入力で、事前登録済みの「単語」をサッと挿入できる、シンプルなスニペットツール
    Recover Keys 2Recover Keys 2
    ネットワーク経由でのMac用ソフトのキー抽出も可能に。9,000種類以上のソフトに対応する“プロダクトキー復元ソフト”
    Quick EyeQuick Eye
    さまざまな形式のファイルをスペースキーだけでプレビューできる、軽快動作の“クイックルックアプリケーション”
    ESET ファミリー セキュリティESET ファミリー セキュリティ
    実行中プログラムの「ふるまい」を監視し、問題のある挙動を通知する機能が追加された「ESET」の新バージョン


    レビュー記事一覧



    ● MyBackup Ver.1.23
  • 作 者 : SAKASE さん
  • 対応OS : Windows 2000/98/95/NT
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://home10.highway.ne.jp/sakase/
  • 補 足 : 動作にはMFC42.DLL、UNLHA32.DLL/ZIP32.DLL/ZIP32J.DLL(統合アーカイバプロジェクトでダウンロードできる)が必要


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    MyBackup 2.69 VSS、FTP通信にも対応した簡単バックアップツール 除外フォルダ指定、除外ファイル指定、圧縮、他 (2,023K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.